日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽・コンサート( 6 )


2014年 09月 01日

真夏の第九合唱付きへ。『ベートーベン振るマラソン@河内長野』2014/08/31

真夏の第九合唱付きへ。『ベートーベン振るマラソン@河内長野』2014/08/31

家内の姉が真夏の第九に市民合唱団の一員として出演(初・アルト)する、それもベートーベンの交響曲全曲演奏の9番目に、との話があって、ベートーベンの交響曲を一日で全曲演奏するような企画は岩城宏之さんの時に聞いた位なので、是非聞きに行かなくては、と家内と二人で楽しみにして出かけてきました。
c0134193_14032805.jpg
スタンディング・オベーションとまでは行きませんでしたが、たくさんの方が立ち上がって熱狂的に拍手をする、第九演奏・つまり全曲演奏完了後の舞台@河内長野ラブリーホール
c0134193_14105047.jpg
ホール入り口
c0134193_14114886.jpg
案内のちらし。暗譜演奏は9番だけ(理由はより完全な演奏をするためとのこと)でした。
c0134193_14154162.jpg
金剛山@ホール二階ロビー
金剛山へは、正月に紀見峠か天見から南尾根(今はダイヤモンドトレールと言うらしい)・山頂経由河内長野へ1~2回、5月連休の花の時期に河内長野からバスに乗ってカトラ谷方面へ同じく1~2回行きますが、電車からではこの景色が見えません。
c0134193_14200996.jpg
高野線に初めて入った6000系ステンレス車の内部。
高校の時、クーラーがついている車両で、シートがふかふか(今まで座ったシートで一番分厚くて、奥行きもあって座り心地が良い)、今ではとても珍しい幅の広い片開きの一枚扉、
たまたまですが行きも帰りもこの車両でした。
それにしても空いていますが・・・・・。

会場のホールは多目的ではない、音楽用に作られたと思われる天井・壁面が材木貼りの、音の良い素晴らしいホールでした。

それにしても腰が痛い、歳でしょうか、演奏する方々も荒行、聞く方も苦行、やはり3時間くらいが限度でしょうか。この次からは家でコーヒーを飲みながら、ゆったりと聞いてみたいと思いました。

とは言いながら、指揮・演奏・合唱の方々には本当にお疲れ様でした。
苦しい、いや書き間違い、楽しい一日を有り難うございました。
ベートーベンの交響曲の素晴らしさを体感した、良い経験になりました。

補足
①・・・・家内も、一日明けた今日になっても、昨日のことを良かったと何度も話題にしています。
②・・・・8月になってから、事前勉強として全曲の聴き直しをしてみました
c0134193_14462233.jpg
                                 完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-01 14:50 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 16日

年末恒例、第九@明石へ 強風の海岸風景も 2013/12/14 曇

年末恒例、第九@明石へ 強風の海岸風景も 2013/12/14 曇
c0134193_17143585.jpg
今年も家内が出るコンサートを聴きに行ってきました。
指揮は寺岡清高さん、オーケストラは明石フィルハーモニー 管弦楽団“通称たこフィル”でした。
c0134193_17205975.jpg
開始前にすぐ裏の海岸に行きました。大蔵海岸の向こうに須磨の右・鉢伏山、左・旗振り山が冬の寒空によく見えました。
c0134193_17235662.jpg
この火は風が非常に強く、波が高すぎるのかウィンドサーフィンをしている人は少なくて、
c0134193_17240708.jpg
通常のサーフィンの人の方が少し多かったようでした。
これくらいの波でもここでは結構高い方です。奥の方の島は姫路の家島です。

[PR]

by jj3bhn | 2013-12-16 17:28 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 30日

ウェーバー作曲 オペラ「魔弾の射手」 @シネリーブル梅田

ウェーバー作曲 オペラ「魔弾の射手」 @シネリーブル梅田

会社の入っているビルの毎日のように歩いている通路、見ているようで見ていなかったポスター、
一瞬立ち止まってよく見るともう上映中、3/30は結婚記念日だし、この日に行くしかないと行くことにしました。

c0134193_713067.jpg


でも、よく考えるとこのオペラはよく知っているようで筋書きは何も知りません。
序曲にある「秋の夜半」、「狩人の合唱」、「花嫁の合唱」を断片的に知っているだけでした。

見た感想は、
劇場のオペラとは違うので、映画の醍醐味が存分に発揮されています。
でも、最初から戦争の場面で、死屍累々の画像が続き度肝を抜かれ、狩りの後の獲物の処理場面、狼谷での魔弾製造にかかわるオカルト的なおどろおどろしい場面などで、気の弱い私は一人で深夜の山に行けなくなってしまいました。

射的戦の後の場面で、隠者(聖者)が出場し、何となく魔笛の一場面を彷彿とさせる場面以降、これはファンタジー、教訓を含むおとぎ話だ、と納得しました。

ウェーバーのがっちりと構成されたオペラにすっかり魅せられてしまいました。

忘れてならないのは、勿論音楽、これも素晴らしい演奏と歌手でした。
指揮のハーディングは先日のテレビで放映していた3.11の晩にマーラーの5番を演奏した指揮者です。
あれも素晴らしい演奏でしたが、この演奏もとても好感が持てました。
[PR]

by jj3bhn | 2012-03-30 21:09 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 18日

聴衆も体力要ります、第九他3時間コンサート 2011/12/18(日) @ザ・シンフォニーホール

12/17の土曜日は、NTT電話をケーブルテレビにまとめる工事があって、結局山には行けず、庭の落ち葉集めなどで一日つぶれてしまいました。

翌12/18(日)は、楽しみにしていた掲題のコンサートでした。

第九 de クリスマス
[指揮]延原武春
[ソプラノ]六車智香
[アルト]中村勢津子
[テノール]井場謙一
[バス]篠部信宏
[チェンバロ]中野振一郎
[メゾ・ソプラノ]泉由香
[フルート]森本英希
[ヴァイオリン]浅井咲乃
[ヴィオラ]姜隆光
[チェロ]曽田健
[管弦楽]テレマン室内オーケストラ
[合唱]テレマン室内合唱団

日時 2011年12月18日(日) 14:00 開演 13:00開場
会場 ザ・シンフォニーホール
プログラム 【第1部】100人の第九
ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱付」

【第2部】テレマンのクリスマス
J.S.バッハ:組曲 第3番より 序曲、アリア(G線上のアリア)
J.C.バッハ:チェンバロ・ソナタ op.17-2 より 第1・2楽章 [中野]
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番より プレリュード [曽田]
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番より ガヴォット [浅井]
フォーレ:シチリアーノ[森本]
フォーレ:夢のあとに [泉]
モーツァルト:協奏交響曲 K.364 より 第2楽章 [浅井&姜]
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
J.S.バッハ:カンタータ 第80番「われらが神はかたき砦」より 第1曲
クリスマス・キャロル:「もろびとこぞりて」「神の御子は今宵しも」
前半は初演当時のスタイルを再現した「100人の第九」。後半はクリスマス気分を盛り上げる名曲の数々が登場!贅沢で優雅なひと時をお楽しみください。

久しぶりにプロだけの第九で、とても充実していました。
最近は第九だけのコンサートも多いのですが、このプログラムのように第二部もとても素晴らしいもので、たっぷり音楽を楽しんできました。

終演は17時、3時間はとてもとても長い時間で、演奏する人たちも体力が要りますが、聴く方も体力が要ります。

ザ・シンフォニーホールも久しぶりだったし、いろんな意味で楽しい一日でした。たまには甲州(山梨→山無し)の週末もいいものです。
[PR]

by jj3bhn | 2011-12-18 21:51 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 19日

コンサート 仲道郁代さん指揮・ピアノ モーツァルトピの協奏曲 2011/11/19(土) 雨

大雨の中を出かけました。

久しぶりのグリーンフェスティバル、ボッセさんにも久しぶりでお会いできると思っていましたが、
来年早々には卒寿、今月始めの第九、来月早々には定期演奏会、今回は大事をとって表題の形式で演奏会を
することになったとのこと、 残念ながらボッセさんにはお会いできませんでした。

それでも、仲道さん初の弾き振りという希有なチャンスに出会えました。
神戸室内楽団の演奏もなかなか良かったし、映画「アマデウス」でも演奏された曲だったので、しっかりと音楽に没入できました。

以下に、神戸学院大学のグリーフェスティバルについての説明を引用します。
--------------------------------

グリーンフェスティバルとは
1988年春に約700名収容のメモリアルホールが完成したのを機に、地域の方と本学学生および教職員に無料で
一流の舞台芸術に接してもらうべく、世界の古典および現代音楽、日本の古典芸能・演劇を中心に国内外の
アーティストを招き、毎年春と秋に各5~9回公演を行っています。 各公演のレベルも非常に高く、近隣に同種の
催しがないこともあって、その独自性が高く評価されています。また、一般のコンサートとは一味違うものを提供
することを念頭に置き、一流アーティスト以外にも本学課外活動団体や地元を中心とした将来性のある若い方
にも出演いただいています。公演では事前に来場者から出演者への質問を募集しインタビューを行うなど客席
との交流をはかり、気軽な雰囲気で楽しんでいただいています。充実した時間を本学メモリアルホールでお過ご
しください。お待ちしています。

第320回 11月19日(土)15:00 開演

仲道郁代 ピアノ協奏曲の午後
指揮/ゲルハルト・ボッセ 神戸市室内合奏団

‐モーツァルト連続演奏 第8回(最終回)‐
[PR]

by jj3bhn | 2011-11-19 21:47 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 03日

サプライズ! メサイア@夙川教会by延原さん+テレマンアンサンブル 2011/11/03(木)

サプライズ! メサイア@夙川教会by延原さん+テレマンアンサンブル 2011/11/03(木)

初めて下車したさくら夙川駅、夙川の桜並木は紅葉の始まりでした。
c0134193_2016354.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-11-03 21:14 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0)