日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 02日

北岳山頂からの展望 [紅葉も展望も満載の北岳に] (その4)2014/09/25~9/28 快晴 2名

北岳山頂からの展望 [紅葉も展望も満載の北岳に] (その4)2014/09/25~9/28 快晴 2名
c0134193_14280737.jpg
鋸岳に突進するサイ岩(勝手に名前をつけました)@北岳山頂
その4では、日本第二の高峰である北岳からの展望です。

以下、ルート図と行程を再掲しておきます。
c0134193_16004126.jpg
赤線が26日の登山ルートですが、途中の突起のようになっている部分はGPSの不調によるものだと思われます。実際のルートは大樺沢に沿ってほぼ直線的に進んでいます。
黄線が北岳山頂を経由して下山するルートです。こちらはほぼ実際のルート通りです。
c0134193_16035808.jpg
高低差が分かるものです。スタート地点の広河原は1,530m,最高地点は北岳山頂の3,193mです。

9/25(木)[木曽福島付近と信濃境付近で雨、甲府は快晴]
 特急しなの[大阪駅8:57発]→スーパーあずさ乗り継ぎで甲府[14:08着]へ。市内見物後(泊)

9/26(金)[芦安→広河原手前標高1400mくらいまで霧雨、後快晴、14時頃からガス]
 宿04:50→5:32芦安P5:40→乗合タクシー→6:24広河原6:35→白根御池分岐7:00→大樺沢経由→8:50二俣9:00→
 第一はしご11:00→八本歯コル11:48→北岳山頂直登路分岐12:54→14:03北岳山荘
(予定の間ノ岳往復は次回に。夕食に少し間に合わないのと、ガスが出て展望がないため)

9/27(土)[快晴、夜火山灰の(少ない)降灰と臭気を感じました]
 北岳山荘6:18→7:36北岳山頂南峰8:26→北岳北峰8:33→両俣分岐8:49→9:05北岳肩の小屋9:13→
9:37小太郎尾根分岐9:42→草すべり→二俣分岐9:53→10:54白根御池小屋11:04→大樺沢分岐12:17→
吊り橋12:32→広河原12:45→芦安13:45→金山沢温泉→食料品買い出し@韮崎市内→
16:00甘利山グリーンロッジ[標高1,700m](泊)
       
9/28(日)[快晴]
 甘利山グリーンロッジ8:00→韮崎駅9:06→各駅停車の旅
       (乗換駅塩尻・中津川・名古屋・米原・西明石)→18:07大久保→自宅
c0134193_14414694.jpg
山梨百名山の標柱スタイルが、三つの丸い山名板から単純な丸太に変わったようです。
後方は仙丈ヶ岳、右奥に鋸岳。
c0134193_14490293.jpg
正面の鋸岳の右に甲斐駒ヶ岳。白い花崗岩の斜面ときれいな正三角形が印象的です。
c0134193_14525946.jpg
甲斐駒ヶ岳をズームアップ、手前のピークは山梨100名山の小太郎山、奧には蓼科山も見えています。
c0134193_14564842.jpg
去年行った鳳凰三山(左から地蔵が岳、観音岳、薬師岳)、とても懐かしく感じました。奧には瑞牆山・金峰山などの奥秩父の山々。
c0134193_14571695.jpg
地蔵が岳のオベリスクをズームアップ。
c0134193_15065913.jpg
雲海が晴れてきて、大きな櫛形山が姿を現してきました。そしてその向こうに定番の富士山。
c0134193_15105822.jpg
c0134193_15121230.jpg
雲海に浮かぶ島のような八ヶ岳。横岳の左に浅間山もちょこんと頭を見せています。
c0134193_15164613.jpg
c0134193_15171361.jpg
三角点は三等、山の正式名称は「白根岳」。山の名前は北岳ではなかった、「しらねぇだけ」だった。これで「きただけ」の「かい」(甲斐市・甲斐}はありました。
c0134193_15225650.jpg
御嶽山山頂部
c0134193_15240673.jpg
これから向かう白根御池・小屋の屋根もこんなにきれいに見えています。
c0134193_15252683.jpg
更にその下に、野呂川に架かっている吊り橋・広河原バス乗り場も確認できました。
c0134193_15281366.jpg
さて、写真を撮ったり、無線をしたりしている内に、山頂には1時間ほどいた勘定になりました。今晩の宿である「甘利山グリーンロッジ」では夕食は自炊、お風呂にも入って身体を清めて行きたいと、何時までも居たい気持ちを抑えて南峰を出発しました。
南峰からすぐの所にある北岳北峰に立ち寄りました。そこからは画像のように、南峰と富士山が同時に見えます。

山頂からの景色はここまでにして、次項では紅葉真っ盛りの草すべりを。
[PR]

by jj3bhn | 2014-10-02 15:50 | 山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/22702106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 北岳→紅葉真っ盛りの草すべり、...      改題:展望の北岳山頂へ (その... >>