日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 04日

芦屋地獄谷で涼んだけれど・・・ 2012/08/04(土) 快晴・涼・強風 5名

芦屋地獄谷で涼んだけれど・・・六甲越え→有馬温泉 2012/08/04(土) 快晴・涼・強風 5名

c0134193_19202554.jpg


6月から単身赴任で大阪に転勤してこられた塚ちゃん#2の六甲デビューです。
雪山や沢のプロにとっては、このルートは入門コース以前でしょう、とにかく靴はズック靴、以前北アルプスのスバリ岳でビーチサンダルの登山者を見たとき以来のビックリです。

c0134193_7545660.jpg

JR芦屋駅に3人が集合し、阪急芦屋川に来ているはずの二人を合わせ、この快晴の中を出発です。
芦屋川駅前には他のグループもたくさん集合中でした。

c0134193_7583279.jpg

緊急車両転回場所に何台も停めてあってマナーが悪いなぁと思っていたら、こんなキャンペーンが展開されていました。ご苦労様です。お世話にならないようにしなくっちゃ、とと気を引き締めました。

c0134193_812198.jpg

藤木九造さんのレリーフは上手く写っていませんが、高座の滝で定番の記念写真です。
この先で地獄谷に入ります。

c0134193_831934.jpg

濡れないように行くのなら右側にルートがあるのですが、流れの方を行けないか探っている塚ちゃん#2、
この後から来た3人グループは水遊びスタイルで流れの方をぐんぐん登っていきました。

c0134193_8311313.jpg

ルートを丁寧に指示しています。
暑いけれどスリルがあって暑さを忘れるし、水の音が涼やか、水に触ると冷たい、やっぱり夏はここに限ります。

c0134193_8341527.jpg

でもここで水遊びはお終いです。今日は小便滝に水が流れていました。

c0134193_8353022.jpg

A懸垂岩を登り始めましたが、やっぱり断念、次はきっと登るのではないでしょうか。

c0134193_8374762.jpg

万物相で。撮ってくれたのは途中から一緒になったさわやかな若者、結局最高峰まで付き合ってくれました。

c0134193_8391532.jpg

大阪湾もとてもきれいでした。

c0134193_8401499.jpg

次はあっちも登ってみましょう、あらっちゃま(あらちやま・荒地山)@風吹き岩

c0134193_841797.jpg

横池にはヒツジグサが咲いていて、つかの間の休憩です。

c0134193_15114339.jpg

さて、今日のルー廿里はちょっとハードになりました。
元々地獄谷で体力を使った上に、この暑さ、身体中の水分が抜けるかと思うくらいです。
そして、本庄橋跡からは七曲の普通ルートではなく、展望が良いので黒岩谷西尾根にとりました。
適度に木の下を歩くので直射日光は殆どありません。
なのに、「がんばってまつ」のある岩場でわざわざ大峰の修験社よろしく太陽に吠えている方が若干一名。
良い景色が広がっていたそうです。

c0134193_15175887.jpg

ヒイコラ言いながら一軒茶屋。件の好青年に撮っていただきました。

c0134193_15184258.jpg

一軒茶屋から最高峰への道にある木陰で食事としました。その後、元気のある人だけで最高峰に。

c0134193_15204157.jpg

強風で標柱が倒れそうなので、しっかり抱き留めている図、とでもしておきましょうか。

c0134193_15215412.jpg

手前の広場では今晩からのフィールドデーコンテストの準備をしている方がいらっしゃいました。

c0134193_15221976.jpg

最高峰とろっこうさんちょう(六甲山頂・六甲山町)のお話しをして、高山植物園に向かう若者と別れました。

c0134193_15245358.jpg

c0134193_15243361.jpg

ととや道(別項で話題提供したいと思いますが、いつから「ととや道」になったのでしょうね、昭和30年代の山地図には「さかな屋道」と書いてあります)を有馬へ下り、有馬稲荷から銀の湯へ。

c0134193_15263014.jpg

今日は銀の湯にしました。次回は金の湯の予定ですが、9月から2ヶ月ほど改装のためにそれぞれ1ヶ月ずつ休業するそうです。

c0134193_15291291.jpg

バスで帰る人たちと別れ、私は電車でのんびり帰ることにしました。
温泉寺の前にあるモミジは既に色づいています。
やはり今年の秋は早いのでしょうか。

by jj3bhn | 2012-08-04 20:17 | 山歩き | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/18305731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 独身埼玉男児 at 2012-08-06 15:31 x
 先日は、祖母谷温泉でご一緒させていただきありがとうございました。
 本日は、急きょ休暇で出かけようと思っていたのですが、天候が悪く
 家で待機していたところ見つけちゃいました。
 出発前にいただいたカステラ&どら焼き非常に助かりました。
 阿曽原から仙人池ヒュッテに行く上り坂で、カステラのおいしさで
 なんとかのぼりきることができました。
 仙人池ヒュッテからみた剣岳はとても雄大で素晴らしかったです。
 また機会がございましたら、いろいろとお話しさせてください。
Commented by jj3bhn at 2012-08-06 21:02
独身埼玉男児さん、コメント来訪、有り難うございます。
無事に帰宅されたようでホッとしました。
とても過激な山歩きなので、私のような老人から見ると心配で・・・・。

これからも楽しい山を見つけてくださいね。
たまにはこちらものぞいてみてください。
来月、剱岳の計画がでてきました。そわそわしながら計画を立てています。

では、こちらこそまたどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by やながわ at 2012-08-06 21:38 x
先日六甲でご一緒させていただいた「やながわ」です。
ど素人の私を嫌な顔せず、連れて上がってくださり、ありがとうございました。すごく楽しかったです。
今後も時間を見つけて六甲通いします。
でも、帰ってネットで荒島岳調べてみました。
ささやかな目標ですが、地元帰ったら荒島岳もトライします。
また、機会がありましたら、いろいろ教えてください。
PS. 好青年って、、、恥ずかしいです…
Commented by jj3bhn at 2012-08-07 21:05
柳川さん、コメント来訪、有り難うございます。
楽しんで頂けて、また六甲のファンが増えて大変嬉しいです。
最近は定番ルートを回ることが多くなりましたが、いろいろと面白いところがあります。
秋の紅葉、冬の氷瀑、花の春、夏の水辺、四季折々に楽しめますので、是非何度もお出かけ下さい。

最近は余り使っていないのですが、「日和見掲示板」に出かける情報を載せたいと思いますので、時間が合えばお越し下さい。
Commented by jj3bhn at 2012-08-07 21:06
やながわさん、大事なことを書き忘れました、一緒に行っていた皆さんからもとても気持ちの良い方だったね、と大好評でしたよ。


<< 2012夏山#5-1 白馬・旭...      2012/夏山#4 山小屋祖母... >>