日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 16日

山梨紀行#1 甘利山・奧甘利山・千頭星山@韮崎市 2013/09/14曇 単独

山梨紀行#1 甘利山・奧甘利山・千頭星山@韮崎市 2013/09/14曇 単独(塚ちゃんは台風のため断念、
無線ミーティングは全6名)

c0134193_635288.jpg

千頭星山@韮崎市、9/14の(多分)最後の登山者になりました。

c0134193_8572010.jpg

神奈川在住の頃会社関係から広がった無線のつながりで、9/14(土)に甘利山グリーンロッジに泊まり込んでミーティング、その翌日から地元山梨の方の案内で鳳凰三山に行く予定でしたが、18号台風が接近しているので、今回は甘利山・奧甘利山・千頭星山のみとしました。

明石自宅05:15→第二神明→阪神高速→名神→東名→小牧JNC渋滞20分→中央駒ヶ岳SA10:40→12:00韮崎→甘利山林道→12:54甘利山グリーンロッジ
台風が来ているとは言え、まだ雨も降っていない3連休初日で、吹田JNCを過ぎると車の量は多め、SAはアプローチから停滞していたので入らず、途中休憩はPAでのトイレ休憩のみ、それでも8時間弱の所要時間でした。



c0134193_9192947.jpg

晴れていれば絶景の真ん中ですが、山の姿は雲の中ばかりで何も見えません。
でも、諏訪湖SAを過ぎてから前方に八ヶ岳最南端の編笠山が見えてきて、長時間運転の疲れを忘れました。

明石に転居する前、何度ここを通ったでしょうか、帰省、旅行、遊び・・・・、本当に久しぶりの中央道からの八ヶ岳です。そしてまたまたですが、晴れていればこの先では右手に鳳凰三山の地蔵岳オベリスクが見えるはずでしたが、これも今回はダメでした。

c0134193_18263128.jpg

韮崎ICを出て釜無川まで一気に下り、今度は甘利山林道を思いっ切り上がります。
途中でヒルクライムの自転車が何組もいました。ロッジに着いて分かったのですが、甘利山ヒルクライムチャレンジレースが11月にあって、その練習だとのことでした。
車がオーバーヒートするくらいの急な長い林道を登るのですから、これは大変なことだと横を車で通り抜けるのに気が引けました。
ちなみに、距離11.7km、標高差1146m、平均斜度9.6%だそうです。
下りは甘利??おもしろくない??と思います、ヘアピンカーブの連続でスピードを出せないからです。

c0134193_18135683.jpg

くねくね曲がりながらようやく甘利山広河原に到着しました。そのすぐ上がグリーンロッジの立派な建物でした。

もう下山してきた登山者が帰り支度をしています、こちらも靴を履き替えたり、サブザックにペットボトルの水などを入れて大急ぎで出かける準備をします。

c0134193_18323161.jpg

歩き始めてすぐにカメラを構えている方がいました。
トリカブトを撮っていました。白花のトリカブトがあるんです、これは初めてでした。

c0134193_18363565.jpg

所々に開けた場所があって、甲府盆地がきれいに見えました。
あとで聞けば、晴れていればこの画面の真ん中に富士山が見えるんだそうです、またまた悔しい思いをしました、残念。

c0134193_20291340.jpg

10分ちょっとで甘利山山頂直下につきます。ヤマハハコ、紅葉しかけのレンゲツツジ(花の時期にはそれは見事だそうです)が斜面一面を埋め尽くしていました。

c0134193_20315184.jpg

いつかは見に来たい風景はこのようなものだとか。ちょっと遠いのですが、見に来る価値は十分にありますね。

c0134193_20342059.jpg

甘利山山頂で宴会をしていた方に撮って頂きました。
今晩ロッジに泊まるそうです。ロッジの泊まりは我々とこの方達の2グループだけでした。

c0134193_2040818.jpg

甘利山だけで終わりにするつもりでしたが、台風18号が来ていて翌日の鳳凰三山は行かないことになったので、千頭星山までは是非行っておきたいと方針変更しました。
甘利から少しくだって登り返すとすぐに奧甘利山でした。

c0134193_20441564.jpg

千頭星から戻ってきた方に、雨が降っていたと言われました。
少し進むと少し雨粒を感じましたが降ってはいませんでした。ただ、雲の動きが速く、斜面を駆け上がっていく姿は南アルプスの森とマッチして墨絵の感じがとてもすてきでした。

c0134193_20511829.jpg

もう戻ってくる方もないと思っていたらトレランの格好をした方が来たので聞いてみたら、広河原から鳳凰三山、苺平経由で下りてこられたとのこと。あっという間に下って行かれました。

千頭星まではもう少しだろうとまた登り始めます。

c0134193_22163337.jpg

森はどんどん深くなってきます。深山幽谷、サルオガセも一役買っています。
そこに台風の余波でしょうか、ガスがかかってきて、一層趣が深まりました。

c0134193_2185237.jpg

森を抜けると気持ちの良い笹原が広がっていました。
所々に獣道と言うよりはテントを立てるための人間道とおぼしき踏み跡があったりして、この辺りは格好のキャンプ地になっているのかも知れません。

c0134193_2224287.jpg

笹原を抜け、最後の急登を登り切ったらまた森でその中に千頭星山の標柱が立っていました。
本日はここまで、何も見えないなぁとすごすごと下山したのですが、本当はここから苺平までが核心なんだそうです。ここからは鳳凰三山の内の薬師岳が見えるのだそうです。
次には是非展望のあるときに行ってみたいものです。

今回は展望はなかったものの、さすがに南アルプスの2000m峰です、雲を纏った奥深い森や針葉樹の香りなど、とても充実した山行きでした。

山歩き編はここまでです。
いくつか興味深いエピソードがありましたので、別項にまとめたいと思っています。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-16 06:36 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/20737909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キコ アキオ at 2013-09-17 01:10 x
お久しぶりです、ときどき拝見しています。このブログは写真が大画面で見れるので最高です。改めて山歩きを始めようと思っているところです、昨日は辻さんと丹後100kmマラソンを10年ぶりくらいで走ってきたところです、二人とも年取りました、私は完走ぎりぎり・辻さんは70kmでリタイアです。
Commented by jj3bhn at 2013-09-17 15:22
きこさん、ご無沙汰しています。
コメントを有り難うございます。
昨日9/16の桂川氾濫のニュースを見ていてお近くだったと思い、心配していました。でも、このコメントが入ったと言うことは多分大丈夫だったのでしょうね。

また山に誘ってください、のんびりとお話をしながら歩いてみたいです。辻さんもお元気なようで安心しました。
私も年をとりました、何しろ定年、年金生活になってしまいましたから。
でも、身体さえ元気でしたら、何とかなると思います。

この山梨紀行、#2はきこさんにも是非読んで頂きたいと思っています。これから作りますので、是非お楽しみに。


<< 山梨紀行#2 山の達人@甘利山...      帰着速報 甘利山グリーンロッジ... >>