2013年 08月 27日

#2-3(完) プリンスルート・ここも烈風の宝永山へ 2013/08/24(土)

#2-3 プリンスルート・ここも烈風吹き荒れる宝永山へ 2013/08/24(土)

c0134193_18482880.jpg

下には宝永山がきれいな形をしているのが見え隠れし出しました。登山道を歩いている人や山頂への稜線にいる人も何となく見えます。
更に下には水ヶ塚駐車場も見えています。このときはそこまで歩いて下る予定でした。

c0134193_195551.jpg

標識しかない八合目(3,400m)・カレーの高かった赤岩八合館(3,300m)は通過し、約1時間下りっぱなしはさすがに疲れたので、丁度12時の休憩で砂走館(3,090m)前のベンチで一息つきました。

c0134193_19122543.jpg

c0134193_19125615.jpg

下り六合分岐までは一部が砂走りで、早いと言えば早い、小雨模様なので砂埃が立たず快適と言えば快適、
快晴のカンカン照りでなくて幸いでした。

c0134193_19142542.jpg

でも、この傾斜ですから、半分ふてくされて下る感じです。



c0134193_19164447.jpg

御殿場方面への砂走りルートを分けたあと、宝永山へは少し登り気味になります。
その稜線に入ったとたん、山頂から吹き下ろしてくる風が火口にぶち当たり、今度は釜の縁を猛烈に駆け上り、稜線は富士の山頂と同じような烈風になりました。とにかく飛ばされないように屈み気味に一歩ずつ慎重に進みますが、それでもたまに来る突風に飛ばされます。

すぐそこの山頂がとんでもない遠くに思えます。
耳元を吹き抜ける風がブウォン・ゴー・ブウォン・ゴーとうなっていて、何とも言えず不気味で恐怖を感じます。

c0134193_19225779.jpg

南(下)向きに撮ったもの、これ以上先には行けません。でも飛ばされて行ってしまいそう。

c0134193_1924532.jpg

北(上)向きに撮ったもの、吹き下ろしてくる風と一緒に雨粒がバチバチ当たって向いていられません。

c0134193_192667.jpg

更に見上げると第一火口の恐ろしい様相が眼に入りました。

c0134193_20523972.jpg

さて、まだ先は長いので下山開始です。この画像は一旦下ってまた登った第一火口縁からの宝永山です。
画像の中に回りと違う色の小さな点が登っている人たちです。

山頂からは下から登ってくる人たちが見えます。下ってみて分かりましたが、ずるずる滑り易い細かい砂利の急坂で、登りは大変です。

c0134193_2135845.jpg

第一火口縁まで来て、予定通り歩いて下ろうと思っていたのですが、雨模様になってきて、風も強まってきました。この先、展望のない雨の中を歩くのはつまらないし、バスの往復券を買ってあります。
二人で相談して今回は五合目に戻ってバスで下ることにしました。

c0134193_2185457.jpg

六合目へのトラバース道に入ると、これから登る団体が続々と登ってきます。
この集団はまだまだ続いていて、最後尾は五合目まで延々と続いていました。

c0134193_21114163.jpg

宝永山荘でお土産を買い出発しようとすると、となりの雲海荘にはこんな看板が出ていました。
家に帰ってからそのビデオを見ましたが、一合目から歩いて登ったそうで、脱帽です。

c0134193_21135557.jpg

狭い登山道はこれから登る人たちで大混雑、中にはこんなコスチュームの若い人がいました。

c0134193_21153542.jpg

ようやく下山完了です。
長かった一日ももうすぐ終わり、あとはお風呂の楽しみが待っています。

c0134193_21171172.jpg

風に関する警告がこんな風になっていました。

c0134193_21192285.jpg

バスに乗っている間も雨が降っていたのですが、バスから降りて上を見ると、富士山がきれいな姿を現していました。

c0134193_2121113.jpg

宝永山もこんなにきれいに。山頂にいる人がよく見えました。

これで富士山行き編は完了です。

この後、
8/24 天母の湯→   夕食@道の駅朝霧高原(泊)
8/25 →田貫湖→白糸の滝→帰宅

途中のアクシデント
高速道路の渋滞は全くありませんでした。
ところが茨木駅に入ったら様子がおかしいのです。
午前に降った大雨でダイヤはガタガタ、おまけに六甲道で高架下の火事、結局大阪駅で阪神に乗り換え、明石駅でJRに乗り換えと、通常1時間少しで行けるところが、2時間半かかってしまいました。

                                              完
[PR]

by jj3bhn | 2013-08-27 19:30 | 山歩き | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/20669102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from おばりんの写真日記 at 2013-08-29 21:58
タイトル : 富士山頂からのご来光
 年初に立てた一年の計、達成しました(^O^)/ 初めての白山で、見事な「お日の出」に恵まれ、今回の初富士でも「ご来光」に迎えられました。  平日にもかかわらず、九合目から山頂への大渋滞で、山頂からは観れませんでしたが、 山頂直下で写真にも収めることが出来ました。 私の「晴れ男伝説」もまた補完されたかな? そのほかの写真はここ →  富士山初登頂(3,776m) 7月24〜25日 ...... more
Tracked from おばりんの写真日記 at 2013-08-29 21:59
タイトル : 富士登山開始
少しガスの中で、小雨も(^_^;) ※この記事は携帯からYahoo!Blogsをチェックするためのツール <font color=red><b>Y!Blogs Mobile Checker</b></font>から投稿されています。 詳しくはコチラ⇒http://zany.boy.jp/redirect/ymc.php obara1999...... more
Tracked from おばりんの写真日記 at 2013-08-29 22:00
タイトル : 三霊山の御朱印
 今は亡き(^^ゞ(ブログを止めたか?)Keiさんに感化され、始めた御朱印収集。 先日の富士登山で三霊山が揃いました(^O^)/ ...... more
Tracked from おばりんの写真日記 at 2013-08-29 22:09
タイトル : 富士山初登頂(3,776m) 7月24〜25日
 朝の7時に金沢を出発してきましたが、夕方にやっと五合目に到着です。 このレストランで夕食を摂った後に17時出発です。  結構ガスが出ていて、小雨もぱらついたのですが、合間に山頂も見ることが出来ました。  いざ出発! ツアー客27名にガイドと添乗員の総勢29名。  27歳の女性ガイドさんから諸注意を受けるツアー客です。  こんな状態ですので翌朝の天候が心配でしたが、途中雲が切れて星も覗き、期待に変わりました。...... more
Commented by おばりん at 2013-08-29 21:40 x
お疲れ様でした。初登頂おめでとうございます。
なかなか良いコンディションに恵まれるのは難しいですね。
秋にまた白山を計画中です。20代の山ガールを連れて行かなくては(^^ゞ
候補日が決まればお知らせします。
Commented by jj3bhn at 2013-08-30 19:06
おばりんさん、コメントを有り難うございます。
ようやく日本の最高峰に立てました。
天候はおばりんさんの時のように快晴ではありませんでしたが、それなりに景色も見えたので、涼しかったのがありがたかったです。

塚ちゃんと、去年の剱が良かったねぇ、おばりんさんのおかげだと話しながらの山行きでした。

紅葉の白山、立山、またお誘いください。
自由人になりましたので、各駅停車の旅もいつでも出来ますので。
宜しくお願いします。
Commented by sink_jpn at 2013-09-01 05:34
素晴らしいですね、じっくり撮ってみたい風景です
でもこの場所にはとても行けそうにありませんけど(笑)
Commented by jj3bhn at 2013-09-10 12:03
sink_jpnさん、コメント有り難うございます。
バックが遅くなり、大変失礼しました。毎日コバちゃんの方を見ているので、すっかり返事をしたのだと勘違いでした。

晴れていれば文句なしだったのですが、それでもこれだけ見えれば可とするしかありません。

この近くまではそんなに苦労しなくても行けますよ、6合目まではバス停から30分、急登でもありません、来年は是非トライしてみてください。


<< 雲取山記事と同じ時にいたよう、...      #2-2(完) 恐怖の烈風吹き... >>