日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

自転車のまとめ 2014年

自転車のまとめ 2014年
去年新しい自転車に乗り始め、10月に累積で1万kmを越えました。
c0134193_15132830.jpg
その紀念に行ったしまなみ海道で。
主な記録(*は複数回)
・六甲最高峰      110km
・笠形山(登山口まで) 107km アケボノツツジを見に
・黒木山(  〃  ) 107km
*雌岡山      30~60km ミスミソウ・カタクリなどの時期に毎日のように
*小野アルプス   50~60km 山歩き・ショウジョウバカマやヤマブキの群生
・軍師官兵衛の史跡巡り
 ・廣峰神社・御着城跡@姫路  82km     
 ・志方観音寺・長楽寺@加古川 55km
 ・三木城址          40km
 ・書写山(登山口まで)@姫路 81km
*がいな製麺など@加西市    82km
*神戸市森林植物園@神戸市北区 68km
・しまなみ海道(向島~多々羅大橋往復)83km
*高御位山(登山口まで)    60km
*加古川右岸自転車道権現湖   60km
*神出山田自転車道・衝原湖   51km

昨年末の記録記事に、今年実現した部分を追記すると、
---------------
これから行きたいところは、
・しまなみ海道   → 2014/10/16に輪行で実現。次は全ルート走行です。
・淡路島周辺    未
・琵琶湖周辺    未
・西宮高原周辺   未
・兵庫県中部~南部 → 中町・西脇市・加西市など。来年も行き先を変えて。
---------------
c0134193_21155434.jpg
@一軒茶屋
c0134193_21175732.jpg
六甲山最高峰へは自転車を押して。
お昼は山歩きの時と同じで、持参のカップうどんでした。

来年も、安全運転でいろんなところを走りたいものです。

[PR]

by jj3bhn | 2014-12-31 18:16 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(1)
2014年 12月 31日

2014年のまとめ(山歩 & 自転車)

2014年のまとめ(山歩 & 自転車)
今年は8/10の台風11号など、豪雨による登山道の荒廃で後半の山行きが少なく、自転車で近場の山に行く回数が多くなったような気がします。
年が明けてからも紅葉谷道は通行止めのままと思われるので、氷瀑見物など冬の楽しみがなくなり、更に山道荒廃も考えられ、六甲に行く機会が減ってしまいかねません。
c0134193_21402418.jpg
ご来光と雲海に浮かぶ富士山@北岳山荘前
今年も初めての山がいくつか増えました。
c0134193_14414694.jpg
・北岳
・高野山女人道→高野三山
・蛇谷が峰@比良山系
・戸倉峠からの氷ノ山三の丸
・黒木山@北播磨

以下、今年の特筆事項です。
c0134193_10163237.jpg
c0134193_09594865.jpg
旭岳
・5年連続5回目の清水尾根(白馬大雪渓→旭岳→清水岳→祖母谷温泉)
 今回は、全ルートを単独ではなく3人で、新宿発のムーンライトで行きました。
・今年も自転車で摩耶山・六甲最高峰へ。距離は110km。

山行き回数は41回、それぞれの記録はブログなどで見て下さい。

数値編 (12/30まで)
六甲・摩耶山系・・・・・・16
  〃   以外の近場・・ 8(雌岡山・高御位山・黒木山・東山・飯盛山@大東市)

遠征(近畿)・・・・・・・15(比良山系・氷ノ山・千種・金剛・高野山)
 〃(近畿以外)・・・・・ 2 (白馬岳→清水尾根→祖母谷温泉・欅平/北岳)
        計・・・・41

遠征形態別編
日帰り    0()
複数日    2(白馬大雪渓→清水尾根、北岳)

単独      (遠征では0) 
グループ    (白馬大雪渓、北岳など)
好日ツアー  2(雪の蛇谷が峰)

雪のシーズン 4(金剛山、高野三山、武奈ヶ岳、氷ノ山、[六甲・白馬大雪渓不含])
無雪期   37

山域別編
北アルプス
・白馬大雪渓→白馬岳・旭岳→清水尾根→祖母谷温泉→欅平
南アルプス
・広河原→八本歯のコル→北岳→草すべり→御池小屋→広河原
近畿圏
・兵庫県内・・・・氷ノ山、向山、駒の尾山、高御位山、笠形山、小野アルプス、
         黒木山、六甲山系
・大阪・・・・・・金剛山、飯盛山→室池園地
・滋賀・・・・・・堂満岳、コヤマノ岳・武奈ヶ岳 、蛇谷が峰
・京都・・・・・・紅葉の東山トレール
・和歌山・・・・・高野山女人道→高野三山

自転車編は別項で。

[PR]

by jj3bhn | 2014-12-31 14:46 | 山歩き&自転車 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 07日

2014/12/06(土) #46 金剛山南尾根(紀見峠駅→金剛山→千早本道)は、一足早く雪の山 曇時々小雪 単独

2014/12/06(土) #46 金剛山南尾根(紀見峠駅→金剛山→千早本道)は、一足早く雪の山 曇時々小雪 単独
いつもなら正月明けに雪の山を期待して行く金剛山、今週後半になって四国で大雪のニュースが流れたので、この分だと金剛山では雪かもと予想、六甲辺りでお茶を濁す予定を急遽変更して南尾根から山頂へ行くことにした。
c0134193_16461292.jpg
ここに来るといつも厳粛な雰囲気に圧倒されます@葛木神社鳥居(ダイヤモンドトレール前)
c0134193_16505533.jpg
左下の南海高野線紀見峠駅→黄色線→右上の南海バス金剛登山口バス停へ。水色は河内長野へのバス経路です。
遠出の時はいつものように4時起き
      自宅  05:10
      大久保 05:33
06:37 大阪   06:39 快速
06:59 新今宮  07:02 橋本行き急行
07:50 紀見峠駅(地名は紀伊見峠)
08:47 山の神
09:40 西の行者堂、お参り
09:56 タンボ山
10:09 杉尾峠
10:28 行者杉、お参り
10:44 金剛トンネル上
10:57 神福山、パス
11:16 千早峠
11:50 高谷山
12:13 中葛城山
12:20 久留野峠
12:57 伏見峠
13:55 葛木神社
14:00 転法輪寺、お参り
14:07 国見城跡
15:05 金剛登山口バス停 15:09乗車
15:56 河内長野 快速急行に乗車
c0134193_17040250.jpg
c0134193_17045426.jpg
環状線大正駅付近からのモルゲンロートに染まる雲の画像です。雪雲の高さが真冬のようで、山は大雪かと心配しました。実際はこの雲は大阪平野の上空のものでした。
c0134193_17082253.jpg
高野線の大阪側最終駅天見のホームにもうっすらと雪があり、紀見峠に到着したときは雪がちらついていたので、スパッツを着けてから出かけることにしました。その少しの間に雪は止んで拍子抜け・・・・・。
c0134193_18171212.jpg
駅前から下って橋本川を対岸に渡ったところからは、西側にこんな素晴らしい光景が見えました。
c0134193_18220958.jpg
柱本の集落から山道には行って、少し開けたところから見えた南側、紀ノ川と高野山方面は冬の景色でした。
c0134193_18394976.jpg
山の神付近では激しく雪が降ってきました。ここから尾根までは急登の丸太階段が続きます。
c0134193_18422103.jpg
行者杉から紀ノ川・五条方面が開けて見えています。下界はそれほど悪い天気ではなさそうです。
c0134193_18443364.jpg
R310がこの山脈を抜ける金剛トンネルの上部を過ぎて少し進んだところにある、大峰山系の展望地点、以前は見えるかと楽しみな場所でしたが、ここ何年かは木やササが茂ってきてそれこそ看板倒れの場所になってしまいました。
c0134193_18563392.jpg
今まで気づいたことがなかったのですが、中葛城山手前の高谷山付近から富田林のPLタワーと周辺が低く垂れ込めた雲の間から見えました。多分去年辺りからつけられつつある林道工事で木が伐採された影響かと。
c0134193_18595075.jpg
中葛城山へ向かう登山道両側の木々が、雪の張り付いた模様できれいです。
c0134193_19015532.jpg
紀ノ川の屈曲部と五條市中心部がくっきり見えます。
c0134193_19041001.jpg
下界はまだ紅葉真っ盛り。
c0134193_19053469.jpg
いつもなら中葛城山のベンチで昼食にするのですが、今日は進行が遅く、風も冷たいので、お腹は空いてはいますが、昼はカットし先を急ぎます。
久留野峠の急階段はアイゼンなしで行けました。その先の急登を登り切るとこの素晴らしい光景が待っていました。更に何枚か続けます。
c0134193_19123310.jpg
c0134193_19132533.jpg
c0134193_19145406.jpg
c0134193_19164311.jpg
伏見峠から千早園地への道に入ると、大勢の人が歩いたために、路面がつるつるになっています。
園地でアイゼンをつけて再び進みます。葛木神社の裏参道、ブナ林の展望所から葛城山方面が太陽光でこんなにきれいに見えました。
c0134193_19195549.jpg
青空は出ましたが、西方向の雪雲で光がありません。きらきらしているはずの霧氷が黒にしか撮れませんでした。でも、これだけ見えたら可としましょう。
c0134193_21081868.jpg
登拝紀念になる日付がありません、年末年始まで開店休業でしょうか。
c0134193_21101011.jpg
転法輪寺の境内には誰もいず、ここちらも厳かな感じが満ちていました。
c0134193_21123587.jpg
気温は-3度の国見城跡まで来ました。たくさんの登山者(老若男女、特に子供連れの家族の方が多かった)がいましたが、何とか隙間を縫って撮りました。

さて、年が明けて天気が良くて雪がありそうならもう一度来ようと思いながら、まだまだ登ってくる毎日登山の方とすれ違いながら、余り好きではない丸太階段の続く千早本道を下りました。  完

[PR]

by jj3bhn | 2014-12-07 21:20 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 05日

ルミナリエ、当時を思い出す寒風、でも雨上がりで今年もきれいでした 2014/12/04 晴

ルミナリエ、当時を思い出す寒風、でも雨上がりで今年もきれいでした 2014/12/04 晴
朝からの雨も午後遅くにようやく上がったので、予定通りで掛けることにしました。
c0134193_10321354.jpg
神戸市役所24F展望台から
18時の点灯時刻の動画を撮ろうと、かなり前からじっと待っていました。
今年はパターンが稠密で、色もきれいでした。初年度もこんなパターンだったとのことですが、思い出せませんでした。
c0134193_10360856.jpg
c0134193_10365054.jpg
c0134193_10373360.jpg
c0134193_10381821.jpg
市役所の展望台は登は待ち時間なしでしたが、下りてきたら既に長蛇の列になっていました。
あの酷かった震災の情況は、所々にある空き地で思い出すくらいになり、段々記憶から薄れていきます。
でも、この明かりとともにそのことがあったと言うことを思い出し、特に、今年は御嶽の日に近くの北岳に行っていた身としては、備えを忘れないようにしなければならないと思いながら帰途につきました。                        完

[PR]

by jj3bhn | 2014-12-05 10:51 | 街歩き | Trackback | Comments(0)