<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 26日

少しずつ追記中  四国もでっかいど、四万十・足摺紀行 2011/08/24晴-25雨一時曇 3名ツアー参加

四国もでっかいど、四万十・足摺紀行 2011/08/24晴-25雨一時曇 3名ツアー参加

旅行会社のツアーに参加、家族旅行で四万十・足摺に行って来ました。
初日は晴れ、二日目は雷雨で明けましたが、その後徐々に回復、竜串のグラスボート時間は曇で、バスに乗ったらまた雨がぱらついてくると言うめまぐるしい天気でした。

8/24(水) 姫路→新幹線→岡山→南風5号→高知→バス→
        予土線トロッコ列車四万十川見物→バス→足摺岬(泊)

8/25(水) 足摺岬→バス→竜串→グラスボート→見残し→バス→
        四万十遊覧船→バス→岡山→新幹線→姫路

c0134193_7184455.jpg

トロッコ列車からの四万十川

c0134193_7194627.jpg

足摺岬灯台

c0134193_7204118.jpg

竜串・見残し

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-08-26 07:21 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 20日

#36 JR住吉→住吉道→七曲→六甲最高峰、初の2時間半 2011/08/20(土) 曇 単独

JR住吉→住吉道→七曲→六甲最高峰、初の2時間半 2011/08/20(土) 曇 単独

全国各地でゲリラ豪雨、兵庫南部も雨の予報でしたが、六甲は幸いにも曇で20℃でした。 そうは言ってもこの気温では汗だく、有馬でさっぱりするのを楽しみに唯ひたすら歩き続けた一日でした。

7月の素晴らしかった立山・五色ヶ原・大日三山と、大雨で道路閉鎖の白馬敗退(駅から出なかったから敗退にもならないかも)を挟んでこの6週間で5回目(ちょっと数え間違いをしていました)の同じルート(住吉駅→住吉道→ととや道→最高峰→全縦路を西へ→極楽茶屋跡→紅葉谷道→有馬温泉)へ。

住吉川沿いに入るといつものように涼しい風が吹き、五助堰堤の上にある水場付近からの山道に変わると、気温が松本と同じ20℃(松本の方がそう言っておられました)、でも汗はびっしょり、湿度が高かったのだと思います。

c0134193_12425382.jpg

住吉道と西おたふく山への分岐徒渉地点は、緩やかな傾斜を流れる水と樹木の具合がとても良い雰囲気で、いつもホッとする場所です。
普段はもう少し下流の大岩があるところで右岸に移って流れに沿っていき、この通りで一番立派なオオザクラを眺めてからこの写真の場所でこちらに移るかそのまま西おたふく山へ行きますが、この時期は左岸の住吉道本道を歩きます。

さて、順序が逆になりましたが、五助水場ではこんな風流なものがあります。動画を撮ってあるのですが、アップの方法が分かりません。なかなかいい音がします。

c0134193_130280.jpg


c0134193_12392320.jpg

水場がピンチ、先週まではコンコンと湧いていたのに、そして雨が降っていないわけではないのにかなり少なくなっていました。

先週、所要時間が2時間35分だったので、この日は少し意識して歩きました。
2時間半を切ってみたい、と。結果は途中、五助水場と本庄橋跡で少し休んだだけで2時間30分ちょうどでした。

c0134193_1237475.jpg

最高峰に着いたらお一人先着の方がいらっしゃいました。
岡本の方で保久良神社から5時半に登り始め、そのままととや道から有馬へ行くそうで、しばらくお話しをしてから右と左にそれぞれ有馬へ向けて再スタートしました。

JR住吉6:20→住吉道→七曲→8:50六甲最高峰10:00→10:20有馬温泉金の湯

花・紅葉・雪の時期、展望のある日にはとても無理ですが、夏のこんな日は歩くしかないのでちょっと別趣向で六甲を楽しんでみました。

本当は秋を見つけに行ったつもりでしたが、
・五助堰堤下のサクラが一本だけ紅葉、
・表側にもヤマジノホトトギスが咲き始め、
・最高峰のハギが咲き乱れ
ていたくらいで、リンドウ・ツリフネソウはまだ、まだまだ秋には遠いようでした。

c0134193_1353145.jpg

c0134193_1364310.jpg

c0134193_137680.jpg


この後はいつものように全山縦走路を西へ極楽茶屋まで行き、そこからまだまだ緑の紅葉谷道を有馬温泉まで下り、この日は金の湯を頂きました。
[PR]

by jj3bhn | 2011-08-20 20:19 | 山歩き | Trackback | Comments(1)
2011年 08月 04日

山で見た雲たち

7月の梅雨明けに行った立山→大日三山の時に、大日小屋の前で見た剱岳にかかった雲があまりにも良かったので、それ以前に見た雲を探してみました。

先ずはその剱岳にかかった笠雲を。
c0134193_20342738.jpg


前日の夕刻同じ場所から、剱岳をバックに従えた奥大日にかかった滝雲が夕日に映えてとてもきれいでした。
c0134193_20372818.jpg


びっしり詰まった雲海ではありませんが、それなりの雲海に浮かぶ剱岳もなかなか威厳があります。
c0134193_2040415.jpg


アーベントロートの杓子岳と見事な金床雲@白馬岳丸山
c0134193_20492653.jpg


ちょっと古いですが、富士山にかかった笠雲@三ツ峠山
c0134193_2181027.jpg


この雲海ほど凄いのはこの時しかありません。遠く八ヶ岳をバックに、雲海に浮かぶ瑞牆山@金峰山千代の吹上
c0134193_21142979.jpg

c0134193_21152744.jpg

[PR]

by jj3bhn | 2011-08-04 20:29 | 山歩き | Trackback | Comments(0)