日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

雲取山記事と同じ時にいたよう、岳人10月号別冊 秋山さん

雲取山記事と同じ時にいたよう、岳人10月号別冊 秋山さん

c0134193_1936349.jpg

昨日発売の「岳人10月号別冊 秋山さん」の最後の方に載っている雲取山の記事を見て、あれ?同じ日に行っていたのだ、と気づきました。

c0134193_1939543.jpg


そのときの当方の記事はこちらです。
http://jj3bhn.exblog.jp/19195266/
標題「2013#07 極寒、大展望の雲取山へ 2013/01/26(土)晴れ後曇2名→単独〜27(日)快晴単独」

そのような方が一緒に泊まっているとは思わなかったので、改めて写真を見直してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

この山行きが現役最後の山で、ブナ坂までは山の師匠のチビタヌキさんと一緒の思い出に残る山行きでした。
二日目の早朝には富士山も見え、まさかその年に世界遺産登録、そして登頂出来るとは全く思いもしていなかったことで、いろんな意味で心に残りました。

c0134193_19471433.jpg

チビタヌキ師匠@七つ石山

c0134193_19483941.jpg

やっぱり富士は雪をかぶっている姿が好きです。

c0134193_19504283.jpg

そしてまだ行っていない南アルプスにもそのうちに行ってみたいものです。
来週末(9/14-16)はその前衛の鳳凰三山の予定ですが、さて天気、特に台風が気にかかります。

明日も雨の予報ですので、自転車に乗らない時間に本の残りを読んでしまわなくっちゃ。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-01 19:54 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/20687091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< しばかりは何故無くなった? 2...      #2-3(完) プリンスルー... >>