日和見山歩記

jj3bhn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 13日

白馬大雪渓→旭岳・清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩きと尾根下り 2015/07/31-08/03 快晴 2名

白馬大雪渓→旭岳・清水岳・清水尾根→祖母谷温泉:花と展望の稜線歩きと尾根下り
2015/07/31-08/03 快晴 2名 6年連続6回目。
ルート図などはこちらに載せています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-691107.html
清水尾根下りで、ハクサンコザクラの向こうに雪渓の谷筋もくっきりと、すくっと立ち上がる剱岳。
c0134193_10163162.jpg
雪解けが遅かったのか、ハクサンコザクラの数が少ないのが気になりますが、何とか咲いていたので、またこの景色に出会えました。
c0134193_21155013.jpg
ミヤマアケボノソウ。毎年同じ時期に来ていましたが、今年は台風の影響でいつもより1週間遅いこのルート、6年目にして始めてみました。この後も少し違った花がありました。
c0134193_21330945.jpg
周辺のお花畑には、春から秋の花が満載でした。
c0134193_09485696.jpg
旭岳山頂付近のお花畑。今年はミヤマアズマギクが少なく、ウルップソウは終わってしまっているのかもしくは裏年だった可能性がありました。
昼頃に白馬岳頂上宿舎に入り、昼食後天候も大丈夫なようなので、予定通り旭岳→白馬岳を回ることにしました。
また、旭岳への最初の雪田から岩くずを越えた先の登山道脇に咲いていたクロユリを見つけることが出来ませんでした。その附近の様子から、大雨か雪崩に土壌が流されてしまっている感じでした。
c0134193_21441944.jpg
この景色を眺めながら、ここにずっと居たくなります。
c0134193_21514152.jpg
黄色一色も良いですねぇ。登山道のすぐ近くまで雪渓が残っていると思いましたが、今年はやはり雪面の後退が早いです。
c0134193_21552033.jpg
チングルマの花で真っ白になっていたはずの斜面は、既に(花輪君状態の)花穂ばかりになっていました。
c0134193_21574329.jpg
いつもに比べてイブキトラノオがとても多いように感じました。剱岳と毛勝三山の間からの白山はけぶっていて確認できませんでした。
c0134193_2043529.jpg
このルートで一番素晴らしい、コマクサの群落している斜面。
c0134193_22070469.jpg
これも6年目で始めて見たタカネマツムシソウ。
c0134193_22135623.jpg
盛りを過ぎたミヤマハナシノブ。去年・一昨年は雨と風の中だったので、今年こそは晴天で見たかったのですが・・・・。これでまた宿題が残ってしまいました。
c0134193_22170652.jpg
清水尾根をかなり下ってきました。この辺りのチングルマはまだ花穂になっていませんでした。この景色とお花畑が2時間くらい続きます。これを見ながら随所で写真を撮りながらの楽しい時間が過ぎていきます。

次は何時になるのでしょうか、こんなに良い天気の時にまた来てみたいものです。 本項完

[PR]

by jj3bhn | 2015-08-13 22:23 | 山歩き/白馬・立山・富山県方面 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jj3bhn.exblog.jp/tb/24549520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 紅葉の白山日帰り 2015/1...      大せっけいは大ぜっけい:白馬岳... >>