日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 28日

冬の季節風吹き荒れる裏六甲、有馬に行けず 2009/11/28(土)曇

c0134193_2110699.jpg


久しぶりで五助→有馬へ行くことにした。
白鶴美術館のモミジも真っ赤。山の方を見ると黄色がとてもきれいに見えている。

c0134193_2115506.jpg


c0134193_2118397.jpg


住吉川の林道に出た途端にとんでもなくきれいな紅葉、濃い黄色が素晴らしい景色でした。春の山笑うはパステルカラー、秋の紅葉は緑の常緑樹がきりっと引き締めるパッチワークでした。
モミジも残っていてあれも撮りたいこれも撮りたいで、前になかなか進みませんでした。

c0134193_21183040.jpg


c0134193_2119739.jpg


c0134193_21195068.jpg


c0134193_21202650.jpg


以上はまだ五助ダムに行っていないせいぜい200m前後の高度でのもの、この先に見える風景期待が高まる。

c0134193_21242993.jpg


季節を間違えたモチツツジも咲いている。

c0134193_21251221.jpg


五助から上はすでに散っていて冬景色、でも真っ赤なドウダンツツジとピンクの小さい葉の木があって、それなりでした。

c0134193_21263554.jpg


c0134193_21272077.jpg


極楽茶屋跡で昼食をとったあと有馬へ下るかどうか思案したが、天気はどんより曇っているし、裏六甲は冬の木枯らし、5℃だったので、西おたふく山から住吉へ下ることにした。
それではと、もう一度別角度からの紅葉を見ながらの下り、下の方は天気も良いようだった。

c0134193_21283214.jpg


c0134193_21293448.jpg


c0134193_21325258.jpg


これで今年の紅葉狩りはほぼお終い、もう一度あるとすれば、高雄山・再度山・市章山などを結ぶ神戸背山だろうか。
[PR]

by jj3bhn | 2009-11-28 21:01 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 23日

紅葉の京都山策 2009/11/23(月)勤労感謝の日 曇時々晴

この日はかなり以前から京都市街の北の端に行くことにしている日で、
京都一周トレールのことを知った3年前から東山トレールを歩いてから行っている。
なお、京都一周トレールについては、京都駅ビル2階の観光案内所で地図を売っている。
本来の出発点は、JR稲荷駅付近だが、私は京都駅から歩くことにしている。

今年は結果的に時間切れで目的地には行かなかったが、東山トレールの内、北白川大山祇神社までは行くことが出来た。

参加者 7名(内3名は稲荷駅から参加)

ルート 出発地京都駅7:20→稲荷駅→伏見稲荷→泉涌寺→今熊野→清水山→11:00将軍塚(青蓮院門跡)昼食休憩→南禅寺→日向宮→大文字山→火床→霊鑑寺→法然院→哲学の道→銀閣前→北白川→大山祇神社→16:00北白川仕伏町バス停

c0134193_18455977.jpg


晴の予報が外れて天気は曇、何となくガスがかかった感じでどんよりしている。
前半の将軍塚までは見所も少ないし、暑くならなくて良いなぁ、と話しながら京都駅をあとに歩き始めた。

この時期は紅葉見物の観光客が大挙押し寄せるので、その人並みの来る前にトレールに入ってしまいたいと、通天橋のモミジで有名な東福寺も門前を素通りした。でも、横目で見る限りもうかなりの観光客が入っているようであった。

稲荷前で全員集合したので、まだ門前の店も開店準備中の参道を出発する。本殿から四つ辻を目指して千本鳥居の下をゆっくり登っていった。

c0134193_21341979.jpg


すでに観光客で一杯の泉涌寺、今熊野、東山トンネルの上、六条山を黙々と歩き、国道1号線の下をくぐるとようやく清水寺の背後にある清水山、そして右からドライブウェイが上がってくると東山山頂に至る。11時だったので、ここで昼食とする。天候もようやく回復傾向で、ここで時間を過ごしたのが正解であった。

c0134193_2141789.jpg


再度歩き始める前に、展望台からかすかに見える愛宕山と京都市街を見渡し、その先の将軍塚で素晴らしいモミジに出会う。
ここは、車か歩いてでなければこられないので割に観光客が少ない、それにもかかわらず素晴らしい紅葉が見られる隠れた名所になっている。

c0134193_21442296.jpg


c0134193_21452476.jpg


c0134193_2146624.jpg


粟田口から三条通を目指し手一旦下る。途中は都ホテルの敷地横で、そこの素晴らしいモミジを見せてもらう。人が多いのと、日射しがきつくなってきたので、南禅寺は避けてインクラインから日向宮へ急ぐ。

日向宮のモミジは、丁度光線の具合が良くて素晴らしい色合いになっている。ここも余り知る人が少ない隠れた名所だが、知る人ぞ知る、大きなカメラを構えた人が何人かシャッターを切っていた。
十月ザクラも白い花をつけていて、ひなびた感じの宮はとても華やかだった。

c0134193_21522613.jpg


c0134193_21531343.jpg


c0134193_21535254.jpg


c0134193_21542367.jpg


c0134193_21545693.jpg


c0134193_21552987.jpg


宮から少し上に天の岩戸くぐりというちょっとした洞窟があるので、本来のトレールではないがそちらを回って七福思案所に向かう。ここから先は大文字山への登り、ここでもトレールは山頂手前から直接霊鑑寺に下るが、折角なので山頂から大文字送り火の火床を経由していく大回りルートとした。

c0134193_2205742.jpg


c0134193_2215026.jpg


c0134193_2231191.jpg


ここからは超有名観光ルートで、安楽寺、法然院、哲学の道、銀閣前と続きます。
休憩後、疎水から北白川に向けて歩きますが、すでに時刻は十五時を回っています。バプテスト病院の横から山道に入るとすぐに大山祇神社、ところがいつもと様子が違って色合いがそれ程でもない。
宮司さんに聞くと、今年は水不足や熱波で色合いが良くないとか。

c0134193_22113666.jpg


c0134193_22122721.jpg


ここから先は時刻も遅くなっているし、皆さん20kmくらいを歩いて疲れてきたので、本日はここまでとすることにし、仕伏町のバス停まで戻り、すぐ北バスで帰ることにし、金福寺、詩仙堂、曼殊院、修学院離宮などは、次回に楽しみはとっておくことになった。
[PR]

by jj3bhn | 2009-11-23 18:25 | 山歩き | Trackback | Comments(1)
2009年 11月 21日

段々高度が下がって、まだまだ続く紅葉 2009/11/21(土) 快晴のち曇り

今日は会社の方々と行く予定でしたが、結局ご夫婦一組だけ参加の3人で、またまた三ノ宮8:20→10:45森林植物園12:15→シェール槍→14:45摩耶山→16:50三ノ宮でした。

盛りだったモミジは散ってしまい、次のモミジが盛りになって、次々と新たな景色に巡り会ってきました。

布引ダムの湖畔のモミジも結構見頃、隠れ滝の激流をバックにしたモミジや、湖面に映えるモミジがなかなかのものでした。

c0134193_9351950.jpg


c0134193_93721.jpg


c0134193_9373014.jpg


c0134193_938423.jpg


森林植物園もすっかり秋の後半でしたが、それでもまだまだ見所がたくさん、明るい日射しの元で紅葉を見ながら昼食をとりました。

c0134193_9405736.jpg


c0134193_9414195.jpg


長谷池の周辺には結構な人がモミジ狩りをしていました。

c0134193_9422780.jpg


c0134193_9434236.jpg


c0134193_9441960.jpg


シェール道にはいると、黄葉も素晴らしい。

c0134193_945183.jpg


穂高湖堰堤下の紅葉もまだまだ続きそう、一緒に立っているメタセコイアも随分黄葉が進んでいました。

c0134193_9502889.jpg


c0134193_952858.jpg


学校林道途中の崩壊地からの展望はちょっと幻想的でした。

c0134193_9582761.jpg


雷声寺のモミジも見頃にちょっと手前、もう暗くなっていたので写真は撮りませんでした。
その後はいつもの定番、阪急三ノ宮駅高架下のトミーズへ「アン食」パンを買いに行ってから帰路に着きました。
[PR]

by jj3bhn | 2009-11-21 21:32 | 山歩き | Trackback | Comments(4)
2009年 11月 18日

紅葉は先週が真っ盛りだったような・・・・ 2009/11/18(木) 曇時々晴

前日の天気予報がこの日は晴れ、と言うので、急遽休みにして、紅葉を見に行きたいと言っていた家内と一緒に、摩耶山→森林植物園に行って来た。

但し、登りコースは楽々コースで、
三ノ宮→バス→摩耶ケーブル下→ケーブル→星の駅→ロープウェイ→摩耶山掬星台と、機械力フル活用。

c0134193_21125845.jpg


10時の始発ケーブルは植林ボランティアの人たちもいて、超満員。平日なので、ビックリしてしまった。

c0134193_21143541.jpg


摩耶山頂からは高曇りで結構展望が利いた。

c0134193_2115571.jpg


そこからは天上寺、穂高湖、シェール道、森林植物園と通常のコース、だったはずだったが、そこは滅多に行かないハイカーの悲しさで、途中の木橋や石渡で思わぬ時間をくってしまった。

天上寺からは西側の展望が素晴らしい。明石・加古川・姫路も一望、小豆島まで。

c0134193_2117139.jpg


それでも、穂高湖堰堤下や植物園では素晴らしいモミジを見て来た甲斐があったと。先週からすると、太陽の加減もあるが盛りは過ぎた感じだった。

紅葉を何枚か。

穂高湖堰堤下

c0134193_21182124.jpg


c0134193_2119579.jpg


c0134193_21193234.jpg


森林植物園

c0134193_21211822.jpg


c0134193_21221657.jpg


c0134193_21225858.jpg


c0134193_21234358.jpg


帰りは北鈴蘭台までのバス便が一時間に一本なので、初めて入るエリアをのんびり散策し、もう一度紅葉を愛でて帰路についた。

次はこの土曜日に森林植物園に今年最後の紅葉見物に、その後は、高尾山や再度公園・神戸背山などの更に低山の紅葉が待ってくれている。
[PR]

by jj3bhn | 2009-11-18 21:10 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 12日

河ぽちゃ後さいこうよぅ直前、森林植物園→シェール道のこうよう

2009/11/12(木) 快晴一時曇 単独

三ノ宮8:10→布引の滝→20渉→11:00森林植物園11:30→シェール道→アゴニー坂→摩耶山→天狗道→学校林道→16:05三ノ宮

昨日の雨はすごかったようで、登山道のあちこちに落ち葉がうず高く溜まっていました。川になったあともそこかしこに。雨の降っているときはきっと「そばぼうろの道」になっていたんでしょう。

水量が多く迫力満点の布引の滝の雌滝と雄滝
c0134193_2054461.jpg


c0134193_2057307.jpg


注:大雨が降ったとき、登山道に流れが出来て、道が川か河が道か分からなくなります、そのときに「河道屋のそばぼうろ」と一声。そばアレルギーの方には失礼しました。

2月の大雨の後、石渡の最初で渡れなくて黒岩尾根に変更したのを思い出しましたが、今日は強行しようと・・・・、結局最初の場所で少し足を浸けてしまいました。

市が原のモミジも素晴らしい。
c0134193_20582726.jpg


c0134193_210759.jpg


        紅葉の時期の好きな詩  遠上寒山石徑斜 白雲生処有人家
                        停車座愛楓林晩 霜葉紅于二月花
               真っ赤な葉は、二月の花よりも赤いと気がついた詩人に敬意を表したいと思います。

でもその甲斐あって、森林植物園では最盛直前の紅葉を、シェール道では素晴らしい黄葉を、穂高湖堰堤下のモミジも感動的でした。
今シーズンは、もう一度くらい行きたいものです。

何枚か貼り付けます。

c0134193_2132838.jpg


c0134193_214824.jpg


c0134193_215832.jpg


c0134193_2165264.jpg


c0134193_2172813.jpg


c0134193_2182128.jpg


錦秋の新穂高
c0134193_2194549.jpg


c0134193_211151100.jpg


c0134193_21125671.jpg


c0134193_2114434.jpg


c0134193_2115386.jpg

[PR]

by jj3bhn | 2009-11-12 21:18 | 山歩き | Trackback | Comments(0)