2012年 10月 07日

紅葉の白山三座巡り #1 2012/10/5(金)快晴時折ガス-6(土)曇 山頂10℃  2名

紅葉の白山三座巡り #1 2012/10/5(金)快晴時折ガス-6(土)曇 山頂10℃  2名

c0134193_929174.jpg

2000mくらいから上が紅葉、もう少しで甚の助避難小屋というところでガスもとれてきて、青空が紅葉を更に引き立ててくれました。

c0134193_8295235.jpg


行程
2012/10/04 自宅12:00→山陽・東海道・湖西・敦賀乗り換え・北陸→金沢・19:50中津幡(泊)

 2012/10/05              2012/10/06
 ↓登り                       ↑下り
06:03    おばりんさん宅@津幡町             白山総湯、そば処「花川」 経由
08:12    別当出合P(下段)      
08:29~08:40 別当出合バス停     13:50
09:00    一方通行分岐(上)      13:34
09:27    中飯場             13:21
09:36     〃  水場          13:18
10:09    別当覗             12:47

10:49~11:09 甚之助避難小屋   12:04~12:20
11:30       エコーライン分岐   10:52
12:14       黒ボコ岩          ↑       エコーライン経由
12:30       五葉坂下          ↑
12:48~13:27 室堂           10:10~10:30
                            ↑         お池巡り(大回りコース)
                          08:21~09:05 大汝峰 コーヒー
14:00       千蛇が池(直行)    08:00
14:32~14:46 剣が峰            ↑
15:26~15:36 御前峰山頂         ↑
16:06       室堂            07:27


c0134193_821150.jpg

白山お池巡りコースは紅葉真っ盛りでした。

2012/10/07 中津幡07:07→金沢・福井(今庄そば)・敦賀で乗り換え・湖西・東海道・山陽→自宅14:40



10/5が会社休日、世間の連休を一日ずらしてゆったりの室堂泊まりで
紅葉真っ盛りの景色と、剣が峰、御前が峰、大汝峰の三座巡りをしてきました。

去年2011年、本来紅葉真っ盛りのはずだった木曾駒ヶ岳は、直前に降った雪と夏の暑さ負けで、地元の方から「今年の紅葉はありません」と言われ、とても悔しい思いをしました。
今年こそはと、おばりんさんから白山行きの話が来たので、早速乗ることにしました。
6月に残雪の白山に日帰りして以来です。そのときの記録はこちらです。
http://jj3bhn.exblog.jp/m2012-06-01/

c0134193_8593791.jpg

10/4(木)
敦賀駅で50分の乗り換え待ち時間の間に来たイベント列車、2両連結です。

c0134193_92639.jpg

金沢から乗った七尾行きのラッピング列車、北陸本線は2両ですが、七尾線は3両固定編成です。
日替わり前に雷と大雨が降りましたが、天気予報は曇後晴と言っているので、今回は信じてそのまままた寝てしまいました。

c0134193_942116.jpg

10/5(金)
金沢では少し雲が切れて青空も出てきていましたが、白峰に近づくに従って雲がたれ込めています。
それでも少しずつ雲が上がっているようなので、雨にだけは遭わないように、と祈る気持ちでした。
明日からは今年最後の車規制ですが、今日は別当出合まで入れます。
上の方は満車、仕方なく下の方に停めます。
写真の車の方たちには弥陀ヶ原・五葉坂ですれ違いました。

c0134193_9363451.jpg

別当出合周辺は白山国立公園50周年事業でしょうか、工事中ですが、徐々に整備されていました。

c0134193_9372843.jpg

定番写真ですが、ここでうろうろしている場合ではなかったのです、知らぬが仏とはこのことでした。
何故?というのは下山時の写真で判明します。

c0134193_13404016.jpg

さて、前書きばかりが長くなってしまいました。
早くしないと日が暮れてしまいますので、大急ぎで紅葉真っ盛りのところへと筆を進めてみます。

別当出合の吊り橋を渡ってすぐに、樹林の切れ目からきれいな青空と紅葉した斜面が見えました。
観光新道の稜線です。曇後晴という天気予報は当てになりませんでした。
天候と、この先の紅葉に期待感が高まります。

c0134193_13444756.jpg

中飯場までは立派な森の中の道ですが、まだ紅葉はこの程度、この辺りは後2週間くらい後がきれいになりそうです。

c0134193_13501234.jpg

何アザミでしょう? たくさん咲いていました。

c0134193_13514435.jpg

この辺りで一番大きいダケカンバが2本ある目印地点、ここからしばらく行くと別当覗きです。
でも、先程からガスが上がってきたようで、バックに青空が無くなってきました。青空がないのもイヤですが、でもせめて雨だけは降らないで、と儚いお願いをしながら進みます。

c0134193_13551515.jpg

この辺りで一番きれいだった黄色の紅葉、。

c0134193_1358831.jpg

くっきり青空の下の紅葉も良いですが、この霧がかかってうっすらと見えるか見えないかくらいの紅葉も素晴らしいと思います。幽玄の雰囲気が何とも言えず癒されます。
この辺りは、残雪が押しつぶしている灌木の藪になっていて、6月には通れなかった場所で、GPSの軌跡でも少しずれた経路になっていました。

c0134193_1441629.jpg

樹林が切れてきたと思ったらガスも切れてきました。
後少しで甚の助避難小屋ですから、高度は約2000m、白山の紅葉真っ盛りはこの辺りから上のようです。

c0134193_190447.jpg

ガスが晴れるとこんな風に全山紅葉しています。稜線部の大岩は観光新道の仙人窟のようです。
この後もガスはさっと流れてきてはまた何処ともなく消えていくというパターンが続きました。

c0134193_1935716.jpg

6月に登ったときは真っ白だったのになぁ、とちょっと思い出に耽ってしまいました。

c0134193_1983938.jpg

甚の助避難小屋周辺で一番紅かったナナカマドの紅葉です。

c0134193_2095161.jpg

模様がきれいでした。

c0134193_2012882.jpg

間もなく延命水・黒ボコ岩です。
ここまで来ると、後は弥陀ヶ原と五葉坂、そして室堂、何となく着いたような気分です。

c0134193_20151095.jpg

c0134193_20161165.jpg

c0134193_20173053.jpg


c0134193_20181157.jpg

6月には屋根の高さまで雪に埋もれていたけれど、何か懐かしいこの景色です。

c0134193_20242729.jpg

宿泊の手続をしてから、軽い荷物だけにして剣が峰・御前が峰に挑戦です。
千蛇が池手前にあった絨毯のような色合いには歓声を上げてしまいました。
岩峰は御宝庫。

c0134193_20261385.jpg

千蛇が池には万年雪が残っていました。後方は明日登る予定の大汝峰です。
翠池方面に進み、御前が峰との鞍部からそれと分かる踏み跡をたどり、稜線に出る少し前の大岩の部分で水平移動すると間もなく頂上にたどり着きます。

c0134193_20295132.jpg

剣が峰山頂から大汝峰を望んでいます。

c0134193_20345397.jpg

c0134193_2035256.jpg

山頂から見下ろすと、お花松原方面の紅葉がものすごいことになっていました。
少し前にすれ違った方が「谷一面すごい紅葉だ」と仰っていたのが、ウソではないと分かりました。

c0134193_20592399.jpg

再度鞍部に下り、御前が峰に登り返します。
いつの間にか西側には雲海がびっしりと湧いています。
なかなか素晴らしい光景でした。これで展望もなくなるかと思いましたが・・・・、

c0134193_20392469.jpg

ガスが下がり、また遠望が利くようになってきました。

c0134193_212874.jpg

さて、気温も低くなり半袖一枚では涼しくなってきました、それに食事の時間も近づいてきたので、宿舎の室堂に帰ることにしました。

ハイマツ周辺はホシガラスとカヤクグリの天国のようです。

c0134193_2143634.jpg

雲の間から来る夕日のせいでしょうか、紅葉が一段と赤味をましました。
天気予報では快晴でしたが、明日は晴れるでしょうか、とても不安を抱きながら部屋に戻りました。

c0134193_217924.jpg

夕食を頂いて、部屋に戻ったらそのまま寝てしまいました。
夜空は薄い雲でもかかったのでしょうか、星の数は非常に少ないものでした。

長くなったので、10/6のリポートは別項をたてます。
[PR]

by jj3bhn | 2012-10-07 21:12 | 山歩き | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/18537680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from おばりんの写真日記 at 2012-10-12 22:52
タイトル : 紅葉の白山登山・10月5日〜6日 初日その一
 例によって、まずは写真掲載( やっと(^^ゞ ) ...... more
Tracked from おばりんの写真日記 at 2012-10-12 22:52
タイトル : 紅葉の白山登山・10月5日〜6日 初日その二
 例によって、まずは写真掲載( やっと(^^ゞ ) ...... more
Tracked from おばりんの写真日記 at 2012-10-12 22:52
タイトル : 紅葉の白山登山・10月5日〜6日 二日目
 例によって、まずは写真掲載( やっと(^^ゞ ) ...... more
Commented by 二輪草 at 2012-10-09 07:19 x
素晴らしい写真の数々 有り難うございます。
夏場は満員のイメージがあるのですが 秋は少しはゆったり出来ますか? 室堂に泊まれるなら紅葉の追っかけも 楽しく 秋を満喫出来そうですね!
Commented by jj3bhn at 2012-10-10 04:45
二輪草さん、コメント有り難うございます。
お褒めの言葉、有り難うございます。
でも、リポートを作りながら、いつも実際はもっと良かったのに、と反省しきりです。
連休を避ければゆったりしていますね。
チブリから南竜に泊まればもっと静かだと思います。前にそのルートに行ったときは南竜は登山客は3人でした。
車が市ノ瀬までの時はこのルートはお奨めです。


<< 紅葉の白山三座巡り #2 20...      2012/09/22快晴,29... >>