日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 17日

満喫!!青空に映える薄黄色のヒカゲツツジ@向山・丹波市氷上町

毎年恒例、丹波のたぬきさんのお誘いで、向山のヒカゲツツジを見に行った来た。
今年は、大阪・京都・兵庫各地から10名の方が参加、気温は低い(6℃)ながら、雨上がりのすっきりした青空に映える黄色の素晴らしいヒカゲツツジ、少し濃いめのピンクのコバノミツバツツジなど、この時期の定番風景を満喫してきた。

ルート
水分(みわかれ)公園駐車場9:00→鳳翔寺→剣爾(けんじ)山→清水山→蛙子(かえるご)展望所→向山(11:45五の山12:00・四の山・三の山)→14:35観音堂登山口

駐車場から高谷川を渡り、鳳翔寺へ向かう。高谷川沿いのサクラももう終わり、向山を見上げる。
c0134193_2061498.jpg


鳳翔寺からシカ除け柵をくぐって急登をひとしきり登り展望岩着。ここからは目の下に日本一低い分水界が見え、遠くには篠ヶ峰がどっしり構えている。
c0134193_2083477.jpg


剣爾山まで更に急登、コバノミツバツツジがそこかしこに咲いているが、少し風が強くカメラに収めるのは難しい。山頂近くなるとちらほらとヒカゲツツジが咲いているが、これも風で揺れている。
c0134193_21183661.jpg


山頂付近の北側は樹木が切り倒され展望が良い。このあとの各山頂も同じだが木を切り過ぎていて肝心のヒカゲツツジに悪影響を与えているような感じである。
それはともかく、剣爾山からは先週行った五台山も姿を見せてくれている。
c0134193_21223145.jpg


清水山、ぬかるんだ珪石山をクリアして、ヒカゲツツジと「山笑う」山肌の見られる蛙子展望所へ。
c0134193_21253578.jpg


c0134193_2131713.jpg


c0134193_21314282.jpg


沢山の人たちが登ってきたので、食事のために移動、五の山で昼食とした。
ここからも3つくらいの20人以上の団体に出会う。
今年のヒカゲツツジは裏だという人もあるし、例年並みだという人もあったが、それでもみなさんカメラに集中し、なかなか前に進まない。

c0134193_2136612.jpg


c0134193_21364662.jpg


コバノミツバツツジのピンクとヒカゲツツジの黄色が素晴らしいコンビネーションで展開します。

c0134193_2139779.jpg


c0134193_21403349.jpg


高度が下がってきてヒカゲツツジが終わるとコバノミツバツツジが素晴らしい風景を見せてくれます。

c0134193_21422113.jpg


c0134193_21435625.jpg


下山口の観音堂には立派なヤマザクラがたくさんありますが、その一部分・・・・。
表現する言葉がありません。

c0134193_2145217.jpg


c0134193_21473711.jpg


低山ではあるけれど、適度にアップダウンがあるし、この時期はヒカゲツツジや春の息吹を満喫できる素晴らしい山だった。

c0134193_21574991.jpg


最後にたぬきさんから恒例の桜餅入りあんパンを頂き、無事に散会、今年も春の花を堪能した一日だった。たぬきさんのご案内に感謝、今からもう来年が楽しみだ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-04-17 19:54 | 山歩き | Trackback | Comments(0)