日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 06日

2012夏山#5-1 白馬・旭[・清水(しょうず)]の花 2012/07/27-29

2012夏山#5-1 白馬・旭[・清水(しょうず)]の花 2012/07/27-29
白馬大雪渓~旭岳の花 

c0134193_2031546.jpg

清水尾根のだいぶ下の方まで来るとようやくハクサンコザクラが咲いていました。もっとびしっと絨毯のように咲いていると良かったのですが、何とか剱岳も顔を少し出してくれたので良しとしましょう。

c0134193_20352046.jpg

大雪渓までの沢に咲く花、今年はサンカヨウ、キヌガサソウなどは既に終わっていて、ちょっと寂しい登山道でした。
先ずは、モミジカラマツ。

c0134193_2038855.jpg

ホンの少し咲いていたキヌガサソウ。

大雪渓で涼んだ後、ネブカッピラのお花畑に。
ところがこちらは逆にまだ咲いていないではありませんか、ハクサンチドリ、クルマユリ、ハクサンフウロ、キンポウゲ・・・・、思いつく花の名前の花が何も咲いていないと言っていいくらいです。
ちょっと唖然、でも気を取り直して小雪渓を終えて更に行くと・・・・、咲いていました、何とかお花畑には会えたようです。



c0134193_20442545.jpg

パトロールの方が駐在して花の説明をしてくれます。毎年のことですが、有り難いことです。

c0134193_20455717.jpg

イブキジャコウソウ。

c0134193_20464888.jpg

シロウマオウギ。

c0134193_20472811.jpg

シロウマアサツキ。

c0134193_2049163.jpg

ハクサンフウロ。

c0134193_20495444.jpg

ミヤマクワガタ。

c0134193_219239.jpg

ミヤマオダマキ

c0134193_21103862.jpg



c0134193_21111728.jpg

ハクサンイチゲ

c0134193_21131534.jpg

一面のシナノキンバイ、見事でした。
この先の急な登山道脇もいろんな花が咲いているはずでしたが、今年は全然と言っていいくらい咲いていず、暑いだけの急登で随分堪えました。
やはり花が咲いていてくれてこそ、気持ちと身体が励まされて歩けるのだなぁ、と改めて思いました。

c0134193_21152023.jpg

さて、頂上宿舎での食事も終わり、気を取り直して出かけます。
宿舎裏のお花畑ではイワヒバリのつがいが忙しそうに歩き回っていました。

c0134193_21201487.jpg

ウルップソウ

c0134193_2121713.jpg

チングルマ、これも終わりかけが多く、ちょっとビックリでした。花輪君と言われたその姿は後ほど。

c0134193_2123254.jpg

頂上宿舎から稜線に出る斜面はとても立派なお花畑になっていました。

c0134193_21244684.jpg

濃いピンクまたは紫色のかわいいハクサンコザクラ。
白馬岳に向かう稜線から旭岳・清水岳に向かう斜面にはいると、花の種類が変わるような気がします。
今年はコバイケイソウが全く咲いていませんでした。

c0134193_21281030.jpg

残雪のゼブラ模様とお花畑、定番の景色ですが、やはり何枚も撮ってしまいます。

c0134193_21293621.jpg

旭岳の斜面をトラバースしている登山道から崩落した砂礫地をよく見ると、クロユリとヤハズハハコ。

c0134193_21305011.jpg

旭岳に向かって登り始めます。ハイマツの実

c0134193_21314036.jpg

ここの斜面にもたくさんのお花畑が見えます。ハクサンイチゲの群落

c0134193_21322542.jpg

山頂近くの砂礫地に着くと、こんな感じでミヤマアズマギクとウルップソウ(だいぶ終わりかけですが)の大群落があります。

c0134193_21361131.jpg

c0134193_21365821.jpg


c0134193_21373754.jpg

ミヤマキンバイ?

c0134193_21382268.jpg

ミヤマダイコンソウ

c0134193_21421410.jpg

チシマギキョウ

c0134193_21432569.jpg

タカネツメクサ

c0134193_21452692.jpg

アオノツガザクラ

長くなってきましたので、旭岳周辺の花までで取りあえず閉じます。
続きは次の項で。
[PR]

by jj3bhn | 2012-08-06 20:51 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/18313153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2012夏山#5-2 [白馬・...      芦屋地獄谷で涼んだけれど・・・... >>