日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 26日

世界遺産越中五箇山→利賀村そばの郷→白山スーパー林道 2012/08/21 快晴

世界遺産越中五箇山→利賀村そばの郷→白山スーパー林道 2012/08/21 快晴

c0134193_2151863.jpg

早朝、槍ヶ岳の見える場所へ出かけてみました。

c0134193_2164797.jpg

夜明け前には、御来光を見に上がる人の灯りも見えました。

c0134193_218796.jpg

朝風呂もたっぷり堪能し、朝食もゆっくり頂きました。
今日も盛りだくさんの予定、全部上手くまわれるか、ちょっと心配しながら出かけることにしました。

c0134193_21102724.jpg

この部屋に泊まれば部屋から槍ヶ岳を楽しめたのですが・・・・、晴れるかどうか分からないのでちょっと節約・・・、今回は予想が外れました。

今日の予定は、
      5月連休に行った五箇山の相倉集落、利賀村のそばの郷を回り、
      そこから白山スーパー林道経由で石川県に入り、157号→勝山→福井北→敦賀→
      27号→小浜→舞鶴若狭道→帰宅。



c0134193_20223395.jpg

さて、新穂高温泉から栃尾、平湯、高山、白川郷を通過して、五箇山まで大急ぎで移動します。
高速道路が出来て随分楽になりましたが、それでも片側一車線の長いトンネルが続く高速はとても緊張しました。

五箇山ICから更に走ってようやく相倉(あいのくら)集落につきました。5月に来たときとは打って変わってとても暑くて影を選って歩きます。因みに5月の同じ場所はこんな風でした。

c0134193_20282287.jpg

まだ雪がたくさん残っていたのに、真夏の暑さは異常なくらいです。

c0134193_20315334.jpg

タイムスリップした、と言う表現がぴったりです。
白川郷に比べて人影が少なく、ゆっくりと回ることが出来るので、とてもいい感じでした。

c0134193_20332153.jpg

そばの花も真っ白に満開です。

若かりし頃、合唱曲を歌っていたことがあって、そのときの曲は殆ど忘れてしまいましたが、どういう訳かこの局だけはうろ覚えながら歌詞が出てきます。
越中の国ですが、見えている風景は同じで、何となく口ずさんでしまいました。

四部合唱曲 旅のおもい 合唱組曲「信濃の秋」より
勝承夫さんの詩による、小山章三さん作曲の合唱曲の第1曲です。

信濃は~~ 信濃は~~~~~ 青き玉なれば~
白き花 なる 秋蕎麦(ソバ)は 旅のおもいに 似たるかな
寂しく~~ 寂しく~~~ 見つつ~~~~ 
我も行(ユ)く~~

c0134193_20421470.jpg

合掌造りの建物にも入ってみました。
意外と言うよりはとても広い作りです。

その後、利賀(とが)村まで直線距離は近いのですが山を二つくらい越していくので約40分くらい走り、そばの郷で美味しいおそばを頂きました。

c0134193_20472852.jpg

そして、高速を元来た方に走り、白川郷から白山スーパー林道へ。
白山の展望はあまり良くなく、写真はカットしました。
この画像は、ふくべの滝です。

c0134193_20485542.jpg

瀬女(せな)の道の駅で一休み、そこからは手取ダム湖を見ながら走る157号を快走し、白山登山口への信号を通り過ぎ、福井との県境への途中で、西山に上がりそこから白山を見ましたが、頂上部だけ雲があって完全な姿ではありませんでした。でも、雄大な景色は中々のものでした。

ここからは唯ひたすら走って一路自宅へ。
勝山→福井北IC→敦賀IC→27号→小浜IC→三木IC(最後の最後で道を間違え自宅近くには至りませんでした)→175号。

天候に恵まれ、何とか帰宅、まずまずの夏の旅行でした。
[PR]

by jj3bhn | 2012-08-26 21:13 | 観光 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/18385362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2012/09/01 大雨後快...      新穂高温泉山のホテルへ。笠が岳... >>