日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 24日

2009/10/24(土)曇 紅葉・黄葉真っ盛りの武奈ヶ岳@滋賀大津with(会社の仲間)

写真は後ほど日記に貼り付けたいと思います。

黄葉・紅葉と展望の武奈ヶ岳、ここのところ山頂を踏めていなかったが、今回は登頂できた。これでやっと2勝2敗、西南稜を満喫できた。

前回は2/24,大暴風雨の中、1,110m付近で敗退した。

大久保05:33の初発快速・京都乗換で堅田へ。迎えに来てもらった車にちょっとしたトラブルがあったが、その後は順調に坊村へ。臨時バスが出るほどの盛況で、駐車場にもたくさんの車が止まっていた。
すでに到着していたアカデミのご夫婦と無事落ち合い、

09:30 安曇川の橋で写真を撮って、すぐに出発。
明王院裏の急登に取りかかる。皆さんとても早い。
植林の間にも紅葉が見え隠れしている。植林が切れる辺りからはそこかしこにきれいに色づいた木々が見え、きれいッ、と言う声が飛び出している。
私はと言えば、写真を撮るのでみんなからはどんどん遅れる。
太陽が出ていれば、山頂には着けなかったかも知れないくらい、とてもきれいに色づいていた。
      
11:15 御殿山着。何とかコースタイムくらいで到着した。
2月にはここまでで息切れしたくらい急登だったような気がしたが、今回は色づいた木々に気を取られて斜度を余り意識しなかった。

一旦ワサビ峠に激下りする。この斜面も雪が着いていてかなり難儀して下りたはずだが、雪がないとあっという間だった。

山頂に向けて登り返すが、ドウダンツツジが真っ赤ですばらしい。また、回りの木々が低くなってきたので、コヤマノタケの斜面などがよく見えてきて、山全体に広がる黄葉がもう言葉も出ないくらいの素晴らしさ。

2月に敗退した地点(地図の135の旗)を越えて、色づいた展望を楽しみながら、
12:10 山頂着。写真を撮って食事、無線では夜叉が池のJN3DQK,JN3IRCご夫妻とつながる。冠山の矢問さんご夫妻はすでに下山されたとのことだった。

13:00 名残惜しいが、このあとは朽木てんくうの湯に行くので、下山開始。来たときの逆向きの風景を楽しみながらわいわいと下る。

14:53 明王院到着寸前に、テイハイで一緒したことがあるまむさんに追いついた。

温泉後、牧場のミルク一杯ソフトクリームを頂く。
帰りはアカデミ号に乗せていただき、地下鉄北山駅でお別れした。

ご一緒いただいた皆さん、お疲れさま、そしてありがとうございました。
車に乗せていただき、大変助かりました。
[PR]

by jj3bhn | 2009-10-24 22:28 | 山歩き | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/12740016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-10-26 11:28 x
こんど、ご一緒させてくださいねぇ~


<< もう真っ白、富士山      2009/10/21(水) 快... >>