日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 25日

#4 山小屋祖母谷温泉→黒部峡谷鉄道 2010/07/24-25 夕立、25日は晴

無事到着した山小屋でのんびり温泉に入って、そのまま昼寝をしました。
客は3名、2時間以上早く到着した方は毎年このルートを歩いているとのこと、道理で早いはずでした。もう一人は米子から来た観光の方でした。

一緒に下りてきた方は露天風呂横のテント場へ。テント場には他に2張り、どちらも釣りの方でした。祖母谷は硫黄で魚はいないが、祖父谷は岩魚が釣れるそうで、トロッコ列車の運賃を払ってでも来たくなる釣りが出来るとのこと、温泉もあるし、とても良いところだと言っていました。

c0134193_1950271.jpg


祖母谷地獄

小屋から5分の河原に地獄と呼ばれる源泉があります。
実際、川の両岸から湯気が上がっていて、小屋の露天風呂までパイプでお湯を引いています。

c0134193_20501391.jpg


c0134193_20504255.jpg


c0134193_2052874.jpg


c0134193_2053139.jpg


お風呂はゆったり、食事もたっぷり、一日の疲れがとれていくのが分かりました。

c0134193_20541354.jpg


翌25日は、欅平まで約30分、初発の前に猿飛峡を見てこようと少し早めに出発しました。
去年は鐘釣までしか行かなかったので、まだ初めてのコースです。

c0134193_20562271.jpg


人喰い岩をくぐって間もなく欅平です。

c0134193_2171927.jpg


猿飛峡への途中の対岸にあるフクロウの形をした木の根っ子、確かに似ています。

c0134193_2184015.jpg


猿飛峡は下流から見ると狭く見えますが、上流から見ると変哲もない少し狭くなっただけの流れ、商魂逞しいというか、この山の中ですから、ご愛敬と見ておくのが正解でしょうか。

c0134193_21945100.jpg


c0134193_21101162.jpg


欅平を出たのが09:16,宇奈月・宇奈月温泉駅から新魚津・魚津経由、富山からのサンダーバードで帰宅は18:00をまわりました。こんなに遠い黒部渓谷、日本の秘境というのは当たっています。

素晴らしい展望・お花畑、久々に大満足の山行きでした。
[PR]

by jj3bhn | 2010-07-25 23:42 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/14882839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 毎年恒例、京都市市街地縦断と水...      #3 白馬岳→清水岳・尾根→祖... >>