<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 20日

紅葉の東山トレール 2010/11/20(土) 曇後快晴 5名

天気誤報に振り回されたが、この日は午前中の早い内は少し雲もあったが、その後はほぼ快晴の素晴らしい東山トレール歩きになりました。

今回で4年連続の紅葉狩り東山トレールです。
去年は地図の赤いルートで京都駅から歩き始め、大山祇神社まで行きましたが時間切れでそこから仕伏町まで戻ったので、最終目的地のおでん屋(後輩がやっている学園祭の出店)に行けませんでした。

それで、今年は最初の部分を飛ばして将軍塚から始めることにしましたが、交通の便を考えて四条の南座前を集合地にしました。とは言っても、ただでは済まない・・・・、イヤ、ただで済まそうとの魂胆から、私は京都駅から南座へは歩いていくことにしました。地図の黄色い線がそのルートです。

c0134193_9515042.jpg


More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-11-20 21:37 | 山歩き | Trackback | Comments(3)
2010年 11月 06日

再訪氷ノ山、こうようはさいこうよウ。 2010/11/06(土) 快晴 単独

前回、二週間前の記録も合わせてみてください。
前編
http://jj3bhn.exblog.jp/15338685/
後編
http://jj3bhn.exblog.jp/15348940/

2010/11/06(土) 快晴 氷ノ山

07:30 発 福定親水公園
08:30   まど登山口
09:07   東尾根避難小屋
09:55   一ノ谷休憩所
10:30   神大ヒュッテ
11:07 着 氷ノ山山頂
11:50 発   〃
        甑岩
12:14   仙谷口
12:40   氷ノ山越え避難小屋
13:30   地蔵堂
14:05   福定親水公園

 単独だったので、福定親水公園に車を置いて、林道を1時間歩き「まど登山口」へ。ここからはいつものルートを辿りました。

朝日を浴びた東尾根の紅葉は素晴らしく、「あぁすごい」とため息をつき、写真を撮っていると、前に進めません。
一ノ谷の休憩所あたりまでが紅葉のピーク、ドウダンツツジも真っ赤なのがありました。
古千本杉辺りからは霜が降りたようで、結氷も残っていました。

山頂でこの秋初めてのキツネうどんを炊いて昼食、その後は甑岩を下りて、ドロドロの尾根道からすっかり葉の落ちたブナの原生林を抜けました。

氷ノ山越えのすぐ下辺りからまたまた言葉にならないくらいの紅葉の中を行きつ戻りつしながら写真を撮りました。
今年のここの黄色系統の紅葉は、色がいつもより濃いように感じました。
地蔵堂まで来ると少し緑が残っていました。
それでもそこから先のつずら折れの急坂もかなり黄葉が進んでいてなかなか飽きさせません。
時折見える両側の山腹は全体が紅葉していてただただ見とれるばかり、危うく躓きそうになりました。

今年の紅葉、今までは少し物足りなさが残ったのですが、これでようやく満腹、この後は六甲周辺の真っ赤なモミジを見に行きたいと思っています。

先ずは東尾根の紅葉から

c0134193_2272299.jpg


c0134193_2284610.jpg


More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-11-06 20:41 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 03日

快晴のRG→東おたふく→黒岩谷西尾根→有馬 2010/11/03(水) 4名

書きかけです。

快晴のRG→東おたふく→黒岩谷西尾根→有馬 2010/11/03(水) 4名

今日は晴の特異日、北の方へ紅葉を見に行こうと思っていたが、晴れるのは中部から南の方だけとのこと、芦屋ロックガーデンを知らないと言う皆さんの案内をすることにして、全山縦走トレに行く人たちとは別行動にすることにしました。ただ、このコースは六甲の登山道の国道一号線、これだけの天気も加わって人は多いのを覚悟で出かけることにしました。

07:30 阪急芦屋川駅発
08:15 高座の滝
09:07 風吹き岩
09:25 横池
10:15 雨が峠
10:40 東おたふく山
11:43 一軒茶屋
11:53 六甲最高峰 着 食事
12:30   〃   発
13:30 有馬稲荷  着
      金の湯

c0134193_2154388.jpg


雲一つない真っ青な空の大快晴をバックに、阪急芦屋川駅とこれから登るロックガーデンを望む。

More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2010-11-03 21:08 | 山歩き | Trackback | Comments(0)