<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 22日

生野駅から行くふかふか雪と雪庇の段が峰 2015/02/21(土)快晴後薄曇り 単独

生野駅から行くふかふか雪と雪庇の段が峰 2015/02/21(土)快晴後薄曇り 単独
雪の山に行きたいと思っていたら山崎@宍粟市のmkさんから、沖の山@鳥取県に行く仲間がいるとの情報、でも集合場所まで行く手段がないので断念、それならと列車で行ける雪の山、生野の段が峰に行くことにしました。
c0134193_10470454.jpg
達磨が峰を過ぎて段が峰(中央左の白い稜線)・フトウが峰(中央右の白い稜線)が最初に見える地点。
c0134193_15300756.jpg
大久保05:22→3分遅れで姫路での乗換がヒヤヒヤ・寺前でも乗換→06:59JR播但線生野駅
・歩行スタート
地点07:06→栃原橋07:47→生野高原登山口(旧国民宿舎生野荘跡)08:16
達磨ヶ峰の肩08:44→達磨ヶ峰09:00→最低コル09:53→フトウガ峰10:37→
11:24
段ヶ峰
11:52→フトウガ峰12:36→最低コル12:57→達磨ヶ峰13:52→
達磨ヶ峰の肩14:01→
生野高原登山口14:30→栃原橋14:45→15:18JR播但線生野駅・
ゴール地点G16:25発普通→18:06大久保駅
c0134193_16292058.jpg
生野駅で上下列車が交換するときは、右側通行で停車します。乗ってきた列車は塗装が色褪せてつぎはぎだらけの車両でした。
c0134193_16303034.jpg
c0134193_16305324.jpg
駅前の国道312号線を渡り、播但自動車道生野出口付近から栃原トンネルを避けて旧道の峠越えを行きます。峠の上のお地蔵さんに今日の無事下山をお祈りし、鹿や兎の足跡がたくさんある道を下ります。
c0134193_16353704.jpg
栃原集落からは生野カントリークラブの案内板の所から旧生野荘跡を目指して約200m登りです。
c0134193_16382464.jpg
出発点の550mくらいから稜線部の達磨が峰の肩850mくらいまでの急登は、この日の-2℃でも大汗をかきます。視界が開けると、真っ白になったゴルフ場や平石山などの向かいの山が青空に映えているのが眼に入ってきます。
c0134193_16433629.jpg
ようやく肩に到着しました。ここまでは登山道がまだ凍っていて何事もありませんでしたが、これから気温が上がれば帰りはドロドロの滑る斜面になって地獄のようなことになるのでしょうか。とりあえず水分を補給してここからの稜線歩きを楽しむことにしました。それにしても良い天気、白い雪に空の青さが格別です。
c0134193_16522845.jpg
c0134193_16531471.jpg
達磨が峰に出来た雪庇。ここでこんなに発達したのを見たのは初めてです。
c0134193_16542683.jpg
その雪庇を踏み抜かないように、そして左の谷に滑落しないように、そろそろと行くことにします。何しろ、高所恐怖症なもので・・・・・。
c0134193_16565310.jpg
雪庇附近の風紋。
c0134193_16594702.jpg
歌舞伎の隈取りをした顔のようにも見えました。
c0134193_17043237.jpg
ようやくフトウが峰のインディアン岩に到着、空の青さは相変わらず格別の青さのままです。
c0134193_17055657.jpg
氷ノ山、鉢伏山もこんなに近くに見えました。
c0134193_17075122.jpg
勿論、段が峰も手が届きそうな位置まで近づきました、でもまだこれからもう一登りしなければなりません。
c0134193_17095602.jpg
ふと気がつくと、笠形山に雲がかかり始めていて、みるみるうちに帯状の雲が広がっていました。今日ばかりは天気予報の言うとおり、明日の荒れ模様の前兆なのでしょう。
c0134193_17132128.jpg
ようやく着きました。氷ノ山・鉢伏山をバックに。
c0134193_17154339.jpg
山頂の松もとうとう枯れ木になってしまったようです。その奥の白く光った雪面は砥峰高原、右端は千町が峰。
c0134193_17230800.jpg
画像にはありませんが、左に笠形山、中央奥が明石方面です。
晴れていれば明石海峡大橋も見えると思われます。
明石からこの場所を撮ったものと比べると・・・・、次の画像で。
c0134193_12555120.jpg
さて、風も強くなってきて寒いのでおにぎりを1個だけ食べて、空模様も怪しいので大急ぎで下山することにしました。途中で何人かの方と行き違いました。
ふかふかだった雪もべちゃっとした雪に変わっていて、早く来ておいて良かったと自画自賛です。
c0134193_17331600.jpg
14:56の普通にはまるで間に合わず、次の15:20の特急は国道を渡るところでお見送り、と言うわけで16:25発の普通列車まで観光案内所で待たせて頂きました。
ここで残りのおにぎりなどを食べて過ごしましたが、そこに置いてあった「あんこうクッキー」に興味を引かれて買ってしまいました。生野地方で「オオサンショウウオ」のことを「アンコウ」と言うそうです。内容物は、紅茶クッキーでした。

1ヶ月ぶりの雪の感触を楽しんだ一日になりました。       完

[PR]

by jj3bhn | 2015-02-22 17:44 | 山歩き | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 17日

白:霧氷@凌雲台、黄:フクジュソウ、白:セツブンソウ@森林植物園を求めて。2015/02/14(土)#9晴後曇 単独

白:霧氷@凌雲台、黄:フクジュソウ、白:セツブンソウ@森林植物園を求めて。2015/02/14(土)#9晴後曇 単独
春の陽気だった先週からまたまた冬に逆戻りしたので、今度こそ霧氷があるかも知れないと、またまた六甲最高峰を目指します。
その上、森林植物園ではフクジュソウ・セツブンソウも開花したとの情報、日和見ならぬ欲張り山歩をしてきました。
c0134193_15380468.jpg
ようやく咲き始めたセツブンソウ@神戸市森林植物園
c0134193_16231228.jpg
スタート地点JR住住吉駅08:38→08:57白鶴美術館→09:39五助ダム→住吉道→
10:41本庄橋跡10:42→七曲→11:21一軒茶屋11:25→11:32六甲山・写真のみ→
12:11極楽茶屋跡→12:24凌雲台12:25→12:31みよし観音→12:50記念碑台・休憩
12:57→
13:03六ヶ辻13:04→13:08丁字ヶ辻→三国岩経由の山道→13:19三国池・写真
13:24→13:42杣谷峠→シェール道→14:28桜谷出合→徳川道→14:36黄連谷出合→
14:45森林植物園 東門→14:56神戸市立森林植物園(長谷池)14:57→
15:10森林植物園正門前・花の写真撮影@ロックガーデン・昼食→15:50送迎バス乗車→
神鉄北鈴蘭台駅16:03発
c0134193_16595658.jpg
前日2/13午後の六甲方面の空です。明日2/14は霧氷が期待出来そうだと、またまた六甲に出かけることにしました。
c0134193_17014130.jpg
明けて2/14、住吉駅から真正面に見える凌雲台、霧氷がくっきりと見えました。
行き着くまで残っているか?と足早になります。
c0134193_17040536.jpg
五助堰堤の上では、ネコヤナギの銀色が増えていました。
c0134193_17063491.jpg
久しぶりに七曲から行くことにしました。本庄橋跡の堰堤では、底さらえがたけなわで、流れを渡る仮設の橋を越えます。工事はあと1ヶ月くらいで終わるとか。
c0134193_17090535.jpg
700mくらいから所々溶けてはいますが、雪の上を歩きます。期待の霧氷は今回も裏切られました。山頂は強い日射しでこのようにドロドロ気味です。
c0134193_17105615.jpg
霧氷が見られないのなら、本物の花を見に行くしかありません。
森林植物園ではフクジュソウ・セツブンソウが開花していると言うことですので、ちょっと遠いですが大急ぎで行くことにしました。当然食事はお預けです。
全山縦走路は樹木の陰が多いので、比較的きれいな雪道でした。
西おたふく山付近ですれ違った方から「日和見さんですね」と声をかけられました。
少し前に金剛山でお目にかかったK2さん(ディジタルワイドビュー)でした。私はすっかり忘れてしまっていて大変申し訳のないことでした。
c0134193_17180308.jpg
時間があればここでゆっくり食事をしたい三国池、半分氷結、池に映った樹木と空がきれいでした。
c0134193_17210536.jpg
穂高湖の堰堤下はミニ氷瀑が出来ていました。
c0134193_17223223.jpg
シェール道に入って先ずマンサク・・・・、まだまだ咲きそうにありませんでした。
その先、マムシ谷出合い堰堤のネコヤナギ、こちらは少し出来かけていて、ちょっとひょうきんな形が目についたので1枚撮りました。
一面が太陽の光に輝くのはもう少し先のようでした。
c0134193_17263480.jpg
さて、森林植物園東門を入るとすぐに登山道が陥没していて迂回路が設定されています。こんなに簡単に流されてしまうんですね。
c0134193_17285344.jpg
c0134193_17290498.jpg
長谷池からアジサイロードの横を歩いているときれいな鳥がたくさんいるので、ゆっくり何枚も撮りました。鳥を撮りに来ているとおぼしき方(立派な望遠レンズが目印です)に教えてもらった鳥の名は「アトリ」です。
c0134193_18254213.jpg
さて、お目当てのフクジュソウ、まだ少ししか咲いていませんでしたが今シーズン初めてのフクちゃんです。
c0134193_18261053.jpg
そして、セツブンソウ。小さな可愛い花です。
c0134193_18280083.jpg
バスの時間まで時間があったのでお遅めのカップうどんを食べていたら、もうこんな時間、発車は50分です。乗り遅れたら最低1時間ほど歩かないといけないので、羊さんに再会を約束して大急ぎで送迎バスに乗せて頂きました。
次は自転車で来ることになるでしょうか。              完

[PR]

by jj3bhn | 2015-02-17 10:25 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 08日

霧氷期待の西おたふく山は春の陽気(住吉道→六甲最高峰→有馬) #8 2015/02/07 快晴後うす曇 単独

霧氷期待の西おたふく山は春の陽気(住吉道→六甲最高峰→有馬) #8 2015/02/07 快晴後うす曇 単独
昨日2/6に見た裏六甲の雪の付き方から今日も期待出来ると予想して西おたふく山へ。
c0134193_18161825.jpg
五助堰堤上の芽吹き始めたネコヤナギ。
c0134193_18192802.jpg
日帰り山行 4時間24分 休憩 36分 合計 5時間0分
スタート地点 JR住吉駅08:41→09:03白鶴美術館→09:49五助ダム→
西おたふく山経由→11:52六甲山最高峰 昼食12:22→12:29一軒茶屋12:32→
ととや道経由→13:28有馬稲荷神社・かんぽの宿 有馬→
13:33
有馬本温泉 金の湯 入浴せず13:34→
13:39神戸電鉄有馬温泉駅13:41
神鉄有馬温泉駅発13:54→元町 トミーズ・大丸など
c0134193_19252173.jpg
まだ誰も歩いていないきれいな雪道@西おたふく山学習の森の山道
自宅を出た頃はまだ気温が低かったのですが、住吉を出る頃には日が射してきて暑くなってきました。白鶴美術館手前で長袖・半袖Tシャツに、五助堰堤手前で半袖1枚になってしまいました。
去年2/15に大雪で遭難しかけた同じ西おたふく山とは思えない暑さでした。
春がすみ状態で遠望は全く利きませんでした。
c0134193_19333356.jpg
そして、お目当ての霧氷はほぼ落ちてしまっていました。1番の電車で来ても無理だった感じでした。
c0134193_19350008.jpg
いつものように六甲最高峰の広場横でカップそばの昼食を食べている間中、登山の人やトレイルランの人がひっきりなしにやって来ます。
c0134193_19372399.jpg
最高峰→一軒茶屋が圧雪された雪面でちょっと緊張しましたが、何とかノーアイゼンで通過しました。ととや道でも、一部つるつるになっていましたが、こちらも何とか通過しました。700mくらいからは雪もほとんどついていませんでした。
c0134193_19395381.jpg
台風で崩れた路肩が、気のせいか段々ひどくなっているように感じました。
有馬温泉では入浴キャンペ-ンをやっていて混んでいるようだったので、入浴はパスしてそのまま電車で帰ることにしました。
いつものように、お土産に炭酸せんべいと金泉焼、大丸に寄った後、トミーズのアン食を買い帰宅しました。                     完
[PR]

by jj3bhn | 2015-02-08 19:48 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 08日

明石から見た雪の山写真を追加しました。ナノハナの黄・ミスミソウのピンク・おまけは雪の白・・・花巡りの始まり 明石周辺・雌岡山(めっこざん)2015/02/05 晴 25km

明石から見た雪の山写真を追加しました。
ナノハナの黄・ミスミソウのピンク・おまけは雪の白・・・花巡りの始まり 明石周辺・雌岡山(めっこざん)2015/02/05 晴 25km
c0134193_12555120.jpg
元記事の翌日は風があって視界が良好でしたので、またまた展望スポット@明石市金が﨑公園へ出かけました。そこからの北方向に見えた稜線が真っ白になった生野の段が峰@朝来市(多分)は久々に見えたので、ちょっと感動ものでした。
c0134193_14102747.jpg
更に北方向、笠形山の北には千が峰から三国岳の白い山稜がきれいでした。
c0134193_13060494.jpg
東に目を向けると、六甲の最高峰から凌雲台方面の北斜面も真っ白になっています。
これは明日も期待出来るかと、明日の2/7土曜日は六甲に行くことにしました。
結果は次のリポートで。

以下、元のリポートです。
-------------------------------------
天気誤報が大雪に注意と言うのに、快晴に近い晴れ、またまた良いことにしましょう。
気温は低いのですが、自転車日和とばかりに、ご近所へもう咲いているかも知れないと、花巡りに出かけました。
c0134193_16352927.jpg
一足早く咲いたミスミソウ@神戸市西区雌岡山
c0134193_19100080.jpg
わが家の北側から北方向。左端の笠形山も少し白くなっています。その右の白い山が千が峰1,004m。日が射していた時刻には生野の段が峰が真っ白に見えていました。
c0134193_19131908.jpg
毎朝ラジオ体操で行く金が﨑公園近くの菜の花畑は黄色のナノハナが満開でした。
c0134193_19154454.jpg
空には雪雲?、行く手には田起こし前の田んぼの向こうに、左雌岡山(めっこざん)、右雄岡山(おっこざん)、右奥は丹生(たんじょう)山系。
c0134193_19212070.jpg
これから早春の花が次々と咲いてくるのが楽しみです。

距離は25kmと短いのですが、ヒルクライム、帰りの西からの向かい風と結構きつい2時間、去年と同じような春を過ごしそうです。         完
[PR]

by jj3bhn | 2015-02-08 14:14 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 05日

ナノハナの黄・ミスミソウのピンク・おまけは雪の白・・・花巡りの始まり 明石周辺・雌岡山(めっこざん)2015/02/05 晴 25km

ナノハナの黄・ミスミソウのピンク・おまけは雪の白・・・花巡りの始まり 明石周辺・雌岡山(めっこざん)2015/02/05 晴 25km
天気誤報が大雪に注意と言うのに、快晴に近い晴れ、またまた良いことにしましょう。
気温は低いのですが、自転車日和とばかりに、ご近所へもう咲いているかも知れないと、花巡りに出かけました。
c0134193_16352927.jpg
一足早く咲いたミスミソウ@神戸市西区雌岡山
c0134193_19100080.jpg
わが家の北側から北方向。左端の笠形山も少し白くなっています。その右の白い山が千が峰1,004m。日が射していた時刻には生野の段が峰が真っ白に見えていました。
c0134193_19131908.jpg
毎朝ラジオ体操で行く金が﨑公園近くの菜の花畑は黄色のナノハナが満開でした。
c0134193_19154454.jpg
空には雪雲?、行く手には田起こし前の田んぼの向こうに、左雌岡山(めっこざん)、右雄岡山(おっこざん)、右奥は丹生(たんじょう)山系。
c0134193_19212070.jpg
これから早春の花が次々と咲いてくるのが楽しみです。

距離は25kmと短いのですが、ヒルクライム、帰りの西からの向かい風と結構きつい2時間、去年と同じような春を過ごしそうです。         完

[PR]

by jj3bhn | 2015-02-05 19:28 | 自転車・サイクリング | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 01日

天気誤報もたまにはOK! 吹雪状態で真っ白の掬星台に変身@摩耶山 2015/01/31(土)

天気誤報もたまにはOK! 吹雪状態で真っ白の掬星台に変身@摩耶山 2015/01/31(土)
毎朝お世話になっている公園のラジオ体操の有志で、この日に摩耶山へ行くとのこと、2週間前の武奈ヶ岳の帰りに痛めた膝のリハビリ山行きに、と参加することにしました。
c0134193_18294119.jpg
突然降り出した雪で一面真っ白になった摩耶山頂の天狗岩大神
c0134193_18301231.jpg
摩耶山頂三角点
c0134193_17005009.jpg
吹雪状態で一瞬のうちに真っ白な掬星台に変身
この日をはさんで前後1週間ずつはケーブル・ロープウェイとも点検で運休でした。
皆さんのルートは、
「摩耶ケーブル下→上野道→山頂・掬星台往復」、
私は少し早く出て、山頂付近で合流し昼食まで一緒に行動する
「元町→北野異人館街→神戸背山→新神戸駅→雷声寺→旧(もと)摩耶道→行者茶屋
→青谷道→上野道→山頂・掬星台→→→→シェール道方面へ」の予定でした。
c0134193_18593516.jpg
実際に歩いた経路は黄線のルートです。
元町08:30→北野異人館街08:50→神戸背山→新神戸駅09:15→
09:32雷声寺09:50→旧(もと)摩耶道→学校林道分岐10:06→
行者茶屋10:28→青谷道→上野道→仁王門10:53→山頂11:19→
11:25掬星台(昼食・メンバー到着待ち)12:25→山頂12:35→
仁王門13:07→13:35虹の駅(休憩)13:45→ケーブル下駅14:40→
15:10王子公園駅発
c0134193_20580492.jpg
北野異人館街風見鶏の家・北野天満宮
元町駅から歩き始め、北野天満宮に着く頃はこんなに青空で、日射しは春を思わせる陽気でした・・・・。
c0134193_21102279.jpg
ほんの少し歩いただけで汗が出てきます。神戸背山の港の見える展望台で上着を脱いでいつもの軽い服装になります。
c0134193_21120083.jpg
背山から一旦新神戸駅に下り、ようやく出発点の雷声寺へ。その階段を上り詰めてから旧摩耶道に入り、東山尾根の学校林道分岐です。
いつもはここで左の学校林道に入り、全山縦走路から摩耶山に向かいますが、今日は旧摩耶道をまっすぐ進みます。
c0134193_21175809.jpg
不動滝@行者茶屋/青谷道との合流地点
この手前の谷が何時頃からなのでしょうか、大きく崩れていて迂回路が設定されていました。
c0134193_21211461.jpg
延々と続く石段、これがイヤでここは余り通りたくありません。
この辺りから小雪がちらつき始めました。
c0134193_21231703.jpg
上野道に入ってすぐ、仁王門は修理中でした。
ここからは更にきつい石の階段が延々と続きます。雪はますます強くなってきます。
c0134193_21252366.jpg
山頂の三角点付近は真っ白、掬星台に来ると風も強くなって吹雪のようです。
ケーブルカーとロープウェイが運休中なのもあって、人影もまばらです。
c0134193_21290311.jpg
大屋根の下で食事をすることにしました。ここには続々と登山者が集まってきます。
目の前に来られた女性6名のグループは実に手際よくこの画像のような宴会の準備をしておられたので、写真を撮らせて頂きました。
c0134193_21332408.jpg
食事が終わって道具を片付けていると、ラジオ体操のメンバーが大屋根に入ってきました。遅かったのは、途中で一名が歩けなくなったのでその対応をしていたからだとか。
私はここから単独でシェール道→森林植物園に回ろうと思っていたのですが、歩けなくなったメンバーの所に先に駆けつけるリーダーの代役で、残った皆さんを案内することになったので、灘方面に下ることにしました。

山頂は吹雪模様でとても寒かったのですが、下り始めると上の方では雪に気をつけながらでしたが、下るにつれて風も弱くなり、日射しも戻っていて皆さんも段々と楽しそうに歩き始めました。
このルートは上りもきついですが、下りも結構なものです。登りの時は雪が゜着いていましたが、この時間には雪がなくなっていて助かりました。

解放されている虹の駅に待機していた方と合流し、みんなでわいわい言いながら相変わらず急な傾斜の下山路上野道を下り、無事にこの日の山行きを終了、反省会に行く皆さんと別れて、阪急王子公園駅から三ノ宮に出て買い物をして帰宅しました。  完

[PR]

by jj3bhn | 2015-02-01 21:45 | 山歩き | Trackback | Comments(0)