日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

小袖→南ア展望台の七つ石山→雲取山 2011/02/26(土) 快晴 2名

小袖→南ア展望台の七つ石山→雲取山 2011/02/26(土) 快晴 2名 気温 6℃ 風殆ど無し

コースタイム

虎ノ門5:22→06:30拝島→車→07:50奥多摩・小袖08:00→09:00~09:38 堂所→七ツ石近道→
10:32七ツ石小屋→10:48石尾根→10:55七ツ石山山頂→11:35奥多摩小屋→12:260雲取山山頂避難小屋・おにぎり一個12:40→七つ石山巻き道→14:25七ツ石分岐→14:53堂所→15:50小袖集落
→車→拝島17:47

七ツ石山山頂からの南アルプス大展望

c0134193_16503298.jpg


右手・雲取山山頂と左手に飛龍山

c0134193_16472778.jpg


同行はいつもの通り、ちびたぬき師匠です。

More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-26 23:43 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 21日

読了 「栂海新道を拓く」

c0134193_21392015.jpg



強烈な信念と熱意を持った、とてもとても個性的な小野健と言う方、とても常人ではないと思いながら、それでもすごいこと、感動的なことが次から次から出てきて、読んでいて一度はこの栂海新道を歩いてみたいという願望がわき上がってきました。

何かの賞をもらったときに新聞記者のインタビューに答えた、「小野健という人は立派でしょうが、父としては最低です」と言う娘さんの言葉がすべてを表していると思います。

去年の清水尾根であの領域の素晴らしさは言うまでもないことはよく分かっているので、機会があれば是非この栂海新道へ、と夢がまた一つ増えました。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-21 21:39 | | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 19日

沈まぬ太陽、沈む雪の沖の山、大展望と予期せぬ霧氷に大感激 2011/02/19 快晴 二名

沈まぬ太陽、沈む雪の沖の山、大展望と予期せぬ霧氷に大感激 2011/02/19 快晴 二名
              (誤り)岡山県西粟倉村 
              正しくは、鳥取県八頭郡智頭町

以前、駒の尾山に行ったとき、こちらはもう雪がかなり少なくなっているのに、すぐ北に真っ白な形の良い山がありました。

c0134193_21441934.jpg


後ほどこの山は「沖の山(おきのせん)」とのこと、この日にご夫婦で登られたmkさんから教えていただきました。それ以来気になっている山の一つで、いつか機会があったら同行させて欲しいとお伝えしていましたが、今日がその日になりました。

c0134193_21593751.jpg


黄色の線が今回のルートで、ループになっているところは、右側が登り、左側がmkさんの読み筋で下った尾根、赤い線は2009年にmkさんが通ったルート。

コースタイム
08:15 大原発 山陽本線上郡→智頭急行普通、mkさんの車に乗り換え大茅へ
09:00 大茅スキー場発 雪で通行止めになった林道経由で若杉原生林まで
10:10 若杉原生林入口着、すぐ出発。すぐに激登りの斜面
11:25 激登りを脱して、ようやく展望の利く稜線に出る
12:50 灯籠と銅像のある開けたところ
13:30 沖の山山頂 昼食予定でしたが、時間の関係でカット。少しだけ食べ物を食べてすぐに下山開始
15:00 mkさんの読み筋の尾根に入る
16:00 尾根から派生林道に出る
16:27 登りに通った林道に出る
17:10 ようやく大茅スキー場着。装備をまとめて播磨新宮まで送っていただく。
18:15 播磨新宮着 18:38発の列車で帰路に

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-19 22:51 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 09日

読了 「百年前の山を旅する」

c0134193_2131042.jpg


これもほぼ一気に読み終えた。
100年前の人たちがどんな風に山に山に登っていたのかを考察するだけではなく、その頃に出来るだけ近い衣装・道具で行こうという内容。

行ったことがある地名、奥多摩の笹尾根・東沢渓谷(には行ったことがないけれど、西沢渓谷には何度も)・京都北部の地名(サバ街道の記事)など、一般登山道では行ったことのある白馬岳・鹿島槍ヶ岳(この本のルートにはとても行けない)などが出ていて、こんな山行きをする人がいるのか、とのめり込むように読み進んだ。

加藤文太郎さんの「単独行」(もしくは新田次郎さんの「孤高の人」)やウェストンさんの「日本アルプス」を読んだときに感じていた、この時代の人たちはどんな山の状態のところをどんな風に歩いていたのだろう、と言う素朴な疑問を自ら実践してみようと言うのだからすごいことです。

自分自身も地下足袋で行ったり、簑笠で行ったりと言うところまでは考えなかったが、鉄道やバスのない時代に、どうやって山に取り付いたのかと言うことを想像して、出来るだけ遠くから山に入ろうとためしたこともある。

白馬駅から白馬岳(大雪渓往復)日帰り(2回)
地鉄立山駅から弥陀ヶ原の弘法清水往復
スケールが小さいが生野駅から段が峰

車のための道はとても歩きづらい、便利だけれど・・・・。
里から徐々に山に近づき、山の姿を仰ぎながら登る、と言う昔の人たちの感情と違う体験をしている今の山歩きを否定するものではないが、でもこの本の著者に「同感同感」と頷きながら読了した。

次は「栂海新道を拓く」です。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-09 21:31 | | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 07日

読了 「空白の5マイル」

c0134193_21124038.jpg


PEAKSと言う雑誌にこの本の著者、角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんのインタビュー記事が載っていた。
そのときは内容がよく分からなかったのでそのままになっていたが、毎週の買い物に行くスーパーマーケットの
本屋さんに話題の本として沢山並んでいたので、一般書店にあることに意表を突かれて思わず買ってしまいました。

内容は全くの山の本、チベットの最奥にあるヤル・ツァンポー探検の歴史を丁寧にひもとき、角幡さんの都合4回に及ぶ探検の詳細な記録です。本に載っている地図と写真を見ながら読み進んでいくと、自分がその場に居合わせて探検をしている、手に汗握るというのはこんな事なんでしょうね。

冒険と探検は似ていて非なるもの、それでも最後は冒険にならざるを得ず、幸運の女神に守られて生還するのですが、それを引き寄せたのも探検のための準備と目的達成のための強い意志があったからなんでしょう。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-07 21:43 | | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 03日

3度目の大品山@立山山麓も晴 2011/02/03 単独

1月末の記録的豪雪の後、奇跡的に晴れたこの日、3度目の大品山に行くことにした。
前二回は、快晴・霧氷のとてもきれいな大品山だったが、今回はどんな景色が待っていてくれるだろうか。

瀬戸蔵山からの弥陀ヶ原・立山。

c0134193_213112.jpg


c0134193_21561764.jpg


More つづきはこちらからどうぞ。
[PR]

by jj3bhn | 2011-02-03 21:26 | 山歩き | Trackback | Comments(5)