<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 25日

完了日別記事。真夏・真冬・初秋あり、白馬大雪渓→清水尾根→祖母谷温泉・トロッコ電車2011/09/22-25単独

日別記録を別項で載せました。
#3山小屋祖母谷温泉→黒部渓谷鉄道トロッコ列車

http://jj3bhn.exblog.jp/16924101/

#2 2011/09/24 白馬岳頂上山荘→朝食後白馬岳往復→清水岳・清水尾根→祖母谷温泉 一日中快晴 単独

http://jj3bhn.exblog.jp/16916921

#1 快晴・夏のような白馬岳大雪渓、午後は一転吹雪の杓子岳 2011/09/22(木)-23(金) 単独
を載せました。

http://jj3bhn.exblog.jp/16901096


真夏・真冬・初秋の三日間、白馬大雪渓→清水尾根→祖母谷温泉・トロッコ電車 2011/09/22-25 単独

取りあえず速報です。詳細は別途載せます。

ここにつけた表題以外に、再訪・リベンジ・いくつもの再会・時ならぬ吹雪・大展望・・・・・、と、いくつも表題をつけられそうな思い出に残る山旅でした。

尚、昨年の7月に全く同じコースを歩いたときの記録があります。花の時期で、感激しました。

http://jj3bhn.exblog.jp/m2010-07-01/

今年も7月の全く同じ時期に計画し、白馬駅まで行きましたが、豪雨のせいで駅前敗退しました。
今回は花の種類が少なかったのですが、それでもいろいろなことがあって、とても印象的な山歩でした。

9/22(木) 夜行発
9/23(金) 快晴後吹雪
         白馬駅着→バス→猿倉→白馬尻→大雪渓→村営白馬岳頂上宿舎 宿泊手続、昼食、杓子岳往復
9/24(金) 快晴
         朝食後白馬岳山頂往復
         宿舎→清水平→清水尾根→不帰避難小屋昼食→百貫の大下り→祖母谷温泉(泊)
9/25(土) 快晴
         宿舎→欅平駅→猿飛峡往復→黒部渓谷鉄道→宇奈月→魚津→明石

取りあえず写真を何枚か。

c0134193_2155927.jpg


c0134193_1163621.jpg


c0134193_21564454.jpg


c0134193_21575518.jpg


c0134193_21595023.jpg


c0134193_2213236.jpg


c0134193_22344.jpg


c0134193_2245032.jpg


本日はここまでです。
[PR]

by jj3bhn | 2011-09-25 22:16 | 山歩き | Trackback | Comments(6)
2011年 09月 25日

#3 山小屋祖母谷温泉→黒部峡谷鉄道 2011/09/24-25 快晴

#3 山小屋祖母谷温泉→黒部峡谷鉄道 2011/09/24-25 快晴

無事到着した山小屋でのんびり温泉に入って気分さっぱり、すっかりくつろいでしまいました。
今回はお彼岸の3連休で、去年の客は3名と言うのはウソのようでほぼ満員。で、隣の方はどこかでお会いした
ような・・・・、相手もそう思っておられたようで、去年同宿だった快足の方でした。
今回は室堂から阿曽原、水平道を通ってこられたそうです。

今回、このルートを選んだ理由の一つにこの温泉宿に泊まり、内湯に入ることがありました。
去年、迂闊にも内湯には入らなかったのです。
ここの温泉には露天風呂と内湯があって、それぞれ泉源が違うのでお湯の性質が異なります。
露天は河原から引いていて、もやもやの浮遊物が浮いています。
内湯は対岸から引いていて、浮遊物もなく、まったりしたお湯です。

ゆっくりと両方のお湯に入れて、課題が一つ解決しました。
c0134193_1924034.jpg

c0134193_19261620.jpg

c0134193_19271438.jpg

祖母谷地獄から上がる湯煙で、この日の気温がかなり下がっていることが分かります。
食事をゆっくり食べ、疲れもピークなので早々にやすんでしまい、明け方までそのまま・・・。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-09-25 18:00 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 24日

#2 白馬岳→清水岳・清水尾根→祖母谷温泉 2011/09/24 一日中快晴 単独

#2 白馬岳→清水岳・尾根→祖母谷温泉 2011/09/24 一日中快晴 単独

2011/09/24 白馬岳頂上山荘→朝食後白馬岳往復→清水岳・清水尾根→祖母谷温泉 一日中快晴 単独

04:30 起床
05:00 朝食
05:20 小屋発白馬岳往復 御来光
06:20 小屋 着 稜線でJG1DGZグループとお別れ

07:00 再度小屋 発
09:11 清水岳   着
09:30   〃    発
11:21 不帰避難小屋 昼食
11:43    〃      発
15:13 登山路入口 着
15:32 山小屋祖母谷温泉 着

c0134193_21193162.jpg


荘厳な夜明け、モルゲンロートに染まる白馬岳、何とか間に合いました。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-09-24 21:05 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 23日

#1 快晴・夏のような白馬岳大雪渓、午後は一転吹雪の杓子岳 2011/09/22(木)-23(金) 単独

#1 快晴・夏のような白馬岳大雪渓、午後は一転吹雪の杓子岳 2011/09/22(木)-23(金) 単独

ちょっとだけ前置きを。
昨年2010/07/22~25に、花・展望・温泉を堪能したこのルート、また行ってみたいとずっと思っていました。
今年になって/14-16に立山・五色ヶ原・大日三山を歩いた二週間後、たまたま去年と同じ日付にこのルート
に行く計画でした。ところが当日白馬駅まで行くには行ったのですが、新潟を中心とした大豪雨でバスは運休、
警報が出ている中を歩く勇気もなく、次の列車で帰宅の途に着く、敢えなくも駅前敗退でした。

その後8月末にも蝶ヶ岳を計画しましたが、雨予報が出たので早々と計画中止、二回続けて遠征できないと言う
情況から、今回台風15号の行方にやきもきしながらようやく計画実施となりました。


c0134193_20454485.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-09-23 19:00 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 01日

読了 加藤則芳著「メインの森をめざして~アパラチアントレイル3500キロを歩く」 2011/09/01

読了 加藤則芳著「メインの森をめざして~アパラチアントレイル3500キロを歩く」 2011/09/01

c0134193_2135472.jpg


7月初めに発売されたとき本屋さんに取り寄せを頼んでおいたのですが、先に夏山特集の雑誌を読んだり、山に行ったり、なんやかやとあってつんどく状態だった600ページを越える大作、今日ようやく読み終えました。

今年初めに「ジョンミュアトレイル(JMT)を歩く」を読んでからすぐにこの本の出版のことを知り、是非読んでみようと思っていました。

著者は私と同じ年齢、当時はまだ病気だと分かっていなかったようですが、JMTを歩いているときも筋萎縮という不治の病にかかりかけていて、このアパラチアントレイルを歩いている間もその症状に悩まされながら全行程を歩ききった、感動の記録です。

今日も出勤の電車で読んでいたのですが、感動の嵐、気持ちが高ぶってここで読むのではなかったかなぁ、と思うくらいでした。

自分では行けないけれど、行ったように思えるくらい臨場感あふれる素晴らしい内容でした。
[PR]

by jj3bhn | 2011-09-01 21:05 | | Trackback | Comments(4)