カテゴリ:山歩き/六甲山系( 5 )


2015年 12月 13日

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独

再度山周辺:まだまだ頑張る紅葉を求めて2015/12/12㈯晴後曇 単独
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-778053.html
c0134193_15360723.jpg
今日、モミジ巡りの最終段で素晴らしい紅葉が待っていて暮れました。
水路トンネルからの流れに色を添えるモミジ(15年近くでこの景色は初めて)@布引貯水池の布引断層付近
c0134193_15420854.jpg
上を見ても、
c0134193_15430648.jpg
下を見ても、モミジが一杯です@再度茶屋付近。
今年の紅葉は早かったのでもう殆ど終わっていると思いながらも、出かけてきて良かった。
c0134193_15490839.jpg
青空に浮かぶ市章山を見上げる@元町付近
この日は、紅葉をきれいに見るために少し遅めのスタート、早朝のラン・体操をこなしてから電車に乗りました。今のところ良い天気です。
とにかく気温が高い12月、天気も良いので良いとこ取りで回る計画では、
JR元町駅→大師道→二本松林道→大龍寺・再度山→再度公園→蛇が谷→全山縦走路→市ヶ原→布引サルの架け橋→城山城跡→二本松→市章山・碇山→諏訪山公園→JR元町駅
のつもりでしたが、写真を撮るのに時間がかかりすぎたのと、午後から曇り空になったので、サルの架け橋から先は省略し、そのまま街中に下山しました。
c0134193_15505933.jpg

大師道も写真を撮りながらだとなかなか進めません。猩々池からの流れが昨日までの大雨で大滝になっていました。ここのモミジも素晴らしいのですが、既に終わっていて、落ち葉に覆われた地面が紅葉していました。
コースタイム 日帰り 山行 5時間8分 休憩 44分 合計 5時間52分

JR元町駅10:02→昼食購入@coop→10:28子供の園10:30→10:34諏訪神社10:36→
10:59
再度山荘11:04→[大師道]→
11:28猩々池11:30→[二本松林道]→
11:58二本松12:01→[再度ドライブウェイ横の登山道]→12:29大龍寺12:32→奥の院→
12:39
再度山12:44→
12:47再度越→12:52森林整備事務所12:55→12:57修法ヶ原池
[蛇が谷]→13:31
桜茶屋(市が原)13:36→
14:01布引貯水池14:07→
14:23見晴らし台14:29→14:35布引の滝(雄滝)→14:42布引の滝(雌滝)→
14:46
JR新幹線新神戸駅→
[トミーズ・大丸で買い物]→15:54JR元町駅16:06快速
c0134193_17504820.jpg
青空が水面に映ってきれいです@猩々池
c0134193_17523628.jpg
猩々池から大師道を外れ、二本松林道に入ります。このルートもきれいな紅葉が待っていてくれました。結局今日のハイライトはここでした。
c0134193_17561157.jpg
とにか見事で、何枚も写真を撮るのでなかなか前に進めません。
c0134193_17573991.jpg
見上げれば青空、紅葉が映えます。
c0134193_17594967.jpg
きれいな図柄です。
c0134193_18020032.jpg
@布引貯水池畔
終わりかけの大龍寺境内のモミジを見、奥の院の天狗岩と亀石にご挨拶をし、再度山から再度公園へ出、修法が原池を回って蛇が谷を下り、市ヶ原に向かいました。丁度空模様も曇ってきた上にモミジは終盤、撮るべきモミジも少なかったので、一気に布引貯水とのモミジです。
c0134193_18084148.jpg
布引断層の案内板付近のモミジ。
トップの写真は、このすぐ先の水路トンネルから流れ出る水に架かるように紅葉しているモミジを撮ったもので、こんな景色には初めて出会いました。再掲します。
c0134193_15360723.jpg
c0134193_18161012.jpg
隠れ滝も轟音とともに水が流れ落ちていました。
c0134193_18175911.jpg
その先も普段は水が涸れているのですが、この日は流れがあってなかなかの風情でした。
c0134193_18211883.jpg
更に下って布引の滝も、久しぶりの水量に、豪快に流れ落ちていました。
c0134193_18224906.jpg
その下流、鼓滝の落ち口を上流側から。新幹線の駅のすぐ上流にあるとはとても思えません(と、観光客の方が言っていました) 。
c0134193_18235267.jpg
本日の締めくくりにふさわしい素晴らしい紅葉とともに、雌滝も豪快に流れ落ちていました。早い内は青空と太陽光が一杯あったので、特にきれいな景色を堪能できた一日になりました。

好天・土曜日・紅葉もそろそろおしまい、と好条件で、大勢の登山者、トレイルランナーとすれ違ったり追い越したり追い越されたり、マウンテンバイクの方もいました。

                                     完

[PR]

by jj3bhn | 2015-12-13 18:28 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 18日

紅葉の仙人谷→六甲の上高地?へ。大師道→大龍寺奥の院・再度山→森林植物園→20涉 2015/10/17㈯快晴後晴 単独

紅葉の仙人谷→六甲の上高地?へ。大師道→大龍寺奥の院・再度山→森林植物園→20涉 2015/10/17㈯快晴後晴 単独
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-743797.html
c0134193_21314966.jpg
少し前まであった『六甲大正池』は水が引き、代わりに無名だった橋が「六甲の『河童橋』」になっていました。
c0134193_21343763.jpg
これは2015/01/16に同じ場所で撮ったものです。
c0134193_21365208.jpg
今年の夏の猛暑で紅葉が期待できるか心配でしたが、仙人谷の紅葉に関しては心配ご無用、と分かりました。
これ以外の画像はヤマレコに載せました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-743797.html

[PR]

by jj3bhn | 2015-10-18 21:40 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 23日

見納め、ササユリ@六甲2015/06/22(月)曇・高湿度 単独

見納め、ササユリ@六甲2015/06/22(月)曇・高湿度 単独
天気予報ではそれほど悪くないと言っていたので、去年見たササユリが咲いている頃だと目星を付けて見に行くことにしました。
写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-664866.html
c0134193_09290168.jpg
急登を上り詰めて顔を上げると、やったぁ、咲いていました。読みはバッチリ、何カ所かに分かれてそれぞれに花が咲いています。
c0134193_09324332.jpg
つぼみもいくつかついていたので、あと何日かは楽しめそうです。湿気が多いけれど、太陽が出ていないので意外に歩きやすい六甲でした。
c0134193_09352527.jpg
有馬に降りてきて稲荷~炭酸源泉の坂道の横に山ホタルブクロの群落がありました。

山行 3時間34分 休憩 16分 合計 3時間50分
JR住吉駅10:11→10:26白鶴美術館→11:14五助ダム→11:21打越峠分岐→
住吉道→
12:11本庄橋跡→12:19土樋割(ドヒワリ)峠→黒岩谷西尾根→
12:54一軒茶屋→13:03六甲山最高峰・おにぎり昼食13:15→13:18一軒茶屋→
魚屋道・有馬稲荷近道→
14:01有馬本温泉 金の湯→神鉄有馬温泉駅発14:54→
湊川駅→徒歩→兵庫駅


[PR]

by jj3bhn | 2015-06-23 09:37 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 18日

森林植物園→摩耶山。遅出・早駆けでシチダンカ・フタリシズカ等 2015/06/17(水)曇 単独

森林植物園→摩耶山。遅出・早駆けでシチダンカ・フタリシズカ等 2015/06/17(水)曇 単独
c0134193_15074248.jpg
写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-662003.html

いつも下りで使う大師道を登り、時計回りで摩耶山へ。
お目当てはシチダンカとフタリシズカです。
c0134193_15102799.jpg
植物園では予想していなかったウツボグサがたくさん咲いていて、ちょっと感激。摩耶山町のアジサイ園では出会った方からシチダンカの咲いているのを教えてもらったので、二度楽しめました。

今日は出発が遅かったので、初めての試みで急な登り以外は小走り(すぐに息が上がり走るのはまるでダメだったのですが、自転車で走っている内に、ランも出来るかと??!!)して時間を取り戻そうと欲張りました。何とか雷声寺まで着いたので、ちょっと自信がつきました。

山行 5時間23分 22km 休憩 56分 合計 6時間19分
JR元町駅 スタート地点10:16→10:50再度山荘→11:08猩々池11:11→
11:24大龍寺11:30→再度山11:37→11:44再度公園→12:11森林植物園西口→
13:11
森林植物園(長谷池)→
13:24森林植物園 東門→13:35黄連谷→
13:42桜谷出合→14:22掬星台(アジサイ巡り)14:50→摩耶山14:58→
15:24学校林道分岐→15:38学校林道登り口→雷声寺15:54→
16:35阪急三宮駅高架下 ゴール地点G















[PR]

by jj3bhn | 2015-06-18 15:12 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 24日

(保存)久しぶりに紅葉谷道→有馬、ベニドウダンと温泉も。2015/05/23(土)曇薄日 単独

久しぶりに紅葉谷道→有馬、ベニドウダンと温泉も。2015/05/23(土)曇薄日 単独
c0134193_16410300.jpg
ようやく咲きました、ベニドウダンツツジ@黒岩谷西尾根
去年同じルートを歩いたときの記録をひもといてみると、
『ほぼ1年ぶりの住吉道→西おたふく山→有馬 #2 2015/01/05 曇ずっと小雪 単独
・・・・2014/8/10の台風11号以来、六甲に・・・・行けなくなっているのでした。』とあります。そのあともこのルートには足を踏み入れていませんでした。

ところが、この5/15に六甲に行ったときに掲示が『仮開通しました』と言う内容に変わっているのに気がつきました。これは行くしかありません、と言うわけで早速行ってきました。
c0134193_16542113.jpg
JR住吉駅08:43→08:59白鶴美術館→09:46五助ダム→09:55打越峠分岐→
10:47本庄橋跡→10:55土樋割(ドヒワリ)峠→11:39一軒茶屋→
11:46
六甲山最高峰・昼食休憩12:10→
12:47極楽茶屋跡→13:03七曲滝分岐附近→
14:00有馬本温泉 金の湯→14:54神鉄有馬温泉駅→元町・三ノ宮トミーズ・大丸

今回の詳細リポートは次の所に載せてあります。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-644262.html

以下に、1月の状態のみを転載します。
c0134193_17403847.jpg
極楽茶屋跡から右の紅葉谷道へは通行止めになっていました。
c0134193_17432265.jpg
下りの左側斜面が崩れていて、登山道には岩がゴロゴロ転がっていましたが、湖の状態は5月現在でも余り変化していませんでした。
c0134193_17454277.jpg
右側斜面も大きく崩れています。
c0134193_17465288.jpg
ブナの案内板があるすぐ下の登山道はえぐれて無くなっていましたが、ここは修復されていて、崩れた痕跡は確認出来ませんでした。
c0134193_17495441.jpg
蜘蛛滝への分岐。ヤブがきれいに刈られていて、ちょっと不思議な感じです。
c0134193_17512854.jpg
七曲に入って少し行くと、迂回路に入るようになっていましたが、5月現在では右下の本来の登山道に戻っていました。
c0134193_17532797.jpg
この崩落箇所も盛り土をして修復されていました。
c0134193_18021484.jpg
七曲滝分岐へは通行止めになっていてこの部分は通りません。
以下、以前の情況です。
滝から元の登山道に戻ってすぐ、またまた迂回路です。
c0134193_18055777.jpg
悪意の切断?!!?? この斜面は、斜度がきついのと、粘土質で、雨の後などはロープがないとずるずるに滑る斜面です。
c0134193_18084469.jpg
立っているところは堰堤の上流側の底、ぬかるんでいるし、両側は絶壁です。ロープをつかまないと上り下りはかなり困難です。ここのロープは切ってありませんでした。
c0134193_18115441.jpg
元の登山道に戻りました。すっぱり崩れていて、迂回路が無ければ途方に暮れるところでした。感謝その2。
c0134193_18143216.jpg
5月現在、新しく設定された迂回路が元の登山道に出るとすぐに白石谷との分岐になります。
白石谷との出会いの土砂堆積場所は何処を通れば良いのか悩んでしまうくらいでしたが、今は一応登山道とおぼしき辺りは通りやすくしてあって、流れにも丸木橋を渡してくれてありました。

[PR]

by jj3bhn | 2015-05-24 17:09 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)