<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 30日

2011/06/29(日)#32ササユリ@六甲 期待していなかった分感激大 曇たまに晴 3名

2011/06/29(日)#32ササユリ@六甲 期待していなかった分感激大 曇たまに晴 3名
天候が読めない梅雨時の週末、どうしようかと思案していたら、塚ちゃん夫妻から六甲にお誘いがあったので久しぶりに出かけました。
c0134193_11031604.jpg
六甲でササユリに出会ったのは、咲いている時期に歩いていないかも知れませんが、2008年以来です。終わりかけのようでしたが、それでもきれいなのが残っていてちょっと感激しました。
c0134193_11130968.jpg
以前は東六甲縦走路にはみ出していたり、西おたふく山付近などどこにでも咲いていたのですが、最近はとんと見なくなっていました。
掘り出して持ち帰っても枯れさせるだけ、咲いている場所で眺めるだけにして、何時までも残って欲しいと思うのは私だけではないと思います。
c0134193_11314425.jpg
アジサイを期待していきましたが、コアジサイは皆目出会わず、タマちゃん・姫ちゃんも少なくて、ととや道の下りで遠目に少し咲いているところがあったのが目立ったくらいでしょうか。
c0134193_11325994.jpg
c0134193_18314978.jpg
その目立ったガクアジサイは淡い水色で、素敵な姿をしていました。
c0134193_18342521.jpg
有馬稲荷で見つけたホタルブクロ
今日のルート
住吉駅08:40→住吉道→六甲最高峰(昼食)→ととや道→13:40有馬温泉金の湯
住吉駅・登山口に山に入る人が大勢いたので温泉は超満員かなと覚悟していきましたが、意外に空いていて拍子抜け(ホットしました)でした。
                              完

[PR]

by jj3bhn | 2014-06-30 18:39 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 19日

2014/06/19 灯台下暗し、こんなにすごいアジサイが@住吉神社/明石市魚住 &ウミガメ産卵地 by自転車 40km 快晴 単独

2014/06/19 灯台下暗し、こんなにすごいアジサイが@住吉神社/明石市魚住 &ウミガメ産卵地  by自転車 40km 快晴 単独

昨日6/18は降りそうで降らない雨を恨めしく眺めながら「三浦しおん 舟を編む」を一気に読了、おもむろにインターネットのお気に入り画面を繰っていくと・・・・・、むむむ、スナフキンさんのアジサイ探訪が載っています。
c0134193_16013755.jpg
それでは見に行くしかありません。毎日その前を通っていて、6/22がアジサイ祭りだというのも分かっているのに立ち寄りもしなかったので、明日こそは間違えて通過してしまわないようにしなくては。
c0134193_16033376.jpg
以前は初詣に毎年来ていた住吉神社ですが、ここ何年かは初詣は1/1は雌岡山、1/4は高御位山になってしまい、自転車で海岸サイクリング道路を通るときは必ず前(と言っても、南に当たる海岸側のサイクリング道路か北側の狭い道路か何れか)を通るものの、境内にはなかなか入っていませんでした。
c0134193_16092073.jpg
実にいろいろな色・形のものが咲き誇っていて、先週行った神戸森林植物園も真っ青、と言うくらいに素晴らしいアジサイ園でした。
c0134193_16110054.jpg

c0134193_16132555.jpg
c0134193_16150092.jpg
c0134193_16153545.jpg
c0134193_16193271.jpg
c0134193_16195693.jpg
c0134193_16211785.jpg
さて、アジサイを十分楽しんだので、毎日恒例のの海岸サイクリング道路へ。ただ、今日は6/17に明石に上陸した根性のあるウミガメの産卵地にも行きます。
17日にも行きましたが、市役所の方がたまごが盗られないように、防護施設を作ってあります。
今日はどこかのabcテレビ局が撮影に来ていました。
c0134193_18480461.jpg
ウミガメが歩いた跡がまだ残っていましたが、風で大分分かり難くなっているようでした。こんなにゴミだらけの浜に良く来たと思うくらいです。
c0134193_18505037.jpg
明石川河口の船上(ふなげ)から折り返し、江井ヶ島で休憩していると、目の前の枝先にこんな鳥が止まりました。モズかと思いましたが、何となく違うようです。それ以上はよく分かりませんでした。
                             完

[PR]

by jj3bhn | 2014-06-19 18:56 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 16日

2014/06/15(日) シチダンカの咲き誇るアジサイ祭り@神戸市森林植物園by 自転車69km 快晴 2名

2014/06/15(日) シチダンカの咲き誇るアジサイ祭り@神戸市森林植物園by 自転車69km 快晴 2名

6/14から始まったアジサイ祭りに合わせて、4月の向山でお会いしたスナフキンさんと森林植物園へ出かけました。
c0134193_15315944.jpg

シチダンカ。最近はたくさん咲いていて「幻の」と言う形容詞は今は昔になってしまったようです。

c0134193_10111854.jpg
ルートは4/24に行ったときと同じですが、そのときに見つけた白川峠を経由しない(東白川団地を通らない)短縮ルートです。
http://jj3bhn.exblog.jp/22046369/ 
明石自宅07:50→08:10西明石(旧神明障子口付近)待ち合わせ場所08:20→白水橋→県道16号→白川峠付近→ひよどり台→しあわせの村前→南五葉→西鈴蘭台駅前09:50→R428二軒茶屋→洞川湖→10:20森林植物園西口・園内散策・昼食@Le Pick 12:00/出発12:13→西明石障子口13:45→14:10明石自宅 。帰りは逆コース。
c0134193_18321366.jpg
このルートでは唯一のトンネル横の狭い歩道を登るスナフキンさん@太山寺隧道
c0134193_18415579.jpg
さて、西口からトンネルを抜けて最短距離で長谷池に向かいます。
スイレンの葉がすいめんをびっしり埋めていて、コイが泳いでいる姿と一緒に写真に撮れません。中之島への橋の上は絶好の撮影ポイントですが、誰もいませんでした。
c0134193_18471955.jpg
良い色合いのスイレン。
c0134193_18485070.jpg
びっしりのアサザを見るのにはもう一度来ないと行けないようです。
c0134193_18501431.jpg
アサザをバックにコウホネ。
c0134193_18511838.jpg
一輪だけ咲き残っていたカキツバタ?アヤメ?(どちらか分かりませんでした)
c0134193_18532575.jpg
どこにでもあるガクアジサイ、でも大好きです。
c0134193_19052362.jpg
ヤマアジサイ、色合いがとても良いです。
c0134193_19061023.jpg
ピンクのシチダンカも良いです。
c0134193_19065458.jpg
アジサイ園を回り終わって、昼食もとりたいので正門方向へ行く途中、シャクナゲ園の入口にオオヤマレンゲが一輪咲いていました。既に終わっていると思っていたこの時期に一輪だけでも見られたので、とてもラッキーでした。
c0134193_19093312.jpg
正門手前まで来てようやくヒメアジサイに出会いました。
雨が少なく、少し遅れているようです。もう一度来ることになるかも知れません。
c0134193_19110781.jpg
お腹も減ったので、弓削牧場直営のル・ピック(Le Pick)で、季節の野菜スープとパンのセット、それとソフトクリームを頂きました。
c0134193_19144029.jpg
c0134193_19152152.jpg
カラスアゲハだそうです。かろうじて画面内に入ってくれました。
c0134193_19201445.jpg
予定よりかなり早く帰路につくことになりました。あえいで登ったドライブウェイも一気に下ってしまいます。写真は、走行ビデオを撮っているときの一コマです。

スナフキンさん、お疲れ様でした。
年寄りのおつきあいをしていただき有り難うございました。
次の機会がありましたら、是非宜しくおつきあいください。          完


[PR]

by jj3bhn | 2014-06-16 19:24 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 09日

黒田官兵衛史跡探訪 加古川城跡(40km)&書写山(80km)(登山口リサーチのみ)

黒田官兵衛史跡探訪
2014/06/06(金)加古川城跡 40km
2014/06/09(月)書写山(今回は登山口リサーチのみ)80km
今月は明石海岸以外は西方面ばかりになっています。
c0134193_19250760.jpg
見栄えのするのはやはり姫路城、ちょっと白すぎて違和感を覚えますが、天守閣の絵を描いた被いがかかっているのよりは良いかなぁ。
c0134193_19281399.jpg
今年1/13に廣峰神社の帰りに撮ったものです。
この日に見学していれば天守の屋根を見る最後の日だったのですが・・・。
c0134193_20145548.jpg
c0134193_20162796.jpg
c0134193_20164801.jpg
縮尺はすべて同じです。
明石自宅09:40→旧西国街道→加古川大橋10:35→曽根(高御位山登山口付近)→新幹線下の姫路明石自転車道→市川橋→R2→姫路城大手門前11:25→書写西坂バス停折り返し11:55
→姫路城大手門前12:25→市川橋→新幹線下自転車道→加古川土手13:35→右岸自転車道→加古川大橋→旧西国街道→14:40明石自宅
c0134193_19315605.jpg
まず、加古川城跡です(2014/06/06(金)快晴)。翌日に高御位山に行く予定だったので、加古川を渡らず、足慣らしのみとしました。
現在は称名寺と言う立派なお寺で、大河ドラマでも出てきた加古川評定が行われた場所と言うにはこぢんまりしていました。ただ、山門の向こうの大銀杏はこの場所の目印になっていたそうで、高くて立派なものでした。
c0134193_21064928.jpg
加古川大橋からすぐ近くにありますが、静かなたたずまいで、説明の看板以外には昔を偲ぶよすがは見つけられませんでした。
c0134193_21152653.jpg
次は書写山です(2014/06/09(月)快晴)。
これは官兵衛に関する史跡と言うことと、元々の予定でこの日に書写山に行く予定だったのですが、前日の天気予報のせいで中止、自転車では行ったことがないので登山口までを確認する意味で出かけてみました。
c0134193_21205972.jpg
集合地の書写バス停前、所要時間は約2時間でした。      完

[PR]

by jj3bhn | 2014-06-09 21:23 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 08日

2014/06/07(土) 今年もササユリを愛でに高御位山へ by bicycle 50km 曇 2名

2014/06/07(土) 今年もササユリを愛でに高御位山へ by bicycle 50km 曇 2名
咲いていました、今年は白っぽいのが多かった中に、濃いピンクのものが目に付きました。
c0134193_17302661.jpg
新聞に高御位山のササユリの記事が出たと聞いたので、少し早いと思いながらもこの日に出かけることにしました。
今回同行は早朝のラジオ体操で一緒になる「わぁさん」で、片道25kmの登山口・加古川市志方の成井まではいつものように自転車で行くことにしました。
c0134193_19284411.jpg
c0134193_19285857.jpg
2枚の地図は縮尺が違います。行きが上側の黄色、帰りが下側の黄色(旧西国街道)の線です。

明石自宅08:40→加古川水管橋ルートを自転車移動→10:17志方の成井登山口(駐輪)10:25→獣道ルート→ササユリのお花畑→11:26高御位山山頂・昼食11:56→桶居山分岐を目指すも途中折り返し12:21→高御位山山頂12:50→獣道ルート→13:22成井から旧西国街道→14:40明石自宅

昼頃雨が降りそうな雲行きになりましたが、何とか降られずに済みました(明石の自宅では突然の大雨だったようです)。
c0134193_19364201.jpg
水管橋と高御位山。
c0134193_19394380.jpg
同じ場所から望遠で。何年か前の山火事の跡は、駒場所からの緑の濃さからも何とか復元してきているように見えます。
c0134193_19424693.jpg
高御座神社の中から修験道を上がります。境内を抜けると早速お出ましです。ピンクが濃くて、とても良いにおいがします(と、わぁさんのお言葉です。私の鼻はまだお休みモードでした)。
c0134193_19453257.jpg
展望が開けると西に大藤山、その中腹の長楽寺の崩落跡は山影でほとんど見えません。
c0134193_19454803.jpg
その東側は黒田官兵衛の妻てるの実家があった志方の町並みです。
c0134193_19491867.jpg
すぐにササユリがお花畑状になった開けた斜面に出ます。
花の色に何となく差があるのは分かっていましたが、こんなに差があるということは初めて気がつきました。
c0134193_19515012.jpg
c0134193_19522562.jpg
オカトラノオが初夏の訪れを教えてくれています。
c0134193_22085216.jpg
灌木帯を抜けて山頂間近、この時点では曇の天気予報は完全に誤報、素晴らしい青空の元、低山ながら展望下に心がうきうきしてきます。
c0134193_22120392.jpg
山頂の高御位神社の本殿には、土曜日とササユリ開花が重なって賑わっていました。
c0134193_22140607.jpg
山頂脇を通り過ぎて先ほどとは逆側から志方の街を見下ろします。山頂の岩の上に座っている人、落ちないでね、私は高所恐怖症なので、あの岩に近づくのもイヤですが。
さて、お腹も空いてきたので、カップうどんの昼食にします。上の画像でも分かるように、東側の天気は今ひとつでした。丁度この頃、自宅のある明石近辺では突然の雨だったようです。
c0134193_22183481.jpg
食事が終わったので、すぐに下山したかった(はずの)わぁさんの期待を裏切って、桶居山(おけすけやま)の途中まで行くことにしましたが、30分ほど歩いたところから前方を確認すると、双耳峰に見える右のはげた部分を登ることになるので、暑さに参ってきていたのもあって、ここで折り返すことにしました。
c0134193_22234188.jpg
縦走路沿いにも結構ササユリが咲いていました。
c0134193_22240154.jpg
樹液が流れ出ているようで、この付近には蝶がたくさん飛んでいました。
左はルリタテハ、右がヒオドシだそうです(スナフキンさんから情報を頂きました、有り難うございます)。
c0134193_22244502.jpg
こちらはササユリに飲み込まれそうな勢いのモンシロチョウでしょうか、よほど美味しいようで、入り込んだまま動きませんでした。
さてさて、二人ともササユリの姿をこれでもかというくらいに見て回ったのに、下山の時にもまたまたじっくり観察しながら無事に登山口にたどり着きました。
                                   完

[PR]

by jj3bhn | 2014-06-08 22:32 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)