日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 07日

読了 「空白の5マイル」

c0134193_21124038.jpg


PEAKSと言う雑誌にこの本の著者、角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんのインタビュー記事が載っていた。
そのときは内容がよく分からなかったのでそのままになっていたが、毎週の買い物に行くスーパーマーケットの
本屋さんに話題の本として沢山並んでいたので、一般書店にあることに意表を突かれて思わず買ってしまいました。

内容は全くの山の本、チベットの最奥にあるヤル・ツァンポー探検の歴史を丁寧にひもとき、角幡さんの都合4回に及ぶ探検の詳細な記録です。本に載っている地図と写真を見ながら読み進んでいくと、自分がその場に居合わせて探検をしている、手に汗握るというのはこんな事なんでしょうね。

冒険と探検は似ていて非なるもの、それでも最後は冒険にならざるを得ず、幸運の女神に守られて生還するのですが、それを引き寄せたのも探検のための準備と目的達成のための強い意志があったからなんでしょう。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-07 21:43 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/15884317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 読了 「百年前の山を旅する」      3度目の大品山@立山山麓も晴 ... >>