日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 29日

白馬大雪渓→旭岳・白馬岳→清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩き2016/07/23-25 2名7年連続7回目 

白馬大雪渓→旭岳・白馬岳→清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩き
2016/07/23-25 2名7年連続7回目
ルート図などはこちらに載せています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-925537.html
清水岳手前で、左端に五竜・鹿島槍、中央ずっと奥に穂高・槍、右端に立山・雪渓の谷筋もくっきりとそしてすくっと立ち上がる剱岳。
c0134193_16273556.jpg
今回は雨予報が外れ、この展望を見ながらの稜線歩きが続きました。
c0134193_16354634.jpg
さて、今回の最大目的のミヤマハナシノブ、この清水尾根と南アルプス北岳にしかないと言われる花、ようやく盛りのきれいな花を見ることができました。

去年のリポートはこちらです。このリポートにはそれ以前のリポートへのリンクも載せています。
http://jj3bhn.exblog.jp/24518211/

来年も是非行ってみたいものです。           本項完

[PR]

# by jj3bhn | 2016-07-29 16:44 | 山歩き/白馬・立山・富山県方面 | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 03日

花三昧@金剛山、堂満岳・武奈ヶ岳 2016/04/30-05/01

毎年恒例の花三昧を楽しんできました。

2016/04/30(土)@金剛山 快晴・単独、
詳細記録は
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-855797.html

2016/05/01(日)@堂満岳・武奈ヶ岳 晴後薄曇り・単独
詳細記録は
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-858745.html
です。
c0134193_15134927.jpg
ニリンソウの絨緞@金剛山カトラ谷
時間が早くちょっと少なめですが、それでも絨緞を敷き詰めたようなニリンソウに感激します。
c0134193_15183701.jpg
今年も裏から抜けきっていないのか、咲き誇るシャクナゲは殆ど見ませんでした。
でも何本か花が沢山ついている樹がありました@旧比良山スキー場跡地。
c0134193_15291518.jpg
まだ咲き残っていたイワウチワ@堂満岳→金糞峠途中で

この後は、シロヤシオを見に行きたいものです。









[PR]

# by jj3bhn | 2016-05-03 15:31 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 12日

ヒカゲツツジ満開の向山へ@丹波市2016/04/10(日)花曇り5名

ヒカゲツツジ満開の向山へ@丹波市2016/04/10(日)花曇り5名
c0134193_11470227.jpg

ヒカゲツツジとパステルカラーの斜面@蛙子峰

丹波のタヌキさんのお誘いで、2005年から連続してヒカゲツツジを見に来ています。今年もきれいな花や景色を楽しんできました。
c0134193_12162198.jpg

ヒカゲツツジとコバノミツバツツジの咲き乱れる登山道を上っていきます。
c0134193_11472913.jpg

いつもの年ならサクラは既に終わっていることが多いのですが、今年は長く咲いていて、サクラも楽しむことができました。画像は観音堂のサクラです。

詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-844414.html




[PR]

# by jj3bhn | 2016-04-12 12:18 | 山歩き/兵庫県中部・南部 | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 13日

生野駅から行く大展望の段が峰 2016/02/11(木・祝)快晴 単独

生野駅から行く大展望の段が峰 2016/02/11(木・祝)快晴 単独
少雪の今年はまだ一度も雪のある山に行けていない。何とか雪のある山に行きたいと、快晴予報のこの日、列車で行ける生野の段が峰に行くことにしました。
c0134193_06250258.jpg
写真・地図付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-811554.html

05:52大久保駅→姫路・寺前乗換→07:50生野駅

スタート地点 JR生野駅07:54
08:28栃原橋
08:51生野高原登山口09:00
09:43達磨ヶ峰
10:35最低コル
11:34フトウガ峰
12:31段ヶ峰13:08
13:53フトウガ峰
14:29最低コル
15:15達磨ヶ峰
15:37生野高原登山口15:41
15:51栃原橋
16:13ゴール地点 JR生野駅

16:25生野駅→寺前・姫路乗換→16:10大久保駅(6分遅延)

2/8(月)快晴の日に自宅近くから眺めた生野の段が峰に行くことにしました。日記記事はこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/diary/120950-detail-114152

去年は大雪の後でふかふか雪でした。去年の記録も参照して下さい。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-592153.html

去年の大雪後には比ぶべくもありませんでしたが、それでも今年初めての雪の山、真っ白な雪原と大快晴で360度の大展望で、大満足の雪山ハイキングになりました。
       完
[PR]

# by jj3bhn | 2016-02-13 06:29 | 山歩き/氷ノ山・宍粟・生野兵庫県北部 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 31日

2015年のまとめ(山歩)

2015年のまとめ(山歩)
今年も自然災害が多発した一年、台風接近で予定をずらしたこともありましたが、それ以上に影響が大きかったのは、温暖化の影響なのかエルニーニョ現象の影響なのか、季節の進行が変調を来していて、花や紅葉の様子がいつもとは大きく違っていました。
c0134193_16254763.jpg
6年連続・6回目の大雪渓・白馬岳→清水尾根→祖母谷温泉
台風接近で1週間順延した2015/08/02、黒部渓谷を挟んで聳える立山・劒連峰をほぼ半日眺めながら下る清水尾根
c0134193_16393802.jpg
2015/09/06@茅が岳。
今年も初めての山がいくつか増えました。
・茅が岳
・ほしだ園地、星田妙見山
・三久安山@宍粟市
・若杉峠
・大和三山
・山門水源の森
以下、今年の特筆事項です。

・6年連続6回目の清水尾根(白馬大雪渓→旭岳→清水岳→祖母谷温泉)
 今回は、全ルートを2人で、新宿発のムーンライトで行きました。

山行き回数は60回、それぞれの記録はブログなどで見て下さい。

数値編
六甲・摩耶山系・・・・・・28
  〃   以外の近場・・ 9(雌岡山・高御位山・桶居山・善防・笠松山・
                小野アルプス/ほしだ園地@大東市)
遠征(上記以外の兵庫)・・ 8(氷ノ山・段が峰・駒の尾山@千種・向山・笠形山・
                三久安山・若杉峠・武庫川廃線跡/
 〃(兵庫以外の近畿)・・10(比良山系・金剛・高野山・大和三山・東山トレール・
                山門水源の森@長浜市)
 〃(近畿以外)・・・・・ 5 (白馬岳→清水尾根→祖母谷温泉・欅平/
                 甘利山・茅が岳/鳴谷山・白山)
        計・・・・60
遠征形態別編
日帰り     (下記以外)
複数日    1(白馬大雪渓→清水尾根)

単独      (遠征では0) 
グループ    (白馬大雪渓、白山など)

雪のシーズン 2(金剛山、武奈ヶ岳[六甲・白馬大雪渓不含])
無雪期    上記以外

山域別編
北アルプス
・白馬大雪渓→白馬岳・旭岳→清水尾根→祖母谷温泉→欅平
山梨県
・甘利山・千頭星山、茅が岳
石川県
・鳴谷山、白山
近畿圏
・兵庫県内・・・・氷ノ山、生野の段が峰、三久安山、若杉峠、向山、駒の尾山、
         高御位山・桶居山、善防・笠松山、笠形山、小野アルプス、
         武庫川廃線跡、六甲山系
・大阪・・・・・・金剛山、ほしだ園地
・滋賀・・・・・・堂満岳、コヤマノ岳・武奈ヶ岳、山門水源の森
・奈良・・・・・・大和三山
・京都・・・・・・紅葉の東山トレール
・和歌山・・・・・高野山女人道→高野三山

以上

[PR]

# by jj3bhn | 2015-12-31 21:00 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 13日

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-778053.html
c0134193_15360723.jpg
今日、モミジ巡りの最終段で素晴らしい紅葉が待っていて暮れました。
水路トンネルからの流れに色を添えるモミジ(15年近くでこの景色は初めて)@布引貯水池の布引断層付近
c0134193_15420854.jpg
上を見ても、
c0134193_15430648.jpg
下を見ても、モミジが一杯です@再度茶屋付近。
今年の紅葉は早かったのでもう殆ど終わっていると思いながらも、出かけてきて良かった。
c0134193_15490839.jpg
青空に浮かぶ市章山を見上げる@元町付近
この日は、紅葉をきれいに見るために少し遅めのスタート、早朝のラン・体操をこなしてから電車に乗りました。今のところ良い天気です。
とにかく気温が高い12月、天気も良いので良いとこ取りで回る計画では、
JR元町駅→大師道→二本松林道→大龍寺・再度山→再度公園→蛇が谷→全山縦走路→市ヶ原→布引サルの架け橋→城山城跡→二本松→市章山・碇山→諏訪山公園→JR元町駅
のつもりでしたが、写真を撮るのに時間がかかりすぎたのと、午後から曇り空になったので、サルの架け橋から先は省略し、そのまま街中に下山しました。
c0134193_15505933.jpg

大師道も写真を撮りながらだとなかなか進めません。猩々池からの流れが昨日までの大雨で大滝になっていました。ここのモミジも素晴らしいのですが、既に終わっていて、落ち葉に覆われた地面が紅葉していました。
コースタイム 日帰り 山行 5時間8分 休憩 44分 合計 5時間52分

JR元町駅10:02→昼食購入@coop→10:28子供の園10:30→10:34諏訪神社10:36→
10:59
再度山荘11:04→[大師道]→
11:28猩々池11:30→[二本松林道]→
11:58二本松12:01→[再度ドライブウェイ横の登山道]→12:29大龍寺12:32→奥の院→
12:39
再度山12:44→
12:47再度越→12:52森林整備事務所12:55→12:57修法ヶ原池
[蛇が谷]→13:31
桜茶屋(市が原)13:36→
14:01布引貯水池14:07→
14:23見晴らし台14:29→14:35布引の滝(雄滝)→14:42布引の滝(雌滝)→
14:46
JR新幹線新神戸駅→
[トミーズ・大丸で買い物]→15:54JR元町駅16:06快速
c0134193_17504820.jpg
青空が水面に映ってきれいです@猩々池
c0134193_17523628.jpg
猩々池から大師道を外れ、二本松林道に入ります。このルートもきれいな紅葉が待っていてくれました。結局今日のハイライトはここでした。
c0134193_17561157.jpg
とにか見事で、何枚も写真を撮るのでなかなか前に進めません。
c0134193_17573991.jpg
見上げれば青空、紅葉が映えます。
c0134193_17594967.jpg
きれいな図柄です。
c0134193_18020032.jpg
@布引貯水池畔
終わりかけの大龍寺境内のモミジを見、奥の院の天狗岩と亀石にご挨拶をし、再度山から再度公園へ出、修法が原池を回って蛇が谷を下り、市ヶ原に向かいました。丁度空模様も曇ってきた上にモミジは終盤、撮るべきモミジも少なかったので、一気に布引貯水とのモミジです。
c0134193_18084148.jpg
布引断層の案内板付近のモミジ。
トップの写真は、このすぐ先の水路トンネルから流れ出る水に架かるように紅葉しているモミジを撮ったもので、こんな景色には初めて出会いました。再掲します。
c0134193_15360723.jpg
c0134193_18161012.jpg
隠れ滝も轟音とともに水が流れ落ちていました。
c0134193_18175911.jpg
その先も普段は水が涸れているのですが、この日は流れがあってなかなかの風情でした。
c0134193_18211883.jpg
更に下って布引の滝も、久しぶりの水量に、豪快に流れ落ちていました。
c0134193_18224906.jpg
その下流、鼓滝の落ち口を上流側から。新幹線の駅のすぐ上流にあるとはとても思えません(と、観光客の方が言っていました) 。
c0134193_18235267.jpg
本日の締めくくりにふさわしい素晴らしい紅葉とともに、雌滝も豪快に流れ落ちていました。早い内は青空と太陽光が一杯あったので、特にきれいな景色を堪能できた一日になりました。

好天・土曜日・紅葉もそろそろおしまい、と好条件で、大勢の登山者、トレイルランナーとすれ違ったり追い越したり追い越されたり、マウンテンバイクの方もいました。

                                     完

[PR]

# by jj3bhn | 2015-12-13 18:28 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 23日

山門(ヤマカド)水源の森@長浜市西浅井へ、紅葉は今秋最後の輝き 2015/11/20 快晴 9名

山門(ヤマカド)水源の森@長浜市西浅井へ、紅葉は今秋最後の輝き 2015/11/20 快晴 9名
c0134193_16384792.jpg
森の最高地点にある守護岩への尾根に広がるブナの森の素晴らしい紅葉。
尚、写真・地図付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-765655.html
また、山門水源の森のホームページはこちらです。
http://www.digitalsolution.co.jp/nature/yamakado/
c0134193_16410436.jpg
平日、それも片道3,000円の永原までなら、これを使うしかありません。
またまた『秋の関西1デイパス』のお世話になりました。
往:JR大久保駅05:31発→快速・新快速・普通の乗り継ぎ→08:45JR湖西線永原駅
→レンタサイクル(500円、40分)で標高差100m距離約7km→森の入り口
復:森の入り口13:21→レンタサイクル20分(電車が1本/1時間で25分しかなかったので飛ばしました)→13:40永原駅13:45発新快速に間に合いました。
尚、(今は修正されているかも知れませんが、ホームページに載っている)お出かけバスのダイヤ変更で、9時発がなくなり、10:05発になりました。
c0134193_16540264.jpg
管理事務所横に駐輪して出発です。

今回のルートは、後続の8名で来る方々が到着するまでに出来るだけ回っておきたいと、時計回りに進むことにし、
沢道→湿原コース・展望台→ブナの森コース→守護岩→北分岐→四季の森コース→南分岐で合流後四季の森へ往復・森で皆さんと昼食→椿坂・北分岐で守護岩に行く皆さんと別れ→沢道から帰路に。
c0134193_16570587.jpg
秋色に染まった湿原と、これから歩く守護石から続く稜線を見渡しています。
c0134193_16593467.jpg
少し上がると湿原がよりきれいな秋色になります。
c0134193_17070182.jpg
尾根道を上り始めると、紅葉も段々と良くなり、所々の切り開きから湿原を見下ろせたり、
c0134193_17083544.jpg
伊吹山が見えたりで、きつい登りですがホッと一息つけて飽きさせません。
c0134193_17102744.jpg
最高地点からの眺望。大きな伊吹山、そして琵琶湖も少しだけですが見えました。
その他の写真は重複を避けています、お時間がありましたら詳細リポートをご覧下さい。

いろんな経緯で危うくゴルフ場になっていたかも知れないこの風景が見られ、本当にラッキーでした。早春にも可愛い花がたくさん咲くとのこと、機会があればまた行ってみたいものです。
                              完

[PR]

# by jj3bhn | 2015-11-23 17:15 | 山歩き/武奈ヶ岳・滋賀県方面 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 25日

定番・紅葉の氷ノ山 今年はちょっと違う感じ 2015/10/24㈯ 快晴 2名

定番・紅葉の氷ノ山 今年はちょっと違う感じ 2015/10/24㈯ 快晴 2名

写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-750150.html

c0134193_18593168.jpg
自宅 発 04:35 第二神明・加古川・姫路バイパス・播但道・北近畿自動車道・R9 経由
福定 着 06:35

福定親水公園に駐車し、周回コース
親水公園→大規模林道(氷ノ山国際スキー場・東尾根登山口)→まど登山口→東尾根避難小屋→神大ヒュッテ→山頂→甑岩→氷の越避難小屋→親水公園

山行 5時間25分 休憩 1時間19分 合計 6時間44分

福定親水公園06:52
07:23氷ノ山スキー場セントラルロッジ
07:31東尾根登山口
07:58まど登山口08:00
08:31東尾根避難小屋08:35
09:09一の谷休憩所
09:54神大ヒュッテ09:57
10:31氷ノ山11:10
11:20こしき岩11:28
11:35仙谷分岐
12:03氷ノ山越12:09
12:44木地屋跡12:49
12:54地蔵堂
13:12布滝13:24
13:36福定親水公園

先月武奈ヶ岳に一緒に行ったときに、京都のスーパーランナー、Kさんから氷ノ山に行きましょうとのお誘いがあり、前夜テント泊のKさんと合流し、毎年恒例になった氷ノ山を歩いてきました。
c0134193_19001393.jpg
甑岩の下り以外は特に危険箇所はありません。
c0134193_19005883.jpg
毎年のこの時期の紅葉に比べて、落ち葉も多く、全体的には進行が早いようですが、その割にはまだ紅葉していないものもあって、植物も今年の気候に戸惑っているように感じました。

山頂までの途中で丹波のタヌキさんご夫妻とばったり、大段平からの往復だったそうです。
氷ノ山山頂は登山客で一杯、冷たい風が強かったので、避難小屋に入ってカップうどんの昼食をとりました。

今年の紅葉は時期も、その表情もいつもとは少し違っていましたが、それでも素晴らしい黄色中心の紅葉を楽しんできました。
体力の続く限り見に行きたいものです。
[PR]

# by jj3bhn | 2015-10-25 19:01 | 山歩き/氷ノ山・宍粟・生野兵庫県北部 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 18日

紅葉の仙人谷→六甲の上高地?へ。大師道→大龍寺奥の院・再度山→森林植物園→20涉 2015/10/17㈯快晴後晴 単独

紅葉の仙人谷→六甲の上高地?へ。大師道→大龍寺奥の院・再度山→森林植物園→20涉 2015/10/17㈯快晴後晴 単独
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-743797.html
c0134193_21314966.jpg
少し前まであった『六甲大正池』は水が引き、代わりに無名だった橋が「六甲の『河童橋』」になっていました。
c0134193_21343763.jpg
これは2015/01/16に同じ場所で撮ったものです。
c0134193_21365208.jpg
今年の夏の猛暑で紅葉が期待できるか心配でしたが、仙人谷の紅葉に関しては心配ご無用、と分かりました。
これ以外の画像はヤマレコに載せました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-743797.html

[PR]

# by jj3bhn | 2015-10-18 21:40 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 12日

紅葉の白山日帰り 2015/10/10(土)快晴後うす曇 2名

紅葉の白山日帰り 2015/10/10(土)快晴後うす曇 2

c0134193_15083918.jpg

クサモミジの色に染まる白山室堂

c0134193_15111350.jpg

4℃、烈風の白山御前が峰で。半袖で行く人、『そんな奴、おらへんでぇ』とこだまさんから言われそうです。
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-738530.html

c0134193_15145893.jpg

元々、この日は塚ちゃん・DGZさんと3人で、
奈良田(車中泊)→広河原→白峰三山縦走→奈良田の予定でしたが、直前になって天候不安定で中止。
かと言って、そのままどこにも行かないのは勿体ないと、塚ちゃんから白山に行こうとお誘いがあったので、渡りに船と計画に乗ることにしました。

c0134193_15355670.jpg
日帰り山行 6時間51分 休憩2時間21分 合計9時間12

S駐車地点:スタート地点06:1806:36別当出合06:4707:50別当坂分岐07:51

09:06殿ヶ池避難小屋09:4010:24黒ボコ岩10:2810:35弥陀ヶ原・エコーライン分岐10:36

10:45白山室堂11:0011:25白山11:5512:11白山室堂12:4212:52弥陀ヶ原・エコーライン分岐→12:59黒ボコ岩13:0213:27南竜分岐13:3113:44甚之助避難小屋13:4614:04別当覗14:0514:49中飯場14:5215:23別当出合15:2415:30駐車地点:ゴール地点G

c0134193_15485794.jpg
釈迦岳
c0134193_15503556.jpg
甚の助避難小屋、奧の右端は別山
c0134193_15522970.jpg
殿が池避難小屋と登ってきた尾根を見下ろしています。
c0134193_15541178.jpg
御前が峰からの槍・穂などの北アルプス南部。
c0134193_15553855.jpg
山頂には早朝に着いたエビの尻尾の残骸が。
c0134193_15570792.jpg
クサモミジの弥陀ヶ原と別山
c0134193_15582643.jpg
中飯場附近も紅葉真っ盛りでした。




[PR]

# by jj3bhn | 2015-10-12 16:00 | 山歩き/白山・石川県方面 | Trackback | Comments(0)