日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 11日

その2 岩と森を堪能、成就→石鎚山→面河 2009/10-9-10 晴(山頂ガス)

承前

二の鎖と三の鎖はそれぞれ60m以上あるとのこと、今までの二カ所の鎖で腕はかなり疲れているし、ここで落ちても仕方がないので、あっさりと断念して巻き道で登ることにした。この巻き道は以前は知りませんが、しっかりした鉄骨と鉄網で作ってあるものです。斜度はきつく、普通なら登山道には絶対にならない岩の斜面(と言っても垂直に近い岩肌)に無理矢理取り付けられたものです。

15:20頂上山荘着
二の鎖付近から急にガスが湧いてきて、気温は急降下し、4℃。
宿泊手続をして、荷物を部屋において身軽になって天狗岳に行くことにした。

c0134193_2132132.jpg


山荘16:10→天狗岳往復約35分

弥山からはこの岩を鎖を伝って下りてくる。写真の人は戻りの方で、天狗岳への道を教えてもらった。

c0134193_21325033.jpg


もう誰もいなくなった天狗岳山頂。晴れていれば素晴らしい展望なのだろうが・・・・、残念。

c0134193_21333449.jpg


ナイフリッジの岩を避けて、それでもかなり急な斜面を戻る。

c0134193_2134168.jpg


スリル満点の天狗岳から戻ると17時から石鎚神社の夕拝がある。白装束の団体さんを始め殆どの宿泊客が参列し、神主さんのお祓いを受けた。
ここの神社は日本でも只一社だけ、ご神体を直接拝することが出来る、珍しいところだそうで、実際、ロープウェイ乗り場前のご神体を小さくした神様を拝ませていただいた。

c0134193_2135395.jpg


c0134193_21354023.jpg


カレーの夕食後、天候も良くないのでそのまま寝てしまった。

以下、次項に続く
[PR]

by jj3bhn | 2009-10-11 21:29 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/12626936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< その3 岩と森を堪能、成就→石...      その1 岩と森を堪能、成就→石... >>