<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

ルート図・行程を追記。紅葉も展望も満載の北岳に (その1)2014/09/25~9/28 快晴 2名

紅葉も展望も満載の北岳に (その1)2014/09/25~9/28 快晴 2名
c0134193_21402418.jpg
朝日に映える、北岳山荘前の浜辺に打ち寄せる雲海の波と、海原に浮かぶ富士の島
c0134193_16004126.jpg
赤線が26日の登山ルートですが、途中の突起のようになっている部分はGPSの不調によるものだと思われます。実際のルートは大樺沢に沿ってほぼ直線的に進んでいます。
黄線が北岳山頂を経由して下山するルートです。こちらはほぼ実際のルート通りです。
c0134193_16035808.jpg
高低差が分かるものです。スタート地点の広河原は1,530m,最高地点は北岳山頂の3,193mです。

のろのろ・ふらふらの台風16号に振り回されましたが、直前になって行けそうだと判断し、思い切って初めての北岳に行ってきました。
9/25(木)[木曽福島付近と信濃境付近で雨、甲府は快晴]
 特急しなの[大阪駅8:57発]→スーパーあずさ乗り継ぎで甲府[14:08着]へ。市内見物後(泊)

9/26(金)[芦安→広河原手前標高1400mくらいまで霧雨、後快晴、14時頃からガス]
 宿04:50→5:32芦安P5:40→乗合タクシー→6:24広河原6:35→白根御池分岐7:00→大樺沢経由→8:50二俣9:00→
 第一はしご11:00→八本歯コル11:48→北岳山頂直登路分岐12:54→14:03北岳山荘
(予定の間ノ岳往復は次回に。夕食に少し間に合わないのと、ガスが出て展望がないため)

9/27(土)[快晴、夜火山灰の(少ない)降灰と臭気を感じました]
 北岳山荘6:18→7:36北岳山頂南峰8:26→北岳北峰8:33→両俣分岐8:49→9:05北岳肩の小屋9:13→
9:37小太郎尾根分岐9:42→草すべり→二俣分岐9:53→10:54白根御池小屋11:04→大樺沢分岐12:17→
吊り橋12:32→広河原12:45→芦安13:45→金山沢温泉→食料品買い出し@韮崎市内→
16:00甘利山グリーンロッジ[標高1,700m](泊)
       
9/28(日)[快晴]
 甘利山グリーンロッジ8:00→韮崎駅9:06→各駅停車の旅
       (乗換駅塩尻・中津川・名古屋・米原・西明石)→18:07大久保→自宅

紅葉・展望より衝撃的だったのは、28日(日)の御嶽山噴火でした。下山してカーラジオを聞くと、御嶽山が噴火したと放送していたことでした。早く収まって欲しいものです(既報)。
c0134193_19082408.jpg
9/26(土)北岳バットレスを見上げながら、大樺沢を登る
c0134193_19103560.jpg
c0134193_19131303.jpg
紅葉がかなり進んでいました。
c0134193_19143848.jpg
圧倒的なバットレス@直下
c0134193_19160829.jpg
八本歯のコルに向けて強烈なはしご階段の始まりです。でも、紅葉の素晴らしさに励まされて徐々に高度が上がります。
c0134193_19193553.jpg
難儀しながらも、何とか八本歯のコルに。正面に八本歯を眺めてホッとするも、この後も急登が続きます。
ここで休んでいた二人の内の一方が高山病のようで、足の速い方に北岳山荘に連絡してもらうようお願いしました。

長くなってきましたので、以下は別項に。
[PR]

by jj3bhn | 2014-09-30 17:20 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 29日

北岳リポート前に・・・・御嶽山のビフォアアフター 2014/09/27早朝@北岳&28昼@木曽福島~上松/中央西線

北岳リポート前に・・・・御嶽山のビフォアアフター 2014/09/27早朝@北岳&28昼@木曽福島~上松/中央西線
9/25~28に初めての北岳に行ってきました。27日早朝に北岳山荘を出発し、草すべり・白根御池を経由して、昼過ぎに広河原に下山、芦安駐車場でカーラジオが「御嶽山が噴火」と言っているのを聞きつつも、先ずは風呂にと金山沢温泉に行き、その夜の宿「甘利山グリーンロッジ」でテレビのニュースを見てびっくりしてしまいました。
c0134193_22231762.jpg
先ずはアフターの写真です。
c0134193_13143059.jpg
こちらはビフォアーの写真で、中央アルプスの全体@北岳(2014/09/27/08:04)です。御嶽山の部分をズームアップすると、こんな具合です。
c0134193_13140527.jpg
全く平穏で、噴火することなど想像すらしていませんでした。
噴火していると言えば、それは浅間山しかありません。
c0134193_13193431.jpg
八ヶ岳の横岳のすぐ左にちょこんと頭を出していました。こちらもちょっとズームアップしてみるとこんな具合でした。
c0134193_13203524.jpg
光線の加減か、普段見慣れているかすかな噴煙は確認できませんでした。
28日に明石の自宅に向けて出発、9時過ぎに韮崎を出て、塩尻・中津川・名古屋・米原・西明石で普通・快速・新快速などを乗り継ぎながらのいつもののんびり旅でした。
途中、中央西線の木曽福島手前から空に白い帯が確認でき始め、ヘリコプターが山頂方面に飛んでいくのも見えました。
中央西線の列車は、木曽福島・上松の間で王滝川の渓谷が大きく切れ目を作っているところで、御嶽山の山頂がほんの少しの間だけ見える箇所を通過します。そこで撮った写真がトップの写真です。もう1枚。
c0134193_13544987.jpg
何があるか分からないと分かっていても、まさか噴火するなんて思いもしなかったと思います。皆さんが無事に下山されることを祈って止みません。

来ただけのリポートはこの後少しずつ作成したいと思います。      本項 完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-29 13:59 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 22日

石井ダムへ(鷹渡り情報の菊水山は進入不可)2014/09/22自転車64km快晴 単独

石井ダムへ(鷹渡り情報の菊水山は進入不可)2014/09/22自転車64km快晴 単独
昨日菊水山で鷹渡りのタカが1200羽との情報を教えて頂いたので、菊水山へ行くことにしました。
c0134193_22224798.jpg
菊水山山頂を望む@石井ダム/神戸市北区
c0134193_22252053.jpg
c0134193_22313356.jpg
ルートは森林植物園へのルートとほぼ同じで、途中の南五葉で鈴蘭台駅方面に向かいます。
神鉄の高架橋付近で少し間違いましたが、踏切を渡らなければならないことが分かり、何とか登山口を見つけることができました。
c0134193_22333322.jpg
ところが、第一関門を何とかすり抜けられたのですが、更にその先の第二関門は全く行くことが出来ません。徒歩のみが可能でした、トホホ。
c0134193_22410934.jpg
菊水山がダメなら、かつて全山縦走路から見上げていた石井ダムに行ってみようと、急遽目的地を変更し、神鉄鈴蘭台車庫の横から線路沿いにダムに向かいました。
c0134193_22452248.jpg
一旦水位の下がったダム湖湖底近くまで下ります。帰りに通る橋の下を通ります。
c0134193_22472614.jpg
湖底付近からの石井ダム
c0134193_22483622.jpg
名号岩だと思って撮りましたが、下半分でした。
c0134193_22503666.jpg
ダムサイトまで来ました。菊水山山頂のタワーにもきれいに見えています。
c0134193_22522346.jpg
下流側には神戸港が見えます。
c0134193_22533740.jpg
上流側にはダム湖と名号岩全体が見えます。
c0134193_22550884.jpg
誰もいないダムサイトで、いつものようにカップラーメンの昼食をとりました。
山歩きと同じで冷やしたリンゴも持って行っています。
c0134193_22595215.jpg
双眼鏡で真っ青な空を眺めていましたが、タカは全く見えませんでした。
タカをくくってきたのが間違い?
ひょっとして昨日で店じまい?平日はお休み?どこかにタカ飛び????
c0134193_23025839.jpg
と言うことで、ほぼ往路を戻りました。布施畑付近のヒガンバナは見事でした。
                            完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-22 23:07 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 20日

酔芙蓉/黄・白・赤のヒガンバナ咲き乱れる円照寺@加古川志方へ 往復44km 2014/09/20 曇 単独

酔芙蓉/黄・白・赤のヒガンバナ咲き乱れる円照寺@加古川志方へ 往復44km 2014/09/20 曇 単独
朝のラジオ体操の時、百名山女史さんから、円照寺@加古川志方に酔芙蓉(すいふよう)/黄・白・赤のヒガンバナが咲いていると教えてもらったので、出かけてきました。神戸新聞にも記事が載っているそうです。
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201409/0007342971.shtml
c0134193_18404109.jpg
黄花のヒガンバナ
c0134193_19413521.jpg
権現湖への自転車道・西山からはすぐの所です。
c0134193_19414686.jpg
c0134193_19415482.jpg
c0134193_19420107.jpg
この図は、金が﨑公園が分かり易いように、1枚前の図を拡大したものです。
c0134193_20575647.jpg
たんぼ道の真ん中に「花の寺 円照寺」の案内立て札があって、そこからはすぐでした。
立派な門構えの中に入ったら、それはもう花園のような庭、奥に見えている本堂と通路以外はすべて花と言っても良いくらいです。
c0134193_23093235.jpg
昼過ぎでしたので、白花とピンクがたくさん咲いていました。
c0134193_23111557.jpg
これは一輪の花です。左半分が白、右半分がピンクで、全体が段々とピンクになっていく途中のようです。
c0134193_23130930.jpg
門を入ってすぐの酔芙蓉。右に黄花のヒガンバナ。
c0134193_23142387.jpg
奥に進むと、銅鐘がありました。秀吉ゆかりのものだそうです。
c0134193_23164190.jpg
黄花、赤花、白花のヒガンバナのそろい踏み。
c0134193_23174520.jpg
キキョウの白花がありました。
c0134193_23183204.jpg
更に、白萩も。
c0134193_23194134.jpg
秋の花を存分に堪能し、ほぼ往路沿いに帰ります。
家に着く前に、金が﨑公園に寄って、コブシの実を撮ってきました。

さて、天気が悪すぎてどこにも行けなくなっている、この閉塞感を何とかしなくっちゃ。
                            完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-20 23:23 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 17日

白花の彼岸花・・・・近所の秋探し2014/09/17(水) 晴れたり曇ったり 単独

白花の彼岸花・・・・近所の秋探し2014/09/17(水) 晴れたり曇ったり 単独
先日ラジオ体操のときに黒木山を教えて頂いた方から、白花の彼岸花が咲いているとまたまた良い情報を頂いたので、毎日のサイクリングのついでにそのほかの秋を探しに・・・・。
c0134193_18550685.jpg
@魚住町内/明石市
c0134193_18593668.jpg
あか花もきれいです。同じく@魚住町内。
c0134193_19005932.jpg
ハギ@魚住町
c0134193_19043551.jpg
ケイトウ@魚住町
c0134193_19061538.jpg
c0134193_19074834.jpg
c0134193_19092096.jpg
刈り取った稲の干し方にもいろんなスタイルがあります@大久保町
大部分は倉庫に持ち帰って機械的(電気的?)に乾燥させているのですが、わざわざ手間暇をかけて昔流のこの干し方をしているのは、この方が美味しくなる自家用なのでしょうか??勝手な想像ですが。
c0134193_19134709.jpg
クズもたくさん咲いていました@大久保町
c0134193_20515044.jpg
@大久保町
稲刈りが終わるとすぐに次の作物、多分秋キャベツ用に畝作りが始まります。
その前に畑用に掘り起こしていると、シラサギ・ムクドリ・ハトなどいろんな鳥が
やって来て、土から放り出された虫などをおねだりしています。
c0134193_20562216.jpg
これは金が﨑公園近くの田んぼを守っているかかしの一つです。
c0134193_20575028.jpg
明石のビーナスを見下ろす休耕田では早くからコスモスが秋を知らせていました。

本日は写真を撮る時間が長かったので、走行距離はいつもの約半分、25kmでした。完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-17 21:00 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 14日

2014/09/14黒木山@麹屋ダム/多可町 by自転車105.8km 快晴 単独

2014/09/14黒木山@麹屋ダム/多可町 by自転車105.8km 快晴 単独
ラジオ体操で知り合った方から教えてもらった黒木山へ。
c0134193_20561363.jpg
山頂から翠明湖を見下ろす。
c0134193_20492526.jpg
ルートラボがうまくリンクできませんので、『日和見山歩』作成のページを開いてください。
行きは、今回初めて加古川線沿いのルートを通ってみました。
帰りは笠形山のルートと同じです。
c0134193_21040796.jpg
旧道沿いで通った加古川の名勝『闘竜灘』。
この旧道沿いにもう一つの名物、『大橋ラーメン』もありました。
c0134193_21064779.jpg
ロックフィルダムの麹屋ダム。左手から登ります。
c0134193_21092165.jpg
ダムサイトからはすぐの公園。中央奥の黒木山に登りました。この位置からは何でも無いように見えましたが、実際はかなりの激登りと岩場があり、途中で追い越したご夫婦は山頂でカップそばを作って食べている間にはとうとう来ませんでした。
c0134193_21140479.jpg
下山後、湖畔道路を少し走ってみました。湖岸に植えられたサクラも紅葉しかけていて、湖水に映えていました。
c0134193_21142779.jpg
真っ赤なツタ
c0134193_21151245.jpg
c0134193_21153384.jpg
翠大橋。
帰りは往路をたどるつもりでしたが、西脇市内の上り坂と車の通りが多いので、県道79号をとりました。                完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-14 21:26 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日

足かけ3ヶ月ぶりの山歩きは荒れた山道@六甲最高峰2014/09/12(金)単独快晴後曇

足かけ3ヶ月ぶりの山歩きは荒れた山道@六甲最高峰2014/09/12(金)単独快晴後曇
ようやく安定した快晴、実質1.5ヶ月ぶりに山へ。8月の台風でかなり荒れているとのことで、とりあえず情況のみを載せます。ルートは、手慣れた住吉道→最高峰→全山縦走路→石切道へ。
c0134193_10385918.jpg
石切道の崩落箇所
c0134193_10403735.jpg
五助堰堤@神戸市東灘区(標高約300m)
金が﨑公園@明石市(海抜40mくらい)で朝のラジオ体操を済ませてから、余りの天気の良さにようやく出かける気になりました。その金が﨑公園では既に紅葉・落葉が始まっているのに、五助堰堤まで来てもまだ紅葉らしいものは見当たりません。
c0134193_11185587.jpg
五助堰堤上部の流れも大きく変わっていて、かけてあった橋も一度は流されたようでしたが、どなたかが流れをわたれるように仮りに架けてくれていました。
c0134193_11394276.jpg
更に住吉道を行きます。左岸道→右岸道に徒渉する地点はいくつかありますが、通称大岩と勝手に呼んでいる地点はどうでしょうか。ここの丸太橋は見事に流れてしまったのでしょう、影も形もありませんでした。
c0134193_12541125.jpg
西おたふく山への分岐で再び左岸の住吉道に戻り、住吉谷の対岸を見渡せるトラバースに出ます。対岸の斜面に大きな崩落が見えました。その少し下流側では3年ほど前にやはり崩落箇所があってつい昨年に砂防ダムが出来たばかりでした。
しばらくすると同じような砂防工事用に、本庄橋付近からケーブルが渡されることになるのでしょうか。
c0134193_13004733.jpg
一軒茶屋まで来ると、このようなお知らせがありました。全山縦走路の各所にも同じお知らせがありました。修復工事をしていればそこを通り抜けることは出来ません、魚や道を下りなさい、と言うことでしょう。

六甲はおろかもっと低山にすら最近は行っていなかったので、情況把握のために少し歩いてきました。比較的安全だと思っていたこのルートですらこれだけのことになっているので、山地図に載っていないところはちょっと覚悟していかなければならないようです。

この項はとりあえずこれでUPします。
花の様子などはもう一項別に立てたいと思います。       本項完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-13 13:07 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 07日

追記しました。ナンバンギセル満開!@金が﨑公園/明石 2014/09/07(日) 快晴 キキョウ咲き誇る秋本番の播磨@桶居山山麓 2014/09/02(火)快晴後晴 自転車・単独

追記しました。ナンバンギセル満開!@金が﨑公園/明石 2014/09/07(日) 快晴 キキョウ咲き誇る秋本番の播磨@桶居山山麓 2014/09/02(火)快晴後晴 自転車・単独
c0134193_15402722.jpg
去年は裏年だったのか、ほとんど咲かなかったナンバンギセル、今年は当たり年のようです。この時期になってもどんどん新しい花が咲いてきます。
9月に入って公園の周辺は一気に秋の様相を呈してきました。
c0134193_15443960.jpg
一部のサクラが紅葉し始め、
c0134193_15453575.jpg
段々増えてきました。今年の秋はどうなるのかと、心配するくらいです。
c0134193_15462233.jpg
それなのに、この春にも一杯花をつけたヤエヤマブキが何を間違えたのか、二分咲きくらいです。
c0134193_15480930.jpg
秋空に映える夏の花「サルスベリ」は、そろそろ終わりのようです。

以上、追記はおしまいです。
---------------------------------------
以下元のキキョウの記事です。
朝のラジオ体操でいろんな情報を教えて頂ける百名山女史お二人から、掲題の話を聞いたので、久しぶりに天気が良くなった今日出かけてきました。
現地は桶居山から下山してくる近くだと当たりは付けていたのですが、今朝案内地図も書いてきて下さったので、とても助かりました。
c0134193_16413618.jpg
キキョウ・ツリガネニンジンが咲き乱れ状態@桶居山山麓/姫路市別所
c0134193_16425394.jpg
走行軌跡は黄線で、行きは新幹線下の明石・姫路自転車道、帰りは旧西国街道沿いです。
258番の旗のところが自転車を停めた『山神社』で、二つの池に続いているところは徒歩です。桶居山山頂にも行こうと思って尾根を標高122mまで登りましたが、空模様が怪しくなってきたので引き返しました。
c0134193_16490324.jpg
自宅側の経路図ですが、何度も載せているので画像を減らすために縮尺を変えています。
こちらもほぼ旧西国街道沿いに走っています。
c0134193_16584988.jpg
ルートラボにも登録してありますので、「日和見山歩」のページで見て下さい。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=cfaa102e57ebabc6f31c5cb0ee700ae4
自宅10:45→加古川駅付近11:30→加古川橋11:35→曽根駅11:53→山神社12:15→稜線折り返し地点12:45→山神社13:08→加古川橋13:40→14:29自宅
c0134193_17012709.jpg
加古川駅前の寺家町商店街を抜けると加古川に架かる橋、正面の高御位山が青空に映えてきれいです。
c0134193_18124874.jpg
旧西国街道に入って宝殿・曽根を通過、新幹線下からひめじ別所で線路をくぐり2号線も渡って再び旧西国街道に入ります。
佐土(さづち)新田の集落に向かってあぜ道のような道を行くと正面に桶居山がどぉーんと目に入りました。目的地は桶居山の右下に見える送電鉄塔の右下辺りです。
c0134193_18202431.jpg
集落の突き当たりに「山神社」があります。桶居山からの下山地です。今日はここに自転車を停めて歩きます。
c0134193_18230673.jpg
c0134193_18232664.jpg
あぜ道の突き当たりにこの池があって、奧の堰堤が目的地です。
c0134193_18252508.jpg
ツリガネニンジンの蜜を吸うハチ?蝶?こんな姿は初めて見ました。
c0134193_18272690.jpg
そして堰堤に来ると、そこかしこがキキョウの色に染まっています。
画像を何枚か。
c0134193_18284583.jpg
c0134193_18292873.jpg
c0134193_18305146.jpg
c0134193_18321509.jpg
少し戻ってこの崖をよじ登り、
c0134193_18332161.jpg
山道に入ると、もう紅葉している木がありました。今年の秋は早いのでしょうか。
c0134193_18333585.jpg
標高122m地点まで来ると桶居山への稜線が見渡せるようになりました。
こちらからの桶居山はそれほど尖っているようには見えません。
c0134193_18361272.jpg
空模様が怪しくなってきたので今日はここまでとし下山することにしました。
集落の手前にもう色づいた柿の実もなっていました。
c0134193_18364786.jpg
山神社から再び自転車に乗り、西国街道を上ります。
百間岩と高御位山が見渡せる地点がありました。
その後、ほぼ往路をたどって帰宅しました。         完
[PR]

by jj3bhn | 2014-09-07 22:34 | ご近所歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 02日

キキョウ咲き誇る秋本番の播磨@桶居山山麓 2014/09/02(火)快晴後晴 自転車・単独

キキョウ咲き誇る秋本番の播磨@桶居山山麓 2014/09/02(火)快晴後晴 自転車・単独

朝のラジオ体操でいろんな情報を教えて頂ける百名山女史お二人から、掲題の話を聞いたので、久しぶりに天気が良くなった今日出かけてきました。
現地は桶居山から下山してくる近くだと当たりは付けていたのですが、今朝案内地図も書いてきて下さったので、とても助かりました。
c0134193_16413618.jpg
キキョウ・ツリガネニンジンが咲き乱れ状態@桶居山山麓/姫路市別所
c0134193_16425394.jpg
走行軌跡は黄線で、行きは新幹線下の明石・姫路自転車道、帰りは旧西国街道沿いです。
258番の旗のところが自転車を停めた『山神社』で、二つの池に続いているところは徒歩です。桶居山山頂にも行こうと思って尾根を標高122mまで登りましたが、空模様が怪しくなってきたので引き返しました。
c0134193_16490324.jpg
自宅側の経路図ですが、何度も載せているので画像を減らすために縮尺を変えています。
こちらもほぼ旧西国街道沿いに走っています。
c0134193_16584988.jpg
ルートラボにも登録してありますので、「日和見山歩」のページで見て下さい。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=cfaa102e57ebabc6f31c5cb0ee700ae4
自宅10:45→加古川駅付近11:30→加古川橋11:35→曽根駅11:53→山神社12:15→稜線折り返し地点12:45→山神社13:08→加古川橋13:40→14:29自宅
c0134193_17012709.jpg
加古川駅前の寺家町商店街を抜けると加古川に架かる橋、正面の高御位山が青空に映えてきれいです。
c0134193_18124874.jpg
旧西国街道に入って宝殿・曽根を通過、新幹線下からひめじ別所で線路をくぐり2号線も渡って再び旧西国街道に入ります。
佐土(さづち)新田の集落に向かってあぜ道のような道を行くと正面に桶居山がどぉーんと目に入りました。目的地は桶居山の右下に見える送電鉄塔の右下辺りです。
c0134193_18202431.jpg
集落の突き当たりに「山神社」があります。桶居山からの下山地です。今日はここに自転車を停めて歩きます。
c0134193_18230673.jpg
c0134193_18232664.jpg
あぜ道の突き当たりにこの池があって、奧の堰堤が目的地です。
c0134193_18252508.jpg
ツリガネニンジンの蜜を吸うハチ?蝶?こんな姿は初めて見ました。
c0134193_18272690.jpg
そして堰堤に来ると、そこかしこがキキョウの色に染まっています。
画像を何枚か。
c0134193_18284583.jpg
c0134193_18292873.jpg
c0134193_18305146.jpg
c0134193_18321509.jpg
少し戻ってこの崖をよじ登り、
c0134193_18332161.jpg
山道に入ると、もう紅葉している木がありました。今年の秋は早いのでしょうか。
c0134193_18333585.jpg
標高122m地点まで来ると桶居山への稜線が見渡せるようになりました。
こちらからの桶居山はそれほど尖っているようには見えません。
c0134193_18361272.jpg
空模様が怪しくなってきたので今日はここまでとし下山することにしました。
集落の手前にもう色づいた柿の実もなっていました。
c0134193_18364786.jpg
山神社から再び自転車に乗り、西国街道を上ります。
百間岩と高御位山が見渡せる地点がありました。
その後、ほぼ往路をたどって帰宅しました。         完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-02 19:59 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(3)
2014年 09月 01日

真夏の第九合唱付きへ。『ベートーベン振るマラソン@河内長野』2014/08/31

真夏の第九合唱付きへ。『ベートーベン振るマラソン@河内長野』2014/08/31

家内の姉が真夏の第九に市民合唱団の一員として出演(初・アルト)する、それもベートーベンの交響曲全曲演奏の9番目に、との話があって、ベートーベンの交響曲を一日で全曲演奏するような企画は岩城宏之さんの時に聞いた位なので、是非聞きに行かなくては、と家内と二人で楽しみにして出かけてきました。
c0134193_14032805.jpg
スタンディング・オベーションとまでは行きませんでしたが、たくさんの方が立ち上がって熱狂的に拍手をする、第九演奏・つまり全曲演奏完了後の舞台@河内長野ラブリーホール
c0134193_14105047.jpg
ホール入り口
c0134193_14114886.jpg
案内のちらし。暗譜演奏は9番だけ(理由はより完全な演奏をするためとのこと)でした。
c0134193_14154162.jpg
金剛山@ホール二階ロビー
金剛山へは、正月に紀見峠か天見から南尾根(今はダイヤモンドトレールと言うらしい)・山頂経由河内長野へ1~2回、5月連休の花の時期に河内長野からバスに乗ってカトラ谷方面へ同じく1~2回行きますが、電車からではこの景色が見えません。
c0134193_14200996.jpg
高野線に初めて入った6000系ステンレス車の内部。
高校の時、クーラーがついている車両で、シートがふかふか(今まで座ったシートで一番分厚くて、奥行きもあって座り心地が良い)、今ではとても珍しい幅の広い片開きの一枚扉、
たまたまですが行きも帰りもこの車両でした。
それにしても空いていますが・・・・・。

会場のホールは多目的ではない、音楽用に作られたと思われる天井・壁面が材木貼りの、音の良い素晴らしいホールでした。

それにしても腰が痛い、歳でしょうか、演奏する方々も荒行、聞く方も苦行、やはり3時間くらいが限度でしょうか。この次からは家でコーヒーを飲みながら、ゆったりと聞いてみたいと思いました。

とは言いながら、指揮・演奏・合唱の方々には本当にお疲れ様でした。
苦しい、いや書き間違い、楽しい一日を有り難うございました。
ベートーベンの交響曲の素晴らしさを体感した、良い経験になりました。

補足
①・・・・家内も、一日明けた今日になっても、昨日のことを良かったと何度も話題にしています。
②・・・・8月になってから、事前勉強として全曲の聴き直しをしてみました
c0134193_14462233.jpg
                                 完

[PR]

by jj3bhn | 2014-09-01 14:50 | 音楽・コンサート | Trackback | Comments(2)