日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 21日

2013/04/20(土) 盛りは過ぎてもすごい住吉道右岸のオオザクラ 快晴・単独

2013/04/20(土) 盛りは過ぎてもすごい住吉道右岸のオオザクラ 快晴・単独

天気が崩れるというので、大久保発05:49の2番の電車で六甲へ。
住吉駅06:30→住吉道・黒岩谷西尾根→10:25六甲最高峰11:00→西おたふく山→住吉道→13:35住吉駅

バス道からそれて住吉川沿いに入っても花はすでに散ってしまって、真っ青な空が見えるだけです。
最初の登山道から林道に出ても、コバノミツバツツジはすでに散った後で、今日は期待するのが無理かなぁ、と思っていましたが、住吉霊園の下に山桜が満開、とたんに気分良くなってきて、足が軽くなります。

五助堰堤の桜はすでに散ってしまっていましたが、すぐ上の八重桜は満開でした。
五助の水場で少し水を頂き、右岸に渡る大岩の手前まで来ると、流れに近い方の桜が満開で、明かりをともしたように輝いていました。

c0134193_658561.jpg

大岩で右岸に渡りオオザクラの見えるところまで来ると、周辺の桜は大部分は散っていましたが、オオザクラともう一本が咲いていました。見事です。28ミリのレンズでしたが、かなり離れないと全体が撮れませんでした。今年もこの桜を見られたのでとても幸せ、今日の核心はここまで、あとは昼食のうどんだけ、と思ってまた歩き始めたのですが、その後もサクラがすごい、こんなところにもあったのかと思うくらいに次から次から満開状態でした。

c0134193_7122047.jpg

写真を撮るのにもどう撮って良いか分からないくらい、つくづく見る目がないとあきれてしまいました。
快晴の青空が良いバックになってくれたので、余計に花が引き立ったようでした。

c0134193_7182683.jpg

展望の良い尾根から振り返ると、あべのハルカス、金剛山がもやに浮かんでいて、そのうしろに大峰の山々もかすかに見えました。この時期としては上出来の展望でした。

c0134193_721751.jpg

最高峰でうどんの昼食後、西おたふく山→住吉道に行くことにしました。
もう一度オオザクラを見ておきたかったからです。
住吉川のよどみに散り落ちた花びらがきれいでした。
[PR]

by jj3bhn | 2013-04-21 07:22 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/19873742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2013/04/21(日) 小...      武奈ヶ岳以降のダイジェスト そ... >>