日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 13日

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-778053.html
c0134193_15360723.jpg
今日、モミジ巡りの最終段で素晴らしい紅葉が待っていて暮れました。
水路トンネルからの流れに色を添えるモミジ(15年近くでこの景色は初めて)@布引貯水池の布引断層付近
c0134193_15420854.jpg
上を見ても、
c0134193_15430648.jpg
下を見ても、モミジが一杯です@再度茶屋付近。
今年の紅葉は早かったのでもう殆ど終わっていると思いながらも、出かけてきて良かった。
c0134193_15490839.jpg
青空に浮かぶ市章山を見上げる@元町付近
この日は、紅葉をきれいに見るために少し遅めのスタート、早朝のラン・体操をこなしてから電車に乗りました。今のところ良い天気です。
とにかく気温が高い12月、天気も良いので良いとこ取りで回る計画では、
JR元町駅→大師道→二本松林道→大龍寺・再度山→再度公園→蛇が谷→全山縦走路→市ヶ原→布引サルの架け橋→城山城跡→二本松→市章山・碇山→諏訪山公園→JR元町駅
のつもりでしたが、写真を撮るのに時間がかかりすぎたのと、午後から曇り空になったので、サルの架け橋から先は省略し、そのまま街中に下山しました。
c0134193_15505933.jpg

大師道も写真を撮りながらだとなかなか進めません。猩々池からの流れが昨日までの大雨で大滝になっていました。ここのモミジも素晴らしいのですが、既に終わっていて、落ち葉に覆われた地面が紅葉していました。
コースタイム 日帰り 山行 5時間8分 休憩 44分 合計 5時間52分

JR元町駅10:02→昼食購入@coop→10:28子供の園10:30→10:34諏訪神社10:36→
10:59
再度山荘11:04→[大師道]→
11:28猩々池11:30→[二本松林道]→
11:58二本松12:01→[再度ドライブウェイ横の登山道]→12:29大龍寺12:32→奥の院→
12:39
再度山12:44→
12:47再度越→12:52森林整備事務所12:55→12:57修法ヶ原池
[蛇が谷]→13:31
桜茶屋(市が原)13:36→
14:01布引貯水池14:07→
14:23見晴らし台14:29→14:35布引の滝(雄滝)→14:42布引の滝(雌滝)→
14:46
JR新幹線新神戸駅→
[トミーズ・大丸で買い物]→15:54JR元町駅16:06快速
c0134193_17504820.jpg
青空が水面に映ってきれいです@猩々池
c0134193_17523628.jpg
猩々池から大師道を外れ、二本松林道に入ります。このルートもきれいな紅葉が待っていてくれました。結局今日のハイライトはここでした。
c0134193_17561157.jpg
とにか見事で、何枚も写真を撮るのでなかなか前に進めません。
c0134193_17573991.jpg
見上げれば青空、紅葉が映えます。
c0134193_17594967.jpg
きれいな図柄です。
c0134193_18020032.jpg
@布引貯水池畔
終わりかけの大龍寺境内のモミジを見、奥の院の天狗岩と亀石にご挨拶をし、再度山から再度公園へ出、修法が原池を回って蛇が谷を下り、市ヶ原に向かいました。丁度空模様も曇ってきた上にモミジは終盤、撮るべきモミジも少なかったので、一気に布引貯水とのモミジです。
c0134193_18084148.jpg
布引断層の案内板付近のモミジ。
トップの写真は、このすぐ先の水路トンネルから流れ出る水に架かるように紅葉しているモミジを撮ったもので、こんな景色には初めて出会いました。再掲します。
c0134193_15360723.jpg
c0134193_18161012.jpg
隠れ滝も轟音とともに水が流れ落ちていました。
c0134193_18175911.jpg
その先も普段は水が涸れているのですが、この日は流れがあってなかなかの風情でした。
c0134193_18211883.jpg
更に下って布引の滝も、久しぶりの水量に、豪快に流れ落ちていました。
c0134193_18224906.jpg
その下流、鼓滝の落ち口を上流側から。新幹線の駅のすぐ上流にあるとはとても思えません(と、観光客の方が言っていました) 。
c0134193_18235267.jpg
本日の締めくくりにふさわしい素晴らしい紅葉とともに、雌滝も豪快に流れ落ちていました。早い内は青空と太陽光が一杯あったので、特にきれいな景色を堪能できた一日になりました。

好天・土曜日・紅葉もそろそろおしまい、と好条件で、大勢の登山者、トレイルランナーとすれ違ったり追い越したり追い越されたり、マウンテンバイクの方もいました。

                                     完

[PR]

by jj3bhn | 2015-12-13 18:28 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jj3bhn.exblog.jp/tb/25054629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2015年のまとめ(山歩)      山門(ヤマカド)水源の森@長浜... >>