<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 28日

少しだけ紅葉、幽玄の高尾山 2010/10/28 曇後雨 単独

天気が良ければ、29日から雲取山か黒斑山・四阿山などの上信国境の山巡りをしようと、師匠のちびたぬきさんと計画していたのですが、台風接近の予報になったので残念ながら次回にとなり、今回はこの高尾山だけになりました。
天気予報は雨、まだ紅葉には早すぎる時期ですが、少しは紅葉しているのではないかとちょっぴり期待して出かけました。

コースはいつもの通り、
高尾駅6:10→旧甲州街道→7:55小仏峠→8:15小仏城山→9:25高尾山→1号路→10:08金比羅台→10:40高尾駅

c0134193_8372340.jpg


高尾駅には、都会の駅らしくない大きな天狗の飾り物がかかっています。
ホームにもやはり天狗の置物があって、旅に来たという感じがしてきます。

c0134193_8394912.jpg


圏央道の橋もかなり出来てきました。この辺りの散歩道には春先にはニリンソウなどが咲き誇る素晴らしいところですが、それに不似合いな人工物、これも時代なんでしょうか、蛇谷口に近いので付近の山肌が削られた影響などが懸念されます。

c0134193_8433928.jpg


道端のムラサキシキブ、何れのおほんときよりも前からあるんでしょうか。

つづき
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-28 21:21 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 23日

紅葉の氷ノ山(後編) 2010/10/23(土) 晴時々曇

だっちゃんから毎年恒例になった黄葉の氷ノ山に誘われて、いつもとは少し違う黄葉を見てきました。

メンバー だっちゃん、りゅうさん(だっちゃんの友人)、私の3名

05:40 発 自宅 播但道経由→朝来IC→建屋街道→親水公園
07:40 着 福定親水公園(車を一台デポ) → まど登山口(車を一台デポ)
08:10 発 まど登山口
11:30 着 山頂
12:10 発  〃
13:10   氷ノ山越え
14:47 着 福定親水公園

---------------------------------------------
以下、後編です。

千本杉を過ぎた辺りでだっちゃんが鉢伏方面を向いてカメラを構えています。
そして、雲海だ、と教えてくれました。

c0134193_18572224.jpg


少し前まで見えていた妙見山は雲の下になったようで、鉢伏から氷ノ山、東尾根の山並みが屏風のようになって雲が遮られ雲海になっています。小代(おじろ)越えの辺りの低いところから雲が抜けていくのが分かります。

2003年の氷ノ山紅葉大会に来て以来毎年のように何度か来ていますが、このような雲海は初めてです。ちょっと感動ものです。せいぜい1500mの山でも素晴らしい瞬間に会えるんですね。

More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-23 22:53 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 23日

紅葉の氷ノ山(前編) 2010/10/23(土) 晴時々曇

だっちゃんから毎年恒例になった黄葉の氷ノ山に誘われて、いつもとは少し違う黄葉を見てきました。

メンバー だっちゃん、りゅうさん(だっちゃんの友人)、私の3名

05:40 発 自宅 播但道経由→朝来IC→建屋街道→親水公園
07:40 着 福定親水公園(車を一台デポ) → まど登山口(車を一台デポ)
08:10 発 まど登山口
11:30 着 山頂
12:10 発  〃
13:10   氷ノ山越え
14:47 着 福定親水公園

まどに置いた車を回収後、万灯の湯に入って帰宅しました。

東尾根、神大ヒュッテ手前のブナ大木の紅葉です。

c0134193_21283540.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-23 21:41 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 16日

紅葉には早すぎ、でもリンドウやセンブリが出迎えてくれた武奈ヶ岳に 2010/10/16(土) 晴

いつもだと紅葉の真っ盛りの時期、生野の段が峰か湖西の武奈ヶ岳かと希望を聞いたら、去年の素晴らしかった紅葉が忘れられないのか、武奈ヶ岳という希望ばかりでした。

同行は塚ちゃん夫妻、ちかちゃん、山は2回目の川ちゃん、私の5名で、いざ出発です。

08:30 坊村  発
10:30 御殿山 
11:22 山頂  着
12:00  〃  発
12:42 御殿山 
14:00 坊村  着

帰りは朽木てんくうの湯へ。湯上がりのソフトクリームはすっかり定番になってしまいました。

c0134193_20474274.jpg


すがすがしい空気の中、坊村駐車場で準備をします。
安曇川の流れも透明できれいでした。

c0134193_2050882.jpg


明王院横の急登を登り切ると桧の人工林になります。
その中をぐんぐん登っていきます。

c0134193_20521690.jpg


c0134193_20534342.jpg
しばらく行くと自然林が混じるところに最初の紅葉が待っていました。

c0134193_17552457.jpg


今年は黄色が少なく、赤が多いようです。

c0134193_17563938.jpg


トリカブトもまだ残っていました。

c0134193_17573564.jpg


急登をあえぎながら登り、ようやく御殿山に出ました。
目的の武奈ヶ岳山頂がきれいに見えます。
紅葉が気になるところですが、この辺りでもまだ早すぎるようでした。

その代わり、リンドウ、センブリがそこかしこにかわいい花をつけています。
ドウダンツツジの真っ赤な紅葉も見事。

c0134193_1812826.jpg


c0134193_1824671.jpg


c0134193_1833674.jpg


そして、山頂から広がる斜面はきれいに紅葉しています。

c0134193_1851737.jpg


c0134193_18673.jpg


c0134193_1865262.jpg


c0134193_1872116.jpg


c0134193_1881922.jpg


少し霞んでくっきりはしていくせんが、やっぱり大きい琵琶湖を見下ろしながら、ラーメンやおにぎりをのんびり食べて・・・・、皆さん幸せそうでした。

もう少し紅葉を。

c0134193_18105527.jpg


下山時の御殿山手前の登りで。

c0134193_18122814.jpg


c0134193_18135486.jpg


それなりに楽しんだ今年の武奈ヶ岳、今度は雪の時に行きたいものです。
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-16 20:08 | 山歩き | Trackback | Comments(3)
2010年 10月 10日

南竜山荘→室堂→御前が峰→大汝峰→白山禅定道→市ノ瀬(白山、その4) 2010/10/09 雨

10/09(土) 午前中暴風雨、午後から雨は時折小やみ

  07:15 南竜山荘→エコーライン経由
  08:30 室堂 着
  09:00  〃 発
  09:32 御前が峰
  10:25 大汝峰
  11:30 室堂 着 
  12:00  〃 発
  12:26 蛇塚
  14:13 観光新道 別当坂出会 → 白山禅定道経由
  16:02 指尾
  17:40 六万山からの梯子坂を下り切った林道出会い(白山禅定道登山口)
  18:10 釈迦新道出会い
  18:30 市ノ瀬

天望の湯に入湯後、中津幡のおばりんさん宅へ。


さて、一晩中風雨が強く、朝食の間もなかなか気力が出ないまま出発しなければ下山できないので、時間に追われて出かけることにしました。風が猛烈で、出た途端にこの濡れようです。写真では分かりにくいのですが、バックに写っている雨は、カーテンを引くときのように縦縞になって横向きに流れています。

c0134193_9592191.jpg


More カーテンが開きました、続きはこちらでどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-10 23:00 | 山歩き | Trackback(4) | Comments(0)
2010年 10月 10日

チブリ尾根後半→別山→南竜山荘(白山、その3) 2010/10/08 晴

承前

さて、チブリ尾根避難小屋を出てしばらくは割に平坦な尾根を辿るのですが、目の前には覆い被さるような山のかたまりが聳えています。どうもここを登るしかないようですが、さて、登り切れるのだろうかととても不安になるくらいの急な斜面です。

c0134193_21263458.jpg


c0134193_21272055.jpg


更に進んで上を見上げると、見かけはユーモラスですが、下をある組としては今にも落ちてきそうな不安定きわまりないものに見える大岩が見えました。落ちないで、と祈るような気持ちで安全地帯まで駆けるように逃げました。

More 続きはこちらでどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-10 22:50 | 山歩き | Trackback(4) | Comments(0)
2010年 10月 10日

市ノ瀬→チブリ尾根(→別山→南竜山荘)(白山、その2) 2010/10/08晴

別山から見る白山本峰や紅葉を纏った周辺の展望を楽しみに、チブリ尾根から宿の南竜山荘を目指します。

10/08(金) 晴午後遅く稜線はガス、夜半から強風と雨

04:36 発 おばりん宅
06:25 着 市ノ瀬
06:40 発  〃
07:15   猿壁
08:06   水場
08:48   白山展望所
09:30   市ノ瀬から4.9km地点
10:48 着 チブリ尾根避難小屋
11:00 発     〃
12:46   御舎利山
13:09 着 別山
13:26 発 〃
14:40 着 天池 (小屋跡)
15:12 発 〃
16:25 着 南竜山荘(泊)

今回は高度のある別当出会いまで行かず、市ノ瀬に駐車します。出かける準備をしていざ出発、
砂防工事のトラックが走る工事道を行きます。途中で結構お年の方が一人抜いていきました。
猿壁という岩壁のところから本格的な登山道になります。

c0134193_1856377.jpg


#IMAGE|c0134193_20503571.jpg|201010/11/93/|mid|1024|768#]

森はすぐに巨樹と言って良いような大きなブナ林になり、それに見とれながら登っていきます。

More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-10 22:41 | 山歩き | Trackback(4) | Comments(0)
2010年 10月 10日

またまた白山へ、今度は超ロングの山満喫コース(その1) 2010/10/08晴-09強風と雨

10/8(金)が会社休日で今年は4連休、8月に一緒に白山へ行ったおばりんさんからまたまた白山へのお誘いがあり、今回は二人で行ってきました。
今度は超ロングの山満喫コースでした。

取りあえず、第一報です。詳細は後ほど。

10/07(木) 午後から大阪→金沢近郊へ移動、泊
10/08(金) 晴午後遅く稜線はガス、夜半から強風と雨
         市ノ瀬06:40→10:48チブリ尾根避難小屋11:00→13:09別山13:26→
         16:25南竜山荘(泊)
10/09(土) 午前中暴風雨、午後から雨は時折小やみ
         南竜山荘07:15→エコーライン→08:30室堂09:00→御前が峰09:32→
         大汝峰10:25→室堂12:00→14:13観光新道別当出会いへの分岐→
         指尾16:02→18:30市ノ瀬

c0134193_22305790.jpg


前回はまだ花の時期だったので、観光新道から登り、お池巡り、お日の出、観光歩道から北アルプス展望、砂防新道から下山という行程でしたが、今回はブナ林、紅葉などの秋の山を歩くことと、別山・大汝の二山登頂、歴史の道白山禅定道を歩くことなど、盛りだくさんの楽しみを目指していました。

c0134193_22323664.jpg


紅葉は1,700m~2,000m付近を中心に晴れの日雨の日それぞれの輝きがありました。

c0134193_2234188.jpg


展望は、ガスに包まれた別山・暴風と雨の大汝でしたので、次回以降の宿題になりました。ただ、チブリ尾根の登り、別山から南竜、観光新道の下りなどでは、錦秋の山肌がとても感動的でした。

単なる下りだと思っていた白山禅定道は、予想もしていなかったいくつもの感動がありました。
・慶松平(けいまつだいら)の何とも言えずのどかな紅葉、秋の風情、
・その先の痩せた険しく厳しい尾根の荒々しさ、これぞ登山の重要な要素(などと言っても、高所恐怖症の私は怖くて怖くて・・・・)
・巨岩、巨木、奇岩、奇木のオンパレード、次から次へと繰り出す風景は息もつかせぬものでした。雨と時間がなかったのでカメラを取り出せなかったのが心残りで、これも次回以降の宿題になりました。
・とにかく長い、下りの傾斜がきつい、特に六万山からの下りは梯子坂という名前通り、とんでもない下りでした。

別当出会いからのお手軽白山とは一味も二味も違う白山を満喫できました。

最後に南竜山荘です。今回は別山からだと室堂には着けないし、前回少しだけかいま見た南竜山荘がとてもきれいだったので、南竜山荘に泊まることにしました。
室堂はそれなりの宿泊者数だったようですが、平日だったこともあり、この日の宿泊者数は3名だけ。一人は女性だったので、我々二人で一部屋貸し切りでした。トイレは水洗、ウォッシュレット付きで、これも一押し、二押しです。いつもは9月一杯で終業のところを、今年は要望かがあったので試験的に10/16まで営業するそうです。

以下、続きます。
[PR]

by jj3bhn | 2010-10-10 22:35 | 山歩き | Trackback(4) | Comments(1)