日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

帰着第一報 雲一つあれば満点の唐松岳 2013/09/28-29 快晴 2名

帰着第一報 雲一つあれば満点の唐松岳 2013/09/28-29 快晴 2名

c0134193_17195581.jpg

待つことしばし、そよ風でもダメ、ようやく一瞬の静寂が到来、初めての景色に感激しました。
次に来るときは、白馬三山が雪を纏った、或いは雪渓の残っている山肌を入れたいですね。

28日は移動だけ。10:30自宅発→18:00道の駅白馬。倉下の湯。
29日日帰りで久しぶりの唐松岳でした。おびなたの湯。
30日01:05自宅着

c0134193_18504618.jpg

黒菱林道07:30→リフト2本→八方池山荘07:55→11:00唐松岳11:30→14:15八方池山荘14:30

c0134193_18552249.jpg

c0134193_1856541.jpg

c0134193_18571785.jpg

扇雪渓、中央は四阿山、右奥は奥秩父方面

c0134193_19145819.jpg

左八ヶ岳編笠山と、右美ヶ原のタワー群の間には富士山も頭をのぞかせています。

c0134193_18584832.jpg

c0134193_18595823.jpg

丸山ケルン

c0134193_1925332.jpg

不帰三峰

c0134193_1942889.jpg

立山・剱岳

c0134193_197212.jpg

c0134193_1992618.jpg

雲一つない快晴で、途中で出会った写真家の方が「雲一つあれば完璧」と。
展望も良く、紅葉も良い色になりかけていました。
人気の山で山頂はたくさんの登山者であふれていました。

c0134193_1911284.jpg

帰路の八方池では念願の雲も少し出てくれました。

詳細は後ほど。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-30 17:35 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 23日

大久保~加古川右岸道・権現湖一周 2013/09/22(日) 快晴 57.7km 3時間20分 

大久保~加古川右岸道・権現湖一周 2013/09/22(日) 快晴 57.7km 3時間20分

c0134193_14224070.jpg

前回は5/6,GIANTを買ったばかりの時でよく分からずに出かけましたが、今回はのんびりと写真を撮りながらのサイクリングでした。
ルートラボの動画版がうまく貼り付けられませんので、とりあえず固定画面を。
そのあとに動画版へのリンクのURLをつけてありますので、時間がありましたらそちらで確認してみてください。



動画版へのリンクです。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4fd8265294e37b3455607f8fe86a8332

c0134193_16563484.jpg

出がけにカメラを取りに戻ったり、またまた水を取りに戻ったりでちょっと時間をロスしましたが、その後は何とか順調にヒラキ前から天満大池を渡り、加古川を渡る水管橋へ。

c0134193_1712875.jpg

c0134193_1711048.jpg

ここからだと当然ですが、高御位山が近い。

c0134193_1741658.jpg

加古川の支流、西川、権現川の右岸につけられた自転車道を行くとまもなく正面に権現ダムのロックフィル堰堤が見えてきます。その下はグランドになっていて、野球の試合の真っ最中でした。

行きは右手の自転車道をつづら折れで上っていきます。上り詰めたところがトップの写真の場所です。

c0134193_17204138.jpg

c0134193_17213298.jpg

切り立った崖に道を切っている道路はうねうねしていて、紅葉が始まったばかりの桜の並木がきれいです。

c0134193_17235696.jpg

山陽自動車道を走る車が見えるようになると、正面に小野アルプスの紅山が見えてきました。

c0134193_17275355.jpg

以前撮った画像で、横から見ても斜度は相当なものです。

前回は右岸道の終点の志方東公園まで行ってUターンしたのですが、今回は権現湖を一周しました。
ただ、残り半分は自動車も通る普通の道路で、全くおもしろくありませんでした。
やはりUターンしてのんびり行くのが良いようです。
                                               完
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-23 14:22 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 21日

台風18号で様相一変の白石谷を下る@六甲 2013/09/21(土) 快晴 2名

台風18号で様相一変の白石谷を下る@六甲 2013/09/21(土) 快晴 2名

c0134193_19195697.jpg

先週の台風で折角の鳳凰三山をふいにした塚ちゃんと二人で、久しぶりの六甲へ。
七曲り山頂間近で見つけた紅葉です。ここまで紅くなっているとは思っていませんでした。

c0134193_1092791.jpg

紅いラインは9/14に行った観音山のルートです。
今回はちょっと分かりづらいのですが、黄色のラインで、下→上へ。
JR住吉駅08:30→住吉道→七曲→11:30六甲最高峰・昼食(ここまで波長一般コースです)12:30→
白石谷(ただでさえきついのに、台風で様相が一変し、緊張の連続でした)→14:30有馬温泉・銀の湯→
15:09有馬温泉駅

c0134193_17125937.jpg

白鶴美術館、落合橋から住吉谷に入ってすぐ、右下の川にあった(元々一部が崩れていた)堰堤は跡形も無くなっていました。
そして、五助堰堤の上にある湿地帯から登山道に入る流れに架かっていた橋もこの状態、川幅が広がっていたので、何とか残っていただけでも助かりました。

c0134193_18363520.jpg

勢いよく水が出ていた五助水場から右岸道への分岐(標識が取り替えられていました)を過ぎ、次の右岸への分岐にある大岩の所に誰かがかけた二本橋も完全に無くなり、渡るには少し距離が広すぎて元に戻りました。

c0134193_18384051.jpg

これは今年4/20の画像です。

c0134193_18465868.jpg

まだ少し早いのでしょうか、やっと見つけたヤマジのホトトギス、この後もほんの少し見ただけでした。
七曲では林道も期待していたのですが、まるで見つけられませんでした。

c0134193_18503653.jpg

c0134193_1851917.jpg

雨ヶ峠への分岐付近のサクラは少し紅葉していました。すでに散っている葉も多く、今年の異常な秋は紅葉を楽しませてくれるかちょっと心配になりました。

本庄橋跡で少し休憩をして、七曲を順調に登ります。ほぼ登り切った辺りでトップの真っ赤な紅葉に出会いました。

c0134193_1855349.jpg

一軒茶屋にはたくさんの人がいました。登山・ハイキング・ドライブ・サイクリング・モーターバイクツアー・・・・・。
山頂広場のススキはもう満開、季節は確実に進んでいるのを感じました。

c0134193_1921539.jpg

山頂の特別席でうどんを作っていると、そこは指定席だというご婦人がいらっしゃいました。
皆さん自分の好みの場所があるようですね、と言うことですぐ横に座って食事を始めておられました。

最高峰の標柱が新しくなっていました。以前のものは段々根元が腐り始めていたので、ちょうど良いタイミングだったようです。

c0134193_1919627.jpg

ととや道を少し下り、白石谷ルートに入ります。入り口には熟練者コースと書いてあります。
しばらくは足元のササを踏み分けながら巻き道を行きます。千頭の塚ちゃんは蜘蛛の巣払いの枝を振りながら行きます。どうも今日行った人はまだいないようです。
かすかな尾根筋を登る踏み跡(この踏み跡も一度サーチしよう)を越えると、突然ガケを急降下します。
台風の影響は無いようです。その先の狭くなった尾根も崩れてはいませんが、その先の急な尾根を下りきった河原に下りて倒木のひどさにびっくりしました。

一瞬戻ろうかと思うくらいでしたが、何とか倒木の枝を登ったりくぐったり流れにはまりそうになったり・・・・、と汗だくになりました。
更に更に、堰堤のところでその上に出る斜面が見えません。今年1月の大雪で倒れたときと同じかそれ以上の倒木です。ここも何とか枝をつかんでよじ登りました。もうここまで来たら戻れませんし、戻りたくもありません。

堰堤の基部まで急斜面を下ります。ここは特に問題はありませんでした。
そして大安相滝を見下ろすトラバース道に入りましたが、ここは新たに崩れたところは少しだけで、1月に崩れた倒木の下をくぐり抜けるところが一番難所でした。

そして固定ロープがある岩壁の所までようやく来ました。画像の水が出ている左がその岩壁です。
さて下りようとすると誰かが登ってきました。御年75歳くらいでしょうか、革の登山靴が濡れています。単独でここまで来られたと言うことは我々は何とか下に下りることが出来ると言うことで、ちょっとホッとしました。

道が以前通り通れないので、ずいぶん苦労したと言うことでした。
その意味は実はすぐに分かりました。岩壁はすぐに下ったのですが、その下は白龍滝のところで、以前は急斜面に岩くずが積み重なっていて落石に注意すればスイスイだったのですが・・・・、何と、その岩くずは豪雨だったのでしょうか全部無くなっていて土台の岩盤だけになっていて、おまけに水量が多く岩くずの下を通っていた水が滝状になっているのでした。

それでも手をかけると剥離してくるもろい岩盤をつかみながら、何とか5mほどを下ると、

c0134193_1954333.jpg

やっと白龍滝です。
ここも水量が豊富で、どうどうと流れていました。

この先も白石滝まで、倒木と水流変化で結構緊張しながらの川下りになりましたが、何とか白石滝に着けました。

でも安心するのはまだ早く、モミジ谷道と合流したあと、堰堤で水が止められ水かさが増したときに貯まった泥の上を歩かなければならない、靴はどろどろになり、という苦難が待っていました。

それでも、銀の湯でさっぱりして、きつかったけれど初秋を感じられた六甲を楽しんできました。
                                                     完
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-21 21:00 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 18日

秋近し 2013/09/18(水) 金が﨑公園・明石海岸サイクリングロード

秋近し 2013/09/18(水) 金が﨑公園・明石海岸サイクリングロード

c0134193_21233519.jpg

台風18号が行った後、朝の気温が少し下がったせいでしょうか、毎朝のウォーキングで眺める桜並木@金が﨑公園@明石市が少し色づいてきたようです。

c0134193_9242748.jpg

地面には台風の強い風で落とされたドングリがたくさん。

c0134193_926683.jpg

ススキの根元にはいつもより約2週間遅れでようやくナンバンギセルがちらほら咲いてきました。

c0134193_9291981.jpg

春の花のはずなのに、どういうわけか八重のヤマブキがたくさん花をつけています。

c0134193_9323677.jpg

海岸に出ると、久しぶりに遠くが見えました、加古川・高砂市の高御位山304mです。

c0134193_934929.jpg

あぜ道にはいつの間にか彼岸花がたくさん咲いています。
いつの間にか秋、どんな紅葉を見に行けるか、またまた紅葉探しに忙しい秋になりそうです。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-18 21:23 | ご近所歩き | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 17日

山梨紀行#2 山の達人@甘利山グリーンロッジ 2013/09/14の夜話

山梨紀行#2 山の達人@甘利山グリーンロッジ 2013/09/14の夜話

c0134193_15305764.jpg

甘利山グリーンロッジ玄関の様子です。
とても山の中のロッジとは思えないきれいな玄関で、亥ノやんの牙が靴べら掛けになっているなんて、とても和やかな雰囲気ですね。
見学自由で、このすぐ右にお茶、コーヒーなどが用意してあって、ロビーで自由に飲めるようになっています。

今回の山梨行きで私の存じ上げない方がお一人ご一緒することになっていました。その方が、この素晴らしい環境を立ち上げてこられた初代の管理人さん(お名前の頭文字をとってIさんとしましょう)で、一緒に食事をしながらお聞きした内容はとても素晴らしいものでしたので、ここに一端をご紹介したいと思います。

c0134193_15403949.jpg

このロッジは食事はついていません。自炊です。調理道具などの設備は、1650mの高さにあるにもかかわらず豊富な沢水、強力なガス器具などすべてが整っています。
今回は地元の山男であるSさんの計らいで山梨名物ほうとう、生姜焼きなど食べきれないくらいの料理を作って頂きました。

c0134193_15443531.jpg

美味しいほうとうがこんなにたくさん、我々6名でこの半分を平らげ、残りはもう一組のパーティーに食べて頂きました。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-17 15:46 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 16日

山梨紀行#1 甘利山・奧甘利山・千頭星山@韮崎市 2013/09/14曇 単独

山梨紀行#1 甘利山・奧甘利山・千頭星山@韮崎市 2013/09/14曇 単独(塚ちゃんは台風のため断念、
無線ミーティングは全6名)

c0134193_635288.jpg

千頭星山@韮崎市、9/14の(多分)最後の登山者になりました。

c0134193_8572010.jpg

神奈川在住の頃会社関係から広がった無線のつながりで、9/14(土)に甘利山グリーンロッジに泊まり込んでミーティング、その翌日から地元山梨の方の案内で鳳凰三山に行く予定でしたが、18号台風が接近しているので、今回は甘利山・奧甘利山・千頭星山のみとしました。

明石自宅05:15→第二神明→阪神高速→名神→東名→小牧JNC渋滞20分→中央駒ヶ岳SA10:40→12:00韮崎→甘利山林道→12:54甘利山グリーンロッジ
台風が来ているとは言え、まだ雨も降っていない3連休初日で、吹田JNCを過ぎると車の量は多め、SAはアプローチから停滞していたので入らず、途中休憩はPAでのトイレ休憩のみ、それでも8時間弱の所要時間でした。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-16 06:36 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 15日

帰着速報 甘利山グリーンロッジ@韮崎市 2013/09/14曇-15時折豪雨 6名(山は単独)

帰着速報 甘利山グリーンロッジ@韮崎市 2013/09/14曇-15時折豪雨 6名(山は単独)

詳細は明日にでも。

c0134193_22163337.jpg

深山幽谷、サルオガセも一役買っています。
そこに台風の余波でしょうか、ガスがかかってきて、一層趣が深まりました。

c0134193_2224287.jpg

本日はここまで、本当はここから苺平までが核心なんだそうです。
次には行ってみたいところです。

9/14(土)、甘利山グリーンロッジに泊まり、翌日鳳凰三山に行く予定でしたが、18号台風が接近しているので今回は甘利山・奧甘利山・千頭星山のみとなりました。
それでもさすがに南アルプスの2000m峰、奥深い森や針葉樹の香りなど、とても充実した山行きでした。

c0134193_2226995.jpg

甲府方面の夜景、晴れていれば富士山も見えるそうです。

14日の夜は無線の世界と山の世界が渾然一体となった一夜で、旧交を温め、美味しい料理を頂き、こちらもとても楽しいひとときでした。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-15 21:29 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 09日

電車からとはひと味違う海岸風景 明石自宅~須磨(往復50km/3時間)2013/09/08,09 快晴

電車からとはひと味違う海岸風景 明石自宅~須磨(往復50km/3時間)2013/09/08,09 快晴

c0134193_17205987.jpg

9/08(日) 明石海岸サイクリングロード 24km
久しぶりに晴れて、自転車で走りに行くことにしました。
我が家から海側に回り、急坂の始まり付近からの景色、小豆島が雲海を纏っていました。
まだ一度も行ったことが無いので、いつの日にか行ってみたい山です。

c0134193_17332638.jpg

視界全体はこのように箱庭的な景色が広がっています。

c0134193_18412928.jpg

ここから急坂を下って国道2号線に出て、JR山陽本線は踏切、明姫幹線R250号はアンダーパス、山陽電車は踏切を渡り、江井ヶ島の海岸までは約10分です。
この画像は明姫幹線手前から下ってきた金ヶ崎の丘を振り返ったものです。我が家は水道の配水タンクのそばです。

c0134193_18394322.jpg

海岸に出ました。向こうは淡路島、ここの一周にも行ってみたい。

c0134193_18434177.jpg

c0134193_1844594.jpg

大型船から漁船、モーターボート、サーフィンボードまで、いろんな種類が見えます。
ヨットはほとんど見かけません。

普段は海岸サイクリングロードが林崎漁港の手前までで終わるので、ここまでの往復約21kmを1.5~2時間で走ることにしています。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-09 19:12 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 07日

大展望、低山侮るべからず 観音山・ゴロゴロ岳@西宮市 2013/09/06 晴 単独

大展望、低山侮るべからず 観音山・ゴロゴロ岳@西宮市 2013/09/06 晴 単独

c0134193_8511945.jpg

大阪平野の大展望@観音山パノラマコース途中の岩峰

六甲最高峰からよりも大展望かも知れません。
この日だけ天気が良いという天気誤報を信じて行って大正解でした。
この日ばかりは、「天気誤報」と言ったのは誤報でした。

c0134193_106145.jpg

c0134193_10151610.jpg

早朝の公園散歩とラジオ体操、朝食などを済ましてからのハイキング行きは一年の内でも滅多に無いことで、
いつもの山行きなら初発の快速ですが、今日はのんびりと普段見られない列車の通過を写せました。
夏休みの間は3+3=6両ですが、9月に入ると3両だけの特急「はまかぜ」です。
ヘッダーには「天空の城へ 竹田城跡」をつけて、臨時停車だったのが常時停車に変わったことを宣伝しています。

c0134193_12533975.jpg

以前からこの周辺は気になっていました。特にヤマケイの記事で観音山が出てからは。
それで、今回時間的に遅い出発だったので、ここに行くことにしました。
起点は阪急甲陽園駅、終点も阪急甲陽園と思っていましたが、実際には

c0134193_1257125.jpg

ここ、甲陽園駅からすぐのツマガリ本店になってしまいました。
何と、二階の「カフェ かぶとやま」でツマガリさんのシュークリームとダンケのバターコーヒーで締めをしました。

     カンノウジ ジュウリンジ
左回りで神呪寺、鷲林寺、観音山、ゴロゴロ岳、かつての六甲最高峰への国道一号、今はほとんど通る人もいない苦楽園尾根を回って越木岩神社、甲陽園駅までを、ぐるっと一回りしました。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-07 10:37 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 06日

仕舞い支度の夏、久しぶりの晴れの海 2013/09/05(木) 晴風強い

一つ前からの続き 仕舞い支度の夏、久しぶりの晴れの海 2013/09/05(木) 晴風強い

c0134193_20523611.jpg

遊泳エリアを示す浮も取り払われ、夏が終わってしまった林崎海岸海水浴場@明石。

c0134193_20574333.jpg

台風の雨も止んで、6時半からのラジオ体操にもたくさんの方が出席です。
大汗をかいたのでシャワーが気持ちよかった。
朝食後、久しぶりに海岸サイクリングロードに走りに行きました。

台風一過とまではいかないまでもそれなりに晴、でも風はきつくて追い風の東行きは40km/h、帰りの西行きは20km/hが精一杯でした。

c0134193_212425.jpg

c0134193_2132431.jpg

海の家は解体中、安全確保用の浮も水洗い中です。

c0134193_215391.jpg

c0134193_2163093.jpg

淡路島は勿論、小豆島もくっきり見える方でしょうか。

c0134193_219465.jpg

c0134193_21142327.jpg

稲もすっかり色づき、このままであれば豊作?!間違いなし。
我が家は「あかし」サインの水道配水用円筒柱の近くです。
[PR]

by jj3bhn | 2013-09-06 21:19 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)