日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

20140226(水)#12 戸倉峠→氷ノ山三の丸→殿下コース、地獄の取り付き・下山、天国の雪景色・稜線漫歩 快晴後薄曇 10名

20140226(水)#12 戸倉峠→氷ノ山三の丸→殿下コース、地獄の取り付き・下山、天国の雪景色・稜線漫歩 快晴後薄曇 10名
23日にアマチュア無線クラブの総会@三木市で、27日に氷ノ山方面に行く話があり、その場で同行をお願いしました。ところが天気予報は27日は雨、前日の26日は快晴と出ています。
リーダーの素早い決断で早速26日に変更、激登り・激下りと天国の雪景色・稜線漫歩を楽しんできました。
c0134193_13321833.jpg
 

伯耆大山from氷ノ山三の丸
c0134193_09252799.jpg
自宅05:20→自転車→05:45大久保IC05:55→mxf号同乗→加古川バイパス・播但道・中国道→山崎IC07:00→R29号→08:00戸倉峠P、下山地ヤマメ茶屋付近に車回送。
戸倉峠P08:30→08:43取り付き・ワカン装着08:50→12:05三の丸避難小屋・写真・昼食12:50→坂の谷分岐13:04→殿下コース→広域林道出合い(冬期通行止め)13:30→ヤマメ茶屋徒渉点15:38→国道15:50→16:00お茶会16:20→帰路(逆ルート)19:00
c0134193_09494261.jpg
午前中は大快晴、R29の新戸倉トンネルを横目に旧道から鳥取・兵庫の県境尾根を目指します。雪は凍ってもいないし、べたべたでもなく、ほどよい柔らかさで歩くのには楽な滑り出しです。
c0134193_09524601.jpg
日射しが強く、日向は暑いくらいです。国道の温度計は-6度でした。
c0134193_09541565.jpg
急登の狭い尾根に、こんなに立派な芦生杉が。

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-27 11:25 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 24日

2014/02/22(土)#11ソチ終わり梅に鶯コチ(東風)も吹き、岡本梅林→風吹き岩・八幡谷@神戸東灘区 晴 単独

2014/02/22(土)#11ソチ終わり梅に鶯コチ(東風)も吹き、岡本梅林→風吹き岩・八幡谷@神戸東灘区 晴 単独
前日に小野アルプスに行ったので、本来なら今日は山行きは休むのですが、家内が一日中出かけることになり、それではちょっと早いけれどいつものお気軽観梅に、と岡本公園に出かけることにしました。
c0134193_20462715.jpg
結構咲いていました@岡本公園
c0134193_21220962.jpg
横の池付近でまたまた道迷いしてしまいました。
何度行ってもよく分からないところです。
岡本公園の梅を何枚か載せます。保久良梅林はまだこれから、次に行ったときに写真を撮りたいと思っています。
c0134193_21240407.jpg
c0134193_21261043.jpg
c0134193_21265979.jpg
c0134193_21275833.jpg
昨日2/23までは冷たい北西風が強く吹いていましたが、今日になって気温は低いものの日射しが少し春のような感じになり、風も東風に変わりました。
ようやく春の雰囲気が感じられるようになってきました。           完
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-24 21:33 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 24日

2014/02/21(金)#10 真冬並みの風でも陽だまりは早春、小野アルプス@小野市 晴時々曇 8名

2014/02/21(金)#10 真冬並みの風でも陽だまりは早春、小野アルプス@小野市 晴時々曇 8名
ラジオ体操のときに一緒になるSさんから、仲間で小野アルプスに行くよ、と声をかけていただき、同行させてもらうことにしました。
c0134193_21365260.jpg
さあ、紅山@小野アルプスへ、ここを登りました。
c0134193_10563869.jpg
左が紅山、右が惣山、加古大池@加古郡稲美町からの遠望
c0134193_19210977.jpg
c0134193_10312623.jpg
自転車ルート[自宅@明石~登山口のゆぴか@小野市]2014/02/19(水)
事前確認のために行ったルートです。
c0134193_19213336.jpg
2014/02/21(金)当日の歩行ルート。
Sさんが車に乗って良いとの話で、帰りにゆぴかに入ることが出来るので、喜んで乗せて頂きました。Sさんの仲間は西宮・芦屋・垂水・播磨町から電車で来られます。
自宅08:00→金が﨑待合せ場所08:20→ゆぴかP[車をデポ]09:05→
[徒歩]→09:20JR加古川線市場駅09:35[一駅乗車]→同小野町駅09:38、
徒歩開始09:45→10:24鴨池10:30→紅山登山口10:50[紅山岩稜登り]
→11:18紅山11:30[山道下山道]→12:05展望台・昼食12:35→
惣山13:40→総山13:08→アザメ峠13:24→安場山13:58→
前山14:17→ゆぴか14:55[帰宅メンバーを市場駅まで案内往復]→
15:15ゆぴか[温泉入浴]16:00→16:40自宅
c0134193_10593224.jpg
登山口近くの鴨池への道は、田んぼの間を縫う要に続いています。
私以外はとある会社のOBで、皆さん久しぶりの再会で話が弾みます。
この日は、鴨池には白鳥も7羽来ていました。
c0134193_11031105.jpg
いよいよ本日のメインディッシュ、冒頭写真の紅山に登ります。斜面を登り始めましたが、斜度が急になる辺りから半分くらいの方は横にエスケープ、横から見るのとは大違いの険しさですから、無理をすることはありません。
c0134193_11072878.jpg
でも達者なSさんはこのとき既に山頂、私も明石海峡大橋を見ながら一息入れました。
下に見えるのは山陽自動車道権現池PA付近です。
c0134193_11102805.jpg
眼下に権現池、右奥に高御位山が見えていました。
c0134193_11121732.jpg
今登った斜面、奧のピークは惣山です。山頂に立っている女性は、皆さんあっけにとられている間に、上から見れば垂直に見えるこの斜面を平然と下っていきました。
c0134193_11135974.jpg
スキーのジャンプ台のようなきれいな斜面です。
c0134193_11141536.jpg
一カ所開けたところからは、雪雲がかかり始めた笠形山がきれいでした。
千が峰は雪雲に覆われて見えませんでした。
この後は展望のないアップダウンを繰り返しながらゆぴかに到着、丁度1時間に1本しかない電車に間に合いそうなので、帰る皆さんを市場駅まで案内後、Sさんと二人でゆっくり温泉に浸かってから帰宅、楽しい一日を過ごせました。               完
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-24 11:23 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 17日

2014/02/17(月) 大雪が去ったと思ったら早速初鶯に梅の花が 金が﨑公園&石が谷公園@明石市

2014/02/17(月) 大雪が去ったと思ったら早速初鶯に梅の花が 金が﨑公園&石が谷公園@明石市
全国的には大雪で大混乱が続いていますが、幸いにも明石では今日ばかりはちょっと春を思わせる日射しでした。
c0134193_18391751.jpg
金が﨑公園での早朝ウォーキングとラジオ体操を終わって帰りに、初鴬の鳴き声を皆さんと確認、「まだちょっとへたくそやねぇ」と自然に笑みがこぼれました。
そして紅白二本ある梅の内、紅梅に花がたくさん咲いていました。
寒くても暑くても、自然は着実に進んでいくようです。
c0134193_18440130.jpg
500mほど離れたところにある白梅も咲いているかと見に行くと、こちらは咲いていました。
c0134193_18460676.jpg
午後から自転車で出かける行き先を石が谷公園にしました。
梅便りにもエントリーされている梅林があって、今日の情報では「ちらほら咲き」になっています。
紅梅が何本か咲いていましたが、それよりも馬を放牧している方に目が行ってしまいました。全部で3頭、また、公園内の乗馬クラブでは、乗馬を楽しんでている方もいました。
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-17 18:51 | ご近所歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 16日

2014/02/15(土)#9 こんな六甲は初めて、危うくラッセル敗退 小雪強風 単独

2014/02/15(土)#9 有馬にも行けず、2001年から始めてこんな六甲は初めて、危うくラッセル敗退 小雪強風 単独
関東甲信など、全国的に記録的な大雪になったこの日、下界では小雨の中を六甲越えに行ってきました。でも、標題の通り、結局有馬には行けず、住吉道→西おたふく山→全山縦走路西向け→石切道と表側に戻ってきました。
c0134193_18460928.jpg

西おたふく山の霧氷
c0134193_10510013.jpg
住吉駅09:45→住吉道右岸→13:00西おたふく山→全山縦走路西向け→
13:37極楽茶屋跡→13:55凌雲台→14:03石切道15:12→
16:00住吉駅
c0134193_11095545.jpg
今朝の六甲山系@(昨日見えていなかった六甲を同じ場所)。こんなに白くなった山は見たことがありません。
早朝ウォーキングとラジオ体操の帰りにこの景色を見たら、遅い出発ですが行くしかありません。
c0134193_11160874.jpg
300mくらいから雪が出始め、400mを越えるとしっかりした雪質に変わり、先行者の跡をたどっていきます。二人のパーティーのようで、適度にショートカットされたルートから判断すると、このルートを歩き慣れている方のようです。

500mを越えると時に膝くらいまで沈みます。600m付近で余りの深さに足元の写真を撮って進み始めると、すぐ目の前でアイゼンを付けている二人がいました。
c0134193_12101999.jpg
ここから先はトレースがありません。一番深いところでは太ももが沈んでしまいます。
ストックは60cm以上埋もれてしまいました。このままどこかで戻らないといけなくなるのかなぁ、と一瞬敗退を覚悟するくらいでした。
(夜、寝ていて分かりましたが、筋肉疲労がいつもよりきつかったのは、このときのラッセルのせいだったようです)
c0134193_12115055.jpg
800mを少し越えて間もなく傾斜が緩やかになる手前で下山の方が来ました。
その踏み跡は歩幅が広すぎて余り助けにはなりませんでしたが。
秋には紅葉が素晴らしい林は、今日は真っ白の花が咲いたようです。
c0134193_12152804.jpg
ようやく西おたふくの作業林道に出ました。風が強烈で、その風に吹き付けられた雪が木々を真っ白にしていて、この場所の厳しさが伝わってきます。
c0134193_12183334.jpg
風の作った芸術作品
c0134193_12202215.jpg
c0134193_12211062.jpg
いつもなら谷の向こうの斜面がきれいに見えるところですが、猛烈な風と雪で今日ばかりはベールに包まれています。
c0134193_12233996.jpg
c0134193_12240773.jpg
ドライブウェイも大雪です。
雪に足を取られて時間がかなり経ってしまいました。風も強いので昼食もとる気がしません。
例によって昼抜き、そして温泉でゆっくり温もるつもりでしたが、帰りが遅くなってしまうので紅葉谷道には行かず、石切道から下ることにしました。
石切道も500mくらいまではしっかり雪がありましたが、そのころからごく弱い小雨模様になってきたので、写真も撮らずに住吉駅へ直行、途中元町で下車、買い物後帰宅しました。

六甲でカンジキが要るほどの雪は初めて、雪山六甲を満喫した一日でした。    完
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-16 12:33 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 14日

20140214(金)またまた雪国明石!?出現

20140214(金)またまた雪国明石!?出現
c0134193_17073305.jpg
未明から雪が降り始めたようで、早朝ウォーキングとラジオ体操を終え、朝食のあともう一度写真を撮りに金が﨑公園@明石市に行きました。
べちゃべちゃの雪ですが、一応積もっていて、何となく雪国の風情でした。
c0134193_17100452.jpg
雨でなければこの芝生広場でラジオ体操をするのですが、今朝もこの場所では出来ませんでした。
c0134193_17122267.jpg
我が家への戻り道、開けたところから六甲方面を見ましたが、六甲は雪雲に隠れていました。
明日2/15に雨でなければ久しぶりに住吉→六甲→有馬に行ってみようと思っていますが、さて、どんなことになるでしょうか。
七曲滝の入り口で滑落重傷事故が多発していると新聞記事に出ていました。
気をつけていきたいと思います。

------------------------------------
以下、先週土曜日の我が家の前の風景です。
------------------------------------
20140208(土)改めて見てみるとすごい雪だった、明日2/14もこんな風に?
先週の土曜日、直前に行った雪山で風邪を引いてとりあえず写真だけ撮っておいたのを改めてみてみました。
c0134193_16513697.jpg
c0134193_16531662.jpg
晴れていればこの坂の向こうに淡路島の江島灯台が見えるのですが、
この日はこんな雪景色でした。
1992年に転勤でここに住み始めてから、こんなに積もったのは2度目、
引っ越しの翌年、2/11に兵庫北部でさらさら雪のスキー場を楽しんで帰ってきたら、
何と明石もこのような雪景色で、スキーに行く必要が無かったと笑い転げて以来です。

天気予報では今晩遅くからまた雪とか、もう一度このような雪景色になるのでしょうか、
なって欲しくもあり、なって欲しくも無く、複雑な心境です。

[PR]

by jj3bhn | 2014-02-14 17:16 | ご近所歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 13日

写真コメント追記 2014/02/13(水)行方不明者(-1)部外者闖入(+1)で、人数は良し・・雌岡山・雄岡山@神戸市西区へ。晴後曇小雪ちらつく 21名

2014/02/13(水)行方不明者(-1)部外者闖入(+1)で、人数は良し・・雌岡山(めっこさん)・雄岡山(おっこさん)@神戸市西区へ。晴後曇小雪ちらつく 21名
c0134193_19111013.jpg
明石海峡、大橋を望む雄岡山山頂で昼食。
肉眼ではよく分からなかったのですが、このアップの写真だと、紀淡海峡、友が島もくっきり写っています。
西側の写真を撮らなかったのですが、肉眼でも四国がよく見えていました。
c0134193_20373758.jpg
自転車+ハイキングの全行程。
c0134193_20375663.jpg
ハイキング部分の拡大。最初の地図の右上の部分です。
金が﨑公園@明石市の早朝ウォーキングとラジオ体操に来ている方のお世話で、ハイキングに出かける計画があり、有志21名が参加、皆さんは神姫バスで、私は自転車で登山口近くの老の口バス停に集合。
c0134193_20440027.jpg
雌・雄何れも富士山のような優美な形です。こちらは雌岡山。
老いの口→山王神社→お茶山を経由して雌岡山へ。
c0134193_20461895.jpg
c0134193_20482448.jpg
山頂の神出(かんで)神社、先週末の雪がまだたくさん残っていました。
c0134193_20505915.jpg
山頂から姫石神社・裸石神社を経由してから雄岡山に行くことになり、一旦ふもとにおりてきました。
そこでちょっとしたハプニング、どなたかが人数を数えていたら一名足りません。
横に咲いていた花と同じ「狼狽・・・・・」、いや、この花は「ロウバイ」でした。

いろいろと調べたらやはり一名が行方不明。
でも、更に数えるとなんだか合っています。
よくよく確認してみると、一名が元々のメンバーではありません。
結局一名行方不明、ご家族に連絡して落着しました。
もう一人は本来のメンバーでは無く、単独の方が紛れこんでいました。
20名の団体は結局扱いきれないと悟りました。
c0134193_20590537.jpg
梅林の花はまだ咲いていません、ここのところの寒さで遅れているようです。
その後雄岡山に向かい山頂で食事、下山時に私だけ自転車のところに、他の皆さんは近くのバス停にはバスが来ないので、かなり遠いバス停まで歩くことになりました。
と言うわけで、皆さんとは雄岡山の山頂でお別れし、自転車で帰宅することにしました。 完
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-13 21:04 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 13日

20140208(土)改めて見てみるとすごい雪だった、明日2/14もこんな風に?

20140208(土)改めて見てみるとすごい雪だった、明日2/14もこんな風に?
先週の土曜日、直前に行った雪山で風邪を引いてとりあえず写真だけ撮っておいたのを改めてみてみました。
c0134193_16513697.jpg
c0134193_16531662.jpg
晴れていればこの坂の向こうに淡路島の江島灯台が見えるのですが、
この日はこんな雪景色でした。
1992年に転勤でここに住み始めてから、こんなに積もったのは2度目、
引っ越しの翌年、2/11に兵庫北部でさらさら雪のスキー場を楽しんで帰ってきたら、
何と明石もこのような雪景色で、スキーに行く必要が無かったと笑い転げて以来です。

天気予報では今晩遅くからまた雪とか、もう一度このような雪景色になるのでしょうか、
なって欲しくもあり、なって欲しくも無く、複雑な心境です。
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-13 17:00 | | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 06日

20140205(水)#7 たっぷり雪の蛇谷が峰には不達 雪 好日登山学校3+19名

20140205(水)#7 たっぷり雪の蛇谷が峰には不達 雪 好日登山学校3+19名
まだ行ったことがない蛇谷が峰、スノーシューで行くツアーに参加しました。
尤も、私はスノーシューではなく、「スーパーかんじき」という商品名のものを使っていきましたが。
c0134193_11162519.jpg
高島市の朽木いきものふれあいの里センターからスタートします。
昨晩から45cmの新たな積雪で、深いところでは膝上まで沈みます。
湿雪ではなくふかふかの新雪で、皆さんのテンションも上がります。
c0134193_18412808.jpg
スーパーかんじき。軽くてコンパクト、難点は外れやすい、凍った斜面では滑ることでしょうか。この日の雪と斜面なら全く問題はありませんでした。
c0134193_18314747.jpg
加古川駅07:20→中国・名神・湖西道路→滋賀途中→10:50朽木村いきものふれあいの里センター11:15→13:20折り返し地点(標高768m)→14:30いきものふれあいの里センター→18:20加古川駅
c0134193_18441882.jpg
湖西道路に入ってから周りは真っ白で道路も雪道でしたが、滋賀途中からトンネルを抜けると、本当に「雪国」でした。バスはゆっくりしか進めません。この時点で山頂登頂は無いと諦めました。
c0134193_18480804.jpg
c0134193_18474900.jpg
道の駅くつき新本陣にようやく到着、それまで降りしきっていた雪もほとんど降っていなくて、蛇谷が峰も見える位に展望が開けました。でも、この日はそんなに生やさしい天気では無く、この後も吹雪いたり止んだりたまに日の光が射したりとめまぐるしく変わる典型的な冬の状態のオンパレードでした。
c0134193_18520676.jpg
先ずは皆さんスノーシューの取り付け講習から始まりました。
私の方は適当に周辺探索、股下まで潜る深いところを探して遊んでいました。
c0134193_18543859.jpg
桂谷コースを行く予定でしたが、去年の二回の台風で登山道が崩落したので、尾根コースを行きます。林道から尾根に出るための階段道を皆さんわいわい言いながらと進みます。
12時頃、少しなだらかな広い場所で立ったまま昼食です。あとで聞くと、弁当箱を広げられなくて食べなかった方もかなりあったようです。
c0134193_19055765.jpg
強風雪で真っ白、身体もじんじん冷えてきます。気温は-4度でした。
c0134193_19064266.jpg
標高768m地点、踏み跡の無い中をラッセルしながらでは山頂まであと1時間位、戻り時間を考えるとこれ以上は無理と言うことで、風上側に風を遮る盛り上がりがあるところで少しホッとしながら雪庇の説明などを聞いて本日の最高地点とすることになりました。
c0134193_19062810.jpg
c0134193_19064266.jpg
c0134193_19065933.jpg
c0134193_19103100.jpg
木々の間から谷向こうの山の斜面が小止みになった雪の中から素晴らしい風景を見せてくれました。
c0134193_19110277.jpg
林道に出るまでの斜面は、登りでは苦労しましたが、下りはもう床を通っても良いわけですから、皆さん童心に帰って大はしゃぎであっという間に下山です。
そして、林道に出ると本の一瞬ですが何と太陽まで出てきて、雪景色が輝きました。

天空の温泉に入って帰りたかったのですが、時間も時間ですし、皆さんも不同意で残念ながら温泉はなしで、そのまま帰路につきました。
                              完
追加・・・・温泉に入らなくて正解でした。山中で寒かったせいか鼻風邪を引いたようです。湯冷めしていればもっとヒドいことになっていたかも知れません。

[PR]

by jj3bhn | 2014-02-06 19:26 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 02日

2014/02/01(土)#6 (登り)夏のような、雪たっぷりの武奈ヶ岳山頂は強冷風 快晴 単独

2014/02/01(土)#6 (登り)夏のような、雪たっぷりの武奈ヶ岳山頂は強冷風 快晴 単独
天気予報が明日は雨だと言うので、いくつかの候補から今年はまだ行っていない武奈ヶ岳に行くことにしました。
c0134193_18415924.jpg
昼過ぎに着いた山頂、何とか展望がありました。でも、こんなに見えているのに、白山はおろか、伊吹山すら見えませんでした。
青ガレからの急登、旧比良スキー場の急登、上から照りつける太陽で大汗をかいて登ってきたら、いつもと同じ真っ白な武奈ヶ岳と大勢の登山者が目に入りました。
霧氷はなかったけれど、雪の感触に大満足の武奈ヶ岳でした。
c0134193_07385824.jpg
      大久保    05:33
07:13 京都     07:26
08:08 比良     08:15
      イン谷口   08:52
      大山口    09:15
      青ガレ下   09:54
      金糞峠    10:23
      八雲ヶ原   11:10  
      スキー場トップ11:45
12:15 武奈ヶ岳   12:20 強風ですぐに下山
      八雲ヶ原   13:05
      金糞峠    13:45
      青ガレ下   14:06
      大山口    14:24
      イン谷口   14:39
15:10 比良     15:21
      大久保    17:23

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]

by jj3bhn | 2014-02-02 11:16 | 山歩き | Trackback | Comments(0)