2011年 05月 05日

世界遺産はやっぱり凄い@桜満開の高野山 2011/05/04-05 晴一時曇 家族旅行

世界遺産はやっぱり凄い@桜満開の高野山 2011/05/04-05 晴一時曇 家族旅行

5/4(木)難波11:12→こうや号→高野山、大門、奥の院、泊@不動院@蓮華谷
5/5(金)女人堂往復、勤行、写経、金剛峰寺、壇上伽藍、高野山→天空乗車14:58→橋本→急行→難波

いつもGWは人出を恐れてご近所公園か買い物くらいですが、今年は電車で行けるところで、宿がとれたらと言う条件で探してみたら、何故かとれたので出かけることにしました。私は50年ぶり(前回は小6の時)、家内は30年ぶり、娘は初めての高野山へ。

c0134193_21502147.jpg


c0134193_21521992.jpg


先ずは大門へ。名前の通り、とってもおっきい!!



c0134193_21545714.jpg


壇上伽藍、金堂。
結縁勧請中で中には入れませんでした。

c0134193_21562380.jpg


同じく根本大塔。翌5/5に中に入りました。中には、きらびやかな仏様がたくさんおられ、陰気な雰囲気など微塵もなく、明るく楽しいくらいの雰囲気です。

c0134193_21584799.jpg


遅めの昼食は、町のほぼ中心に位置する花菱@千手院橋の精進料理を頂きました。

c0134193_2252198.jpg


二階の畳の席でしたが、窓からはバス道を挟んで向かいの宿坊に咲いているサクラがとてもきれいに見えて、それもおかずと思えばとても得をした気分で、料理が倍美味しく感じました。

c0134193_2255876.jpg


食事が終わってからは、荷物を一旦宿坊に預け、奥の院が近いので今日の内に見ておくことにしました。

宿の不動院は、山内のどこへも徒歩で行ける場所にもかかわらず、少し入っているので、とても静かでした。
新築された離れにある部屋は、真新しい畳のにおい、広々していて、宿坊と言うよりどこかの高級旅館のよう、丁度サクラが満開の時期で、宿坊内のあちこちにある花がとてもきれいでした。秋の紅葉も素晴らしいだろうと想像できました。

身軽になって奥の院散策に出かけます。バスに乗ってと思っていましたが、結局は近いので全部歩いてきました。

c0134193_22113352.jpg


c0134193_22121451.jpg


c0134193_22131722.jpg


一番大きいお江の墓

c0134193_2215111.jpg


夜の食事は庭園を眺めながら静かな部屋でゆっくり食べることができました。

c0134193_22162325.jpg


c0134193_2217258.jpg


薄暗くなって雰囲気が出始めた庭園、これを見ながらの食事は本当に優雅でした。

c0134193_22273231.jpg


さて翌朝、5時に起きて早朝散歩で女人堂まで往復しました。

c0134193_22312095.jpg


道沿いには高野槇を売るお店が何軒かありました。

帰ってしばらくして朝の勤行が始まりました。他の宿泊の方に混じって勤行に出ます。本堂には椅子が並べてあって足が痛くなりません。お経は多分理趣経、これは難しくて分かりません。全部で三人の坊さんがお勤めをします。二人がお経を上げ、あとの一人が楽団のように鐘・銅鑼などを鳴らします。チベットのお寺に行ったような感じでした。

c0134193_22253217.jpg


お勤めが終わるとそのまま朝の食事に案内されます。建物は和歌山県の文化財に指定された雰囲気のある部屋で、ここも畳の部屋ですが机と椅子が用意してありました。

c0134193_22361386.jpg


写経にもトライしました。宿坊の不動院でも出来るとのことだったので、ここでゆっくりと写経しました。
お坊さんが般若心経の解説をしてくれ、その後はたびたび見に来てくれました。
約40分で写経が出来上がりました。以前山梨県の猿橋で教育の一つとして写経をしたときは畳に正座だったので、足のしびれが凄かったのですが、今回は椅子だったのでとても楽に書けました。

と言うことで、寺院に泊まると言う宿望が宿坊で達成でき大満足、宿坊を満喫してきました。

c0134193_21263764.jpg


宿坊を出て、金剛峰寺に向かいます。途中の土産物屋さんに立ち寄り立ち寄りするので、なかなか目的地に着きません。護摩豆腐、あんぷ(生麩の餡餅で、冷凍)、みろく石(奥の院にある重い石のことで、片手で持ち上げて動かす)、など、高野山ならではのお土産を買い込みました。

c0134193_2131048.jpg


重厚と言って良い玄関から回り始めます。枯山水の見事な庭、植物がないのにどこか和みます。
c0134193_21263571.jpg

本堂では講話をしていましたが、少しだけ聞いて次に進みます。

そろそろお腹が空いてきたので昼食にしようと、昨日は入れなかった「中央食堂 さんぼう」に行ってみました。
ちょうど空いた席があってすぐに入れました、ラッキー。
またまた精進料理を頼んで、美味しく頂きました。
c0134193_21313978.jpg


c0134193_21324657.jpg

食後すぐに下山しても良かったのですが、余りにも天気が良いし、立ち去りがたく、もう一度大塔の方へ。
途中でごま豆腐、麩菓子などを買って春のお山を堪能しました。

c0134193_21355556.jpg


さてさて、さすがに疲れも出てきました。最後は「天空」です。
予約をしていませんが、当日券で乗れたらとトライしました。
そうしたら並べばとれるとのこと、窓口でやや待ちましたが、無事に天空の旅も出来ました。
のんびりと深緑とヤマザクラの混じった谷あいを下ります。

あっという間の二日間でしたが、天気と素晴らしい宿、そして厳かな山上の雰囲気に恵まれた旅もおわりました。
近くに住んでいたのに行かなかった高野山にようやく行くことが出来、世界遺産の凄さも十分堪能、凄まじい地震を体験してしまった後の少しの間の癒しになりました。

                                                       完
[PR]

by jj3bhn | 2011-05-05 21:47 | 観光 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/16306051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-04-05 13:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 花満載、展望抜群、こんごも行こ...      白雲のお手軽アルプス縦走@小野... >>