<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

2011年のまとめ(山歩) 取りあえず文のみ

2011年のまとめ(山歩)

今年はこの大景観から始まり、幸先良いと楽しみにしていました。
豪雪の上がった後に行ったので、立山山麓瀬戸蔵山から弥陀ヶ原・立山を飽きずに眺めていました。
c0134193_20534298.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2011-12-31 19:05 | 山歩き | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 18日

聴衆も体力要ります、第九他3時間コンサート 2011/12/18(日) @ザ・シンフォニーホール

12/17の土曜日は、NTT電話をケーブルテレビにまとめる工事があって、結局山には行けず、庭の落ち葉集めなどで一日つぶれてしまいました。

翌12/18(日)は、楽しみにしていた掲題のコンサートでした。

第九 de クリスマス
[指揮]延原武春
[ソプラノ]六車智香
[アルト]中村勢津子
[テノール]井場謙一
[バス]篠部信宏
[チェンバロ]中野振一郎
[メゾ・ソプラノ]泉由香
[フルート]森本英希
[ヴァイオリン]浅井咲乃
[ヴィオラ]姜隆光
[チェロ]曽田健
[管弦楽]テレマン室内オーケストラ
[合唱]テレマン室内合唱団

日時 2011年12月18日(日) 14:00 開演 13:00開場
会場 ザ・シンフォニーホール
プログラム 【第1部】100人の第九
ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱付」

【第2部】テレマンのクリスマス
J.S.バッハ:組曲 第3番より 序曲、アリア(G線上のアリア)
J.C.バッハ:チェンバロ・ソナタ op.17-2 より 第1・2楽章 [中野]
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番より プレリュード [曽田]
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番より ガヴォット [浅井]
フォーレ:シチリアーノ[森本]
フォーレ:夢のあとに [泉]
モーツァルト:協奏交響曲 K.364 より 第2楽章 [浅井&姜]
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
J.S.バッハ:カンタータ 第80番「われらが神はかたき砦」より 第1曲
クリスマス・キャロル:「もろびとこぞりて」「神の御子は今宵しも」
前半は初演当時のスタイルを再現した「100人の第九」。後半はクリスマス気分を盛り上げる名曲の数々が登場!贅沢で優雅なひと時をお楽しみください。

久しぶりにプロだけの第九で、とても充実していました。
最近は第九だけのコンサートも多いのですが、このプログラムのように第二部もとても素晴らしいもので、たっぷり音楽を楽しんできました。

終演は17時、3時間はとてもとても長い時間で、演奏する人たちも体力が要りますが、聴く方も体力が要ります。

ザ・シンフォニーホールも久しぶりだったし、いろんな意味で楽しい一日でした。たまには甲州(山梨→山無し)の週末もいいものです。
[PR]

by jj3bhn | 2011-12-18 21:51 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 06日

読了 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」 小澤征爾X村上春樹 

読了 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」 小澤征爾X村上春樹 

c0134193_2134252.jpg


今朝、大阪駅到着寸前に読了、とてもほんわかした気持ちになりました。
小澤さんの話にぐいぐい押していくような力が入っていなくて。、とてもゆったりした心地よさです。
昔話を自慢げに話をするのではなく、臨場感あふれる、その場にいて横から見ているようなそんな話しぶりでした。
聞き手の村上春樹さんも、嫌みが無くて小澤さんからいろんな話を上手に引き出しています。

もう一つは、話に出てくる音楽家の名前が殆ど全部聴いたことがある人たちで、懐かしさもあったかも知れません。
今の若い人たちには分からない音楽家が多いかも知れません。


その他、いろんな事を順不同で。

・村上春樹という人と村上龍の区別が付いていませんでした。ですから、村上春樹さんのことについては何も知りませんでした。
 それで調べてみたら、村上春樹さんは、私と誕生日が一日違いでした。いろんな意味でショック・・・・。

・たまたま発売日に本屋さんにたくさん平積みしてあって、まず小澤さんの名前が目に付き、それから中をぱらぱら拾い読みしたら、
 たまたまグレン・グールドのことが書いてあったので、すぐに買うことにしました。

・小澤さんの「音楽武者修行」という本は、学生時代に読んでいました。
 中に出てくる逸話は、テレビでドキュメンタリーとして見ていたものなどで、少しだけですが、知っているものもありましたが、
 初めてのものの方がたくさんあって、とても興味深く、そして音楽に対する考え方が何となく分かるような気がしました。

ひょっとしたら続きを書くかも知れませんが、とりとめないので、この辺で。
行き帰りにまた音楽三昧しようかな。
[PR]

by jj3bhn | 2011-12-06 21:45 | | Trackback | Comments(0)