日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 06日

20140205(水)#7 たっぷり雪の蛇谷が峰には不達 雪 好日登山学校3+19名

20140205(水)#7 たっぷり雪の蛇谷が峰には不達 雪 好日登山学校3+19名
まだ行ったことがない蛇谷が峰、スノーシューで行くツアーに参加しました。
尤も、私はスノーシューではなく、「スーパーかんじき」という商品名のものを使っていきましたが。
c0134193_11162519.jpg
高島市の朽木いきものふれあいの里センターからスタートします。
昨晩から45cmの新たな積雪で、深いところでは膝上まで沈みます。
湿雪ではなくふかふかの新雪で、皆さんのテンションも上がります。
c0134193_18412808.jpg
スーパーかんじき。軽くてコンパクト、難点は外れやすい、凍った斜面では滑ることでしょうか。この日の雪と斜面なら全く問題はありませんでした。
c0134193_18314747.jpg
加古川駅07:20→中国・名神・湖西道路→滋賀途中→10:50朽木村いきものふれあいの里センター11:15→13:20折り返し地点(標高768m)→14:30いきものふれあいの里センター→18:20加古川駅
c0134193_18441882.jpg
湖西道路に入ってから周りは真っ白で道路も雪道でしたが、滋賀途中からトンネルを抜けると、本当に「雪国」でした。バスはゆっくりしか進めません。この時点で山頂登頂は無いと諦めました。
c0134193_18480804.jpg
c0134193_18474900.jpg
道の駅くつき新本陣にようやく到着、それまで降りしきっていた雪もほとんど降っていなくて、蛇谷が峰も見える位に展望が開けました。でも、この日はそんなに生やさしい天気では無く、この後も吹雪いたり止んだりたまに日の光が射したりとめまぐるしく変わる典型的な冬の状態のオンパレードでした。
c0134193_18520676.jpg
先ずは皆さんスノーシューの取り付け講習から始まりました。
私の方は適当に周辺探索、股下まで潜る深いところを探して遊んでいました。
c0134193_18543859.jpg
桂谷コースを行く予定でしたが、去年の二回の台風で登山道が崩落したので、尾根コースを行きます。林道から尾根に出るための階段道を皆さんわいわい言いながらと進みます。
12時頃、少しなだらかな広い場所で立ったまま昼食です。あとで聞くと、弁当箱を広げられなくて食べなかった方もかなりあったようです。
c0134193_19055765.jpg
強風雪で真っ白、身体もじんじん冷えてきます。気温は-4度でした。
c0134193_19064266.jpg
標高768m地点、踏み跡の無い中をラッセルしながらでは山頂まであと1時間位、戻り時間を考えるとこれ以上は無理と言うことで、風上側に風を遮る盛り上がりがあるところで少しホッとしながら雪庇の説明などを聞いて本日の最高地点とすることになりました。
c0134193_19062810.jpg
c0134193_19064266.jpg
c0134193_19065933.jpg
c0134193_19103100.jpg
木々の間から谷向こうの山の斜面が小止みになった雪の中から素晴らしい風景を見せてくれました。
c0134193_19110277.jpg
林道に出るまでの斜面は、登りでは苦労しましたが、下りはもう床を通っても良いわけですから、皆さん童心に帰って大はしゃぎであっという間に下山です。
そして、林道に出ると本の一瞬ですが何と太陽まで出てきて、雪景色が輝きました。

天空の温泉に入って帰りたかったのですが、時間も時間ですし、皆さんも不同意で残念ながら温泉はなしで、そのまま帰路につきました。
                              完
追加・・・・温泉に入らなくて正解でした。山中で寒かったせいか鼻風邪を引いたようです。湯冷めしていればもっとヒドいことになっていたかも知れません。

[PR]

by jj3bhn | 2014-02-06 19:26 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/21619560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 20140208(土)改めて見...      2014/02/01(土)#6... >>