日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 13日

白馬大雪渓→旭岳・清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩きと尾根下り 2015/07/31-08/03 快晴 2名

白馬大雪渓→旭岳・清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩きと尾根下り
2015/07/31-08/03 快晴 2名 6年連続6回目。
ルート図などはこちらに載せています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-691107.html
清水尾根下りで、ハクサンコザクラの向こうに雪渓の谷筋もくっきりと、すくっと立ち上がる剱岳。
c0134193_10163162.jpg
雪解けが遅かったのか、ハクサンコザクラの数が少ないのが気になりますが、何とか咲いていたので、またこの景色に出会えました。
c0134193_21155013.jpg
ミヤマアケボノソウ。毎年同じ時期に来ていましたが、今年は台風の影響でいつもより1週間遅いこのルート、6年目にして始めてみました。この後も少し違った花がありました。
c0134193_21330945.jpg
周辺のお花畑には、春から秋の花が満載でした。
c0134193_09485696.jpg
旭岳山頂付近のお花畑。今年はミヤマアズマギクが少なく、ウルップソウは終わってしまっているのかもしくは裏年だった可能性がありました。
昼頃に白馬岳頂上宿舎に入り、昼食後天候も大丈夫なようなので、予定通り旭岳→白馬岳を回ることにしました。
また、旭岳への最初の雪田から岩くずを越えた先の登山道脇に咲いていたクロユリを見つけることが出来ませんでした。その附近の様子から、大雨か雪崩に土壌が流されてしまっている感じでした。
c0134193_21441944.jpg
この景色を眺めながら、ここにずっと居たくなります。
c0134193_21514152.jpg
黄色一色も良いですねぇ。登山道のすぐ近くまで雪渓が残っていると思いましたが、今年はやはり雪面の後退が早いです。
c0134193_21552033.jpg
チングルマの花で真っ白になっていたはずの斜面は、既に(花輪君状態の)花穂ばかりになっていました。
c0134193_21574329.jpg
いつもに比べてイブキトラノオがとても多いように感じました。剱岳と毛勝三山の間からの白山はけぶっていて確認できませんでした。
c0134193_2043529.jpg
このルートで一番素晴らしい、コマクサの群落している斜面。
c0134193_22070469.jpg
これも6年目で始めて見たタカネマツムシソウ。
c0134193_22135623.jpg
盛りを過ぎたミヤマハナシノブ。去年・一昨年は雨と風の中だったので、今年こそは晴天で見たかったのですが・・・・。これでまた宿題が残ってしまいました。
c0134193_22170652.jpg
清水尾根をかなり下ってきました。この辺りのチングルマはまだ花穂になっていませんでした。この景色とお花畑が2時間くらい続きます。これを見ながら随所で写真を撮りながらの楽しい時間が過ぎていきます。

次は何時になるのでしょうか、こんなに良い天気の時にまた来てみたいものです。 本項完

[PR]

# by jj3bhn | 2015-08-13 22:23 | 山歩き/白馬・立山・富山県方面 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 06日

大せっけいは大ぜっけい:白馬岳・旭岳・清水(しょうず)尾根・祖母谷温泉 2015/07/31(金)-08/03(月) ずっと快晴 2名

大せっけいは大ぜっけい:白馬岳・旭岳・清水(しょうず)尾根・祖母谷温泉 2015/07/31(金)-08/03(月) ずっと快晴 2名

地図、写真、コメント付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-691107.html

快晴続きで大展望の雲上漫歩、清水尾根下部の地獄の激下り、そして極楽温泉宿へ。
c0134193_10100740.jpg

清水尾根を下りはじめてしばらく行くと、正面に北アルプスがどぉーんと広がり、眼下の長大な雪渓が黒部渓谷に向かって延び、雄大な景観を作っていました。
顕著なピークは、左から五竜岳、双耳峰の鹿島槍ヶ岳、中央奥に前穂高岳・槍ヶ岳、右に立山・剱岳。

c0134193_10163162.jpg
ハクサンコザクラと剱岳@清水尾根

c0134193_10173049.jpg
穂高連峰と槍ヶ岳を望遠で。その手前は左蓮華岳、右針木岳
c0134193_10255461.jpg
白馬大雪渓を登る

6年連続6回目のこのルート、2013年14年と2年続きでハイライトの2日目が雨になってしまったので、台風12号の影響を避けるため、当初予定の1週間前を今回の日程に順延し(ムーンライト信州号の指定券を2週分購入しておいた)、今年こそは是非晴れて欲しいと願いつつ出かけました。

7/31(金) 快晴 明石自宅→青春18切符→新宿へ。
       23:54発臨時快速 ムーンライト81号 白馬行き
8/01(土) 快晴 猿倉06:37→白馬大雪渓→12:37宿・昼食12:50→旭岳14:00→
            15:13白馬岳山頂15:24→15:47村営頂上宿舎(泊)
            夕食後日没鑑賞@丸山
8/02(日) 快晴 朝食前日の出鑑賞@丸山
            宿06:11→清水岳08:26→清水尾根→
            10:57昼食休憩@不帰岳避難小屋11:18→15:59山小屋祖母谷温泉(泊)
8/03(月) 快晴 宿07:51→08:50欅平09:16発→黒部峡谷鉄道トロッコ列車→宇奈月→
            新黒部→北陸新幹線→金沢→20:00帰宅

尚、今までの記録は、exciteブログの「日和見山歩記」の下記月別一覧から見に行くことが出来ます。
2010/07、
http://jj3bhn.exblog.jp/m2010-07-01/
2011/09、
http://jj3bhn.exblog.jp/m2011-09-01/
2012/07-08、
http://jj3bhn.exblog.jp/m2012-07-01/
http://jj3bhn.exblog.jp/m2012-08-01/
2013/07-08
http://jj3bhn.exblog.jp/m2013-07-01/
2014/07/08
http://jj3bhn.exblog.jp/m2014-07-01/
http://jj3bhn.exblog.jp/m2014-08-01/

コース状況/危険箇所等

1.大雪渓は軽アイゼン以上必携(無しでも行け無いわけではありませんが、疲れる上に危険)。
2.旭岳には明瞭な登山道はありません。
3.視界不良時は、白馬主稜線から先清水平までは、方向確認を確実にして進む必要があります。
4.清水尾根から先は、登山道は明瞭ですが、滑落などに注意。
5.不帰避難小屋を通過する時刻は、遅くとも13時を過ぎないくらいに。祖母谷温泉まで4時間として、急で狭い登山道で暗くなると危険度が増します。沢渡り箇所で思わぬ時間がかかる可能性があります。
6.不帰避難小屋から先は、すべての沢渡り箇所で滑落の危険があります。
c0134193_10310683.jpg
「山小屋祖母谷温泉」は是非一泊したいところ。
こぢんまりしていて家族的、料理は(富山名物の昆布締めなど)山小屋とは思えない内容です。
温泉も川の流れを聞きながらゆったり入る野天風呂と、泉質の違うまったりした内湯があります。

まとめ
1.全行程が快晴で大展望に恵まれ、ミヤマハナシノブは咲いていなかったが、たくさんの花や雷鳥にも出会えた。
c0134193_10275051.jpg
2.初めてブロッケン現象を体験。
c0134193_10284933.jpg
3.山行中に出会った方々と楽しいひとときを過ごせた。
4.偶然、富山の岳人と4度目の同ルートへ。
5.鉄ちゃん旅を満喫(青春18切符3コマ、トロッコ列車、北陸新幹線)
c0134193_10295757.jpg









[PR]

# by jj3bhn | 2015-08-06 10:33 | 山歩き/白馬・立山・富山県方面 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 06日

2015/07/26(日)三久安山@宍粟市(宍粟50山) 快晴 4名

2015/07/26(日)三久安山@宍粟市(宍粟50山) 快晴 4名

写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-685564.html

c0134193_09572302.jpg
登山道の殆どがブナ林の間にあり、森林浴そのものでした。

わあさんとっておきのお薦めルートへ。
標高差は少ないし、ブナ等の自然林は多いし、と文句の付けようがありません。
帰りはよい温泉へ。時間も早かったので、名物の露天風呂にも初めて入りました。

県道521号はすれ違い箇所少ないが、途中までは舗装。
登山道は一部に急斜面があるものの、高低差も少なく、ほとんどがブナなどの自然林の尾根を行く。所々から展望が利く。

天気は良し、風は涼しくて爽快、緑したたるブナ林の中の尾根歩きは素晴らしいの一言でした。

[PR]

# by jj3bhn | 2015-08-06 09:59 | 山歩き/氷ノ山・宍粟・生野兵庫県北部 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 23日

見納め、ササユリ@六甲2015/06/22(月)曇・高湿度 単独

見納め、ササユリ@六甲2015/06/22(月)曇・高湿度 単独
天気予報ではそれほど悪くないと言っていたので、去年見たササユリが咲いている頃だと目星を付けて見に行くことにしました。
写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-664866.html
c0134193_09290168.jpg
急登を上り詰めて顔を上げると、やったぁ、咲いていました。読みはバッチリ、何カ所かに分かれてそれぞれに花が咲いています。
c0134193_09324332.jpg
つぼみもいくつかついていたので、あと何日かは楽しめそうです。湿気が多いけれど、太陽が出ていないので意外に歩きやすい六甲でした。
c0134193_09352527.jpg
有馬に降りてきて稲荷~炭酸源泉の坂道の横に山ホタルブクロの群落がありました。

山行 3時間34分 休憩 16分 合計 3時間50分
JR住吉駅10:11→10:26白鶴美術館→11:14五助ダム→11:21打越峠分岐→
住吉道→
12:11本庄橋跡→12:19土樋割(ドヒワリ)峠→黒岩谷西尾根→
12:54一軒茶屋→13:03六甲山最高峰・おにぎり昼食13:15→13:18一軒茶屋→
魚屋道・有馬稲荷近道→
14:01有馬本温泉 金の湯→神鉄有馬温泉駅発14:54→
湊川駅→徒歩→兵庫駅


[PR]

# by jj3bhn | 2015-06-23 09:37 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 18日

森林植物園→摩耶山。遅出・早駆けでシチダンカ・フタリシズカ等 2015/06/17(水)曇 単独

森林植物園→摩耶山。遅出・早駆けでシチダンカ・フタリシズカ等 2015/06/17(水)曇 単独
c0134193_15074248.jpg
写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-662003.html

いつも下りで使う大師道を登り、時計回りで摩耶山へ。
お目当てはシチダンカとフタリシズカです。
c0134193_15102799.jpg
植物園では予想していなかったウツボグサがたくさん咲いていて、ちょっと感激。摩耶山町のアジサイ園では出会った方からシチダンカの咲いているのを教えてもらったので、二度楽しめました。

今日は出発が遅かったので、初めての試みで急な登り以外は小走り(すぐに息が上がり走るのはまるでダメだったのですが、自転車で走っている内に、ランも出来るかと??!!)して時間を取り戻そうと欲張りました。何とか雷声寺まで着いたので、ちょっと自信がつきました。

山行 5時間23分 22km 休憩 56分 合計 6時間19分
JR元町駅 スタート地点10:16→10:50再度山荘→11:08猩々池11:11→
11:24大龍寺11:30→再度山11:37→11:44再度公園→12:11森林植物園西口→
13:11
森林植物園(長谷池)→
13:24森林植物園 東門→13:35黄連谷→
13:42桜谷出合→14:22掬星台(アジサイ巡り)14:50→摩耶山14:58→
15:24学校林道分岐→15:38学校林道登り口→雷声寺15:54→
16:35阪急三宮駅高架下 ゴール地点G















[PR]

# by jj3bhn | 2015-06-18 15:12 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 14日

三国平→若杉峠へ。新緑のブナ天然林散策2015/06/13晴6名

三国平→若杉峠へ。新緑のブナ天然林散策2015/06/13晴6名
写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-659068.html
ブナ林を見に行こうとお誘いがあり、機会があればと思っていた若杉天然林が目的地だったので、同行させて頂きました。
c0134193_19165727.jpg
明石07:00→09:00峰越峠(みそぎとうげ)下山地へ車回送など09:25→
江浪峠10:14→10:18三国平・休憩10:40→10:44江浪峠→
12:00展望台・昼食12:40→
14:01大茅側駐車場ゴール地点G
c0134193_19271614.jpg
雪の沖の山(おきのせん)に行ったときに、大茅スキー場から林道をたどって着いた東屋が下山地でした。
そのときの印象とは全く反対の、ふかふかの登山道をたどって深緑のブナ林をゆったりと歩いてきました。
わぁさんお薦めの理由もよく分かりました。案内をして頂いたmk&kokoさんご夫妻にも感謝です。
紅葉の頃にまた行ってみたいと思いながら、よい温泉で汗を流し、私以外は御神酒も頂き、帰路につきました。

[PR]

# by jj3bhn | 2015-06-14 19:28 | 山歩き/氷ノ山・宍粟・生野兵庫県北部 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 08日

鳴谷山@白峰村へ。春のお花畑と白山展望台2015/06/07(日)晴後曇 3名

鳴谷山@白峰村へ。春のお花畑と白山展望台2015/06/07(日)晴後曇 3名

写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-655856.html

c0134193_21180371.jpg
6/7鳴谷山、6/8白山の計画を立てましたが、6/8の天気予報が悪化し6/7の鳴谷山計画のみを実行することにしました(天気予報は誤報になり、6/8の実際の天気は晴となった模様です)。

c0134193_21204490.jpg
サンカヨウ
c0134193_21230192.jpg
ミズバショウ・リュウキンカが咲き誇るお花畑
砂御前山登山口10:3213:39鳴谷山14:1316:40砂御前山登山口16:38


明石→一般道→吉川IC~舞若道・北陸道~福井北IC~中部縦貫道・R416・R157~桑島大橋~百合谷(びゃあこだん)林道~P

復路では、大久保ICまですべて自動車専用道を利用
舞若道→中国道→山陽道→阪神高速北神戸線→第二神明道路


往:05:00明石発、10:30駐車スペース着 所要5時間半
復:16:40駐車スペース発、23:10明石着 所要6時間半
  途中白山総湯入浴40分、越前そば@勝山市内30分、


・事前情報(5月の山行記録)で、百合谷(びゃあこだん)林道が落石で通行止めとのこと
⇒最悪の場合、片道で林道歩き5km・約1時間が余分にかかると予想
⇒結果的に既に開通していて、林道歩き不要、ラッキーでした。

天気が下り坂なので、帰りに寄るよりは行きの内にと、越前から加賀に入ってすぐ、白山を最初に見られる西山の展望台へ。残念ながら山頂付近は雲に覆われていましたが、それでも大展望に皆さんから歓声が上がりました。


百合谷(びゃあこだん)林道がどこで通行止めになるかとおそるおそる上がりました。でも大岩の除去が終わっていて、最後の駐車スペースまで来られました、ラッキー!!でも、停める場所はこの車(全部で20台は下らなかったか?)でどこにもありません。ちょっと下がった林道脇に止めました。


ドロドロの登山道を気にしながら、地面に咲いたきれいな花に歓声を上げます。ミズバショウとリュウキンカ、ここからしばらくオンパレードです。

ようやく山頂に到着しました。

白山山頂は雲に覆われていて、本当の絶景ではありませんが、それでもこれだけ見えたら良しとするべしでしょうか。次の機会に期待することにします。

たくさんの人たちが下山するのとすれ違っていたので、山頂は既に誰も残っていませんでした。

貸し切りの山頂でおにぎりやパンを食べた後、急いで下山しました。

下山後は白山総湯でさっぱりして帰ることにしました。


折角来たので美味しいそばを食べたいという要望にこたえて、勝山市内のそば屋に入りました。

店主のお薦めに従って大仏蕎麦を食べました。腰の強い蕎麦に大根おろし、山菜、キノコがたっぷり入っている越前そば(冷やし)です。
お腹も膨らんだので、早々に帰路につきます。
結局往復600kmを越える移動でした。


白山には行けなかったが、(全体ではないものの)久しぶりにその大展望を見ることが出来ました。鳴谷山の花もたくさんの種類を見ることが出来、日帰りの限界近くの山として、また行ってみたい思いながら写真を見返していました。


[PR]

# by jj3bhn | 2015-06-08 21:24 | 山歩き/白山・石川県方面 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 05日

高御位山へササユリを見に。雨直前の高曇りで大展望も。2015/06/05(金)曇2名

高御位山へササユリを見に。雨直前の高曇りで大展望も。2015/06/05(金)曇2名

c0134193_21311012.jpg

写真付きリポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-653251.html

ササユリがもう咲いていて、それも既に終わりの始まりだと教えてもらったので、天気予報は午後から雨というので午前中に帰るつもりで速攻コースでササユリを見てきました。

同行のわぁさんとは、去年は自転車で一緒に来たのですが、今日は雨の天気予報なので早く移動して早く帰る必要がありましたので、車に乗せて頂き成井登山口からササユリを楽しんできました。
やはり車は楽です。
平日にもかかわらずこの時期は人が多く、たくさんの方とすれ違ったり追い越したりをしました。

今年はササユリ祭りもなくなったとかでササユリさんがへそを曲げたのか、それとも少し咲くのが早いのか、この時期としてはたくさんは咲いていませんでしたが、咲いている花はとても色合いが良くて写真を何枚も撮ってしまいました。

c0134193_2132957.jpg

登るほどに展望が開けてくるのはいつものことですが、意外に遠望が利いて遠くまで割にくっきり見えたのにはびっくりするのと同時に、今日は雨の予報で期待していなかったのもあって、ちょっと感動してしまいました。

下山して車に乗った途端にぱらついてきたので、二人でラッキー!と歓声を上げてしまいました。

3枚目の写真、手前左が高取山、右の方に須磨アルプスの横尾山。奥にうっすらと見えているのは右が金剛山、左が大和葛城山です。
[PR]

# by jj3bhn | 2015-06-05 21:32 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 24日

(保存)久しぶりに紅葉谷道→有馬、ベニドウダンと温泉も。2015/05/23(土)曇薄日 単独

久しぶりに紅葉谷道→有馬、ベニドウダンと温泉も。2015/05/23(土)曇薄日 単独
c0134193_16410300.jpg
ようやく咲きました、ベニドウダンツツジ@黒岩谷西尾根
去年同じルートを歩いたときの記録をひもといてみると、
『ほぼ1年ぶりの住吉道→西おたふく山→有馬 #2 2015/01/05 曇ずっと小雪 単独
・・・・2014/8/10の台風11号以来、六甲に・・・・行けなくなっているのでした。』とあります。そのあともこのルートには足を踏み入れていませんでした。

ところが、この5/15に六甲に行ったときに掲示が『仮開通しました』と言う内容に変わっているのに気がつきました。これは行くしかありません、と言うわけで早速行ってきました。
c0134193_16542113.jpg
JR住吉駅08:43→08:59白鶴美術館→09:46五助ダム→09:55打越峠分岐→
10:47本庄橋跡→10:55土樋割(ドヒワリ)峠→11:39一軒茶屋→
11:46
六甲山最高峰・昼食休憩12:10→
12:47極楽茶屋跡→13:03七曲滝分岐附近→
14:00有馬本温泉 金の湯→14:54神鉄有馬温泉駅→元町・三ノ宮トミーズ・大丸

今回の詳細リポートは次の所に載せてあります。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-644262.html

以下に、1月の状態のみを転載します。
c0134193_17403847.jpg
極楽茶屋跡から右の紅葉谷道へは通行止めになっていました。
c0134193_17432265.jpg
下りの左側斜面が崩れていて、登山道には岩がゴロゴロ転がっていましたが、湖の状態は5月現在でも余り変化していませんでした。
c0134193_17454277.jpg
右側斜面も大きく崩れています。
c0134193_17465288.jpg
ブナの案内板があるすぐ下の登山道はえぐれて無くなっていましたが、ここは修復されていて、崩れた痕跡は確認出来ませんでした。
c0134193_17495441.jpg
蜘蛛滝への分岐。ヤブがきれいに刈られていて、ちょっと不思議な感じです。
c0134193_17512854.jpg
七曲に入って少し行くと、迂回路に入るようになっていましたが、5月現在では右下の本来の登山道に戻っていました。
c0134193_17532797.jpg
この崩落箇所も盛り土をして修復されていました。
c0134193_18021484.jpg
七曲滝分岐へは通行止めになっていてこの部分は通りません。
以下、以前の情況です。
滝から元の登山道に戻ってすぐ、またまた迂回路です。
c0134193_18055777.jpg
悪意の切断?!!?? この斜面は、斜度がきついのと、粘土質で、雨の後などはロープがないとずるずるに滑る斜面です。
c0134193_18084469.jpg
立っているところは堰堤の上流側の底、ぬかるんでいるし、両側は絶壁です。ロープをつかまないと上り下りはかなり困難です。ここのロープは切ってありませんでした。
c0134193_18115441.jpg
元の登山道に戻りました。すっぱり崩れていて、迂回路が無ければ途方に暮れるところでした。感謝その2。
c0134193_18143216.jpg
5月現在、新しく設定された迂回路が元の登山道に出るとすぐに白石谷との分岐になります。
白石谷との出会いの土砂堆積場所は何処を通れば良いのか悩んでしまうくらいでしたが、今は一応登山道とおぼしき辺りは通りやすくしてあって、流れにも丸木橋を渡してくれてありました。

[PR]

# by jj3bhn | 2015-05-24 17:09 | 山歩き/六甲山系 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 21日

(保存)クリンソウ・ヤマシャクヤク満開のちくさ高原→駒の尾山へ2015/05/20(水)快晴6名

クリンソウ・ヤマシャクヤク満開のちくさ高原→駒の尾山へ2015/05/20(水)快晴6名
早朝ラジオ体操でお世話になっている百名山女史から、クリンソウとヤマシャクヤクを見に行きましょうと声をかけて頂きました。
今年もクリンソウとヤマシャクヤクを見に行くことが出来てとてもラッキーでした。ただ、ベニドウダンは見ませんでした。
c0134193_21155336.jpg
見事に群生しているクリンソウ@ちくさ高原
c0134193_21222580.jpg
ヤマシャクヤク@駒の尾山登山道
c0134193_21343776.jpg
以下、写真付き詳細リポートはこちらです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-642468.html


[PR]

# by jj3bhn | 2015-05-21 21:38 | 山歩き/氷ノ山・宍粟・生野兵庫県北部 | Trackback | Comments(0)