日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 29日

やっぱり、いや、さすが・・・の氷ノ山 2011/10/29(土) 2名快晴後曇

やっぱり、いや、さすが・・・の氷ノ山 2011/10/29(土) 2名快晴後曇

今年も何とか行ける事になった氷ノ山、期待は大きかっただけに、表題のような複雑な今年の紅葉でした。
(岳人11月号に梶山さんの定番記事が出ていました。この記事の取材日前日に同じルートを歩いていました。)

c0134193_19132936.jpg

いつ来てもこの紅葉のトンネルは凄い、定番の東尾根で。

c0134193_19211282.jpg

05:30 自宅 → 播但道 → 県道70号
07:30 福定親水公園 08:00
08:10 まど登山口   08:16
08:40 東尾根避難小屋 08:45
10:03 神大ヒュッテ
10:32 山頂 昼食 11:08
11:19 こしき岩
11:31 仙谷口
12:00 氷ノ山越え
12:36 崩落箇所
12:47 地蔵堂
13:11 布滝
13:24 福定親水公園 → まど
万灯の湯 → 播但道 → 17:00自宅

c0134193_19182441.jpg

尚、氷ノ山越えから福定親水公園までの下り登山道、地蔵堂の少し手前で崩落箇所があって、
迂回路が設定されています。
良くこんな道をつけたと思うような急で狭い道ですので、通過の際は気をつけてください。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-10-29 21:15 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 28日

追記完了しました。 比良の奥深さと紅葉探訪、堂満岳・コヤマノ岳・武奈ヶ岳

比良の奥深さと紅葉探訪、堂満岳・コヤマノ岳・武奈ヶ岳
 2011/10/28(金) 単独(一部先行の方の案内)快晴

鳳凰三山の計画があって休みにしていたので、快晴に誘われて出かけることにしました。

c0134193_955036.jpg

西南稜下りから紅葉の武奈ヶ岳を振り返り見るとこんな感じでした。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-10-28 21:51 | 山歩き | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 10日

天滝へ、快晴、紅葉も少しありました。 2011/10/10(月) 2名

天滝へ、快晴、紅葉も少しありました。 2011/10/10(月) 2名

X(アマチュア無線の慣用語で家内のことです)がたまたま予定がなくなったのと、紅葉にはまだ少し早そうなので、
氷ノ山に行くのにはちょっとしんどい、でも天気は悪くなさそうだし、それでは未だ行ったことがない天滝に行って
みようかと、急遽出かけることにしました。

そうそう、以前何とかバンバンというTV番組で板東英二がこの滝に行ったのを見たことがあって、それも理由の一つでしょうか。

播但自動車道で朝来まで行き、そこから県道70号、氷ノ山に行くのと同じルートを辿り、約2時間で天滝公園Pに到着、
早速歩き始めます。良く整備された登山道で、途中で写真を撮りながら、約40分で滝に到着。
優美な滝で、本当に天から降ってくるようなきれいな姿、水量もあって、横に回ると水しぶきがほとばしるように見え、
絵に描いたようでした。

写真を何枚か。

c0134193_21414971.jpg

c0134193_21423928.jpg

c0134193_21432761.jpg

c0134193_21442119.jpg

c0134193_2145292.jpg

滝からの帰りに、天滝が見える里の寺がありました。
地元のおっちゃんに、朝こんと逆光で見えへんで、と言われてしまいました。
微かに白い筋が見えるでしょうか。
c0134193_2146011.jpg

なかなかの滝で、紅葉真っ盛りの頃にまた行ってみたいと感じて帰ってきました。
[PR]

by jj3bhn | 2011-10-10 21:17 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 09日

#2 展望の木曾駒ヶ岳と宝剣岳高所恐怖症ツアー 2011/10/07(金)~08(土) 2名

#2 展望の木曾駒ヶ岳と宝剣岳高所恐怖症ツアー 2011/10/07(金)~08(土) 2名

前夜夕食後、石油ストーブのそばで皆さんと話が弾み、横浜からの単独の方のコース指導??!!も・・・、
そして更に、その方と一緒に行くことになってしまうと言うハプニングも。
いつのまにか19時になったので布団に入ったら、そのまま寝てしまいました。

2時頃に起きて外に出ると真っ赤な月が西に沈みかけていて、下界は木曽福島辺りでしょうか、街の灯りが微かに見えています。
空を見上げると満天に近い星が落ちてきそう、と言い古された表現ですが、でも言い当たっていました。
写真も撮りましたが、残念ながら私のカメラでは真っ黒にしか写っていませんでした。

食事は4時半から、そそくさと食べ終わって日の出前に小屋を出発、期待していた山頂からの日の出を見に行きます。
日の出は5:43でしたが、雲の加減でしょうか、やや遅れて甲斐駒の横から第一閃が輝いて出てきました。
大雲海の向こう、甲斐駒の稜線が雲海に沈む辺りから朱の光が射し込む、この荘厳な風景は、多分いつも同じなんでしょうけれど
でも何度見ても思わず身震いしていまいます。
そして、今日もこの風景を見られたことにとても感激してしまいます。

c0134193_9285192.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-10-09 09:13 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 08日

#1 展望の木曾駒ヶ岳と宝剣岳高所恐怖症ツアー 2011/10/07(金)~08(土) 2名

#1 展望の木曾駒ヶ岳と宝剣岳高所恐怖症ツアー 2011/10/07(金)~08(土) 2名

秋分の日に行った白馬・清水尾根で呆けていて、10/7(金)が(何故か)会社休日で4連休、天気予報も上々、
山の計画を立てていないのに気がついて、紅葉の季節に山に行かないで良いわけがないと、変な言い訳をして
大慌てで行き先を探したのが事の始まりでした。

さて、紅葉、展望、日帰りは辛いのでせめて一泊、交通の便がいいところ・・・、単独?など、いろいろ思いを巡らしますが、
名案はなく、最終的に塚ちゃんの車に乗せて貰って木曽駒一泊と言うことにしました。

今まで二回、明石から日帰りしかしたことがないので、山頂からの日の出には大いに期待、更に紅葉の真っ最中なら
どんなに凄い景色が見られるかと、行く前から山歩きの姿を思い浮かべていました。

千畳敷からの宝剣岳・八丁坂方面
c0134193_912192.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-10-08 21:41 | 山歩き | Trackback | Comments(3)
2011年 10月 01日

六甲も急速に秋の気配 2011/10/01(土) 快晴 4名

六甲も急速に秋の気配 2011/10/01(土) 快晴 4名

先週、白馬岳で猛吹雪に遭ったので、六甲も秋の気配が少しは出てきたのでは、と秋探しに出かけました。
先ずはこの青空、秋の透き通った空に、同行の皆さんも少しハイになってきました。
c0134193_21104134.jpg


今日のルートは一部現場あわせもありますが、大体は住吉道→ととや道→筆屋道、そして有馬温泉と、
のんびりコースです。

06:50 住吉駅 発
07:15 白鶴美術館 トップの写真がその白鶴美術館です。
08:00 五助堰堤
08:15 その上部の水場
08:26 住吉川の大岩 08:30
08:50 西おたふく山分岐 → 森林管理道
09:25 本庄橋跡
10:08 一軒茶屋
10:17 六甲最高峰  昼食休憩 11:00
11:48 筆屋道分岐
12:37 瑞宝寺
13:00 有馬温泉金の湯
13:39 神鉄有馬温泉駅発

c0134193_21114598.jpg

c0134193_21121984.jpg

いつもの年なら素晴らしい紅葉になる五助堰堤下のサクラ、今年は猛暑でかなりの葉っぱがすでに散っています。
それでも残った葉っぱはこの程度紅葉しています。同じ木の葉っぱです。違う方向から写しました。

c0134193_21134553.jpg

紅葉ではありませんが、住吉川の大岩、ちょっとアドベンチャラスで楽しい場所です。

七曲でようやく見つけました。ツルニンジン、始めてみました。続いてツルリンドウ。
c0134193_21142579.jpg

c0134193_21151870.jpg


最高峰の草原にはノコンギクとススキが咲き乱れていました。
c0134193_21161336.jpg

c0134193_21164772.jpg


昼食休憩後、ととや道に入ってしばらく行ったところで紅葉を見つけました。
c0134193_21174484.jpg

コウヤボウキ
c0134193_21182579.jpg

ピンぼけですが、見事だったので・・・・。
c0134193_21185016.jpg


瑞宝寺はまだ殆ど紅葉していませんでしたが、ごく一部の紅葉はきれいでした。
c0134193_2165643.jpg

c0134193_21211540.jpg

[PR]

by jj3bhn | 2011-10-01 19:09 | 山歩き | Trackback | Comments(0)